面接のコツをつかんで希望の会社に就職する5つのポイント

面接のコツをつかんで希望の会社に就職する5つのポイント
転職活動はいくつになっても、いつ行ってもドキドキするものですよね。しかし、面接のコツをつかめば恐れることはありません。

圧迫面接などの話を聞くと躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、様々な状況においても、実はやること自体は大差はないのです。

状況に惑わされず、面接を成功させるコツさえおさえておけば後は臨機応変にアレンジするだけで十分なのですよ。もっとも、就職には縁があります。不採用になってもそこは「縁がなかった」と割り切るだけの図太さも必要です。

しかしコツを知っていると知らないとでは面接の手ごたえに大きな差が出ることは確かです。そこで今回は、面接のコツをつかんで、あなたが希望する会社に就職するために心がけたいポイントについてお伝えします。

 

面接のコツをつかんで
希望の会社に就職する5つのポイント

 

どんなときもビジネスマナーを忘れずに

面接官との話も弾み、手ごたえがあったと思ったのに結果は不採用、そんな経験がある人は「油断しすぎた」のかもしれません。面接のコツは「あくまでビジネスの場であることを忘れない」こと。

当たり前と思うかもしれませんが、面接の場ではつい気負いすぎたり、逆に甘く見過ぎたりして「公の場にふさわしい会話」を忘れてしまいがちなのです。

とくに緊張感が解けてきてリラックスした空気ができてきたときこそ、気を引き締めるのが面接で成功するコツでもあります。

面接官は、正直に自分を語ってもらいたいと思う反面、社会人としてその場にふさわしい会話ができるかやビジネスマナーがきちんとしているかどうかを見ています。雰囲気に乗せられて愚痴ったり自意識過剰になったりしないよう心がけるようにしましょう。

 

面接前の準備はしっかりと

面接で成功するコツは「自身の軸を持つこと」です。あなたはなぜ転職したいのか、何を目指すのかを明確にしておきましょう。

模範解答を丸暗記しただけでは突っ込まれたときに返答に詰まりますし、受ける会社の情報の収集不足はもっての外。「それは弊社のホームページにも載っていますが」と言われたら言葉に窮してしまいますよね。

自身に明確な目的があれば、具体的なエピソードを聞かれてもすんなりと過去の経験をもとに答えることができるはずです。

自己PRにしても志望動機にしても、あなた自身が何をもって転職に臨もうと思ったのかを自身ではっきり把握しておくことが面接を有利にするコツです。

 

転職理由と志望動機に一貫性を持たせる

面接を成功させるコツ、というよりもしっかり押さえておきたい基本になりますが、「志望動機と転職理由が合致しない」のは容易に面接官に見抜かれますから気を付けましょう。

また、面接を進める中で「さっきと言っていることが違うな」と矛盾が生じてしまうと、せっかく立派にアピールしても「表面的」「その場しのぎ」ととられてしまいマイナスポイントになってしまいます。

面接を成功させるコツは「軸を持つこと」ですが、あなたの話の信憑性を疑われないように、下手に取り繕おうとしないことが重要になってきます。

転職理由が甘いと知らず知らずのうちに言っていることがぶれてしまいがち。単なる不満や勢いで転職を希望している場合に陥りがちですから気を付けましょう。

 

条件を出すだけの裏付けを見せる

面接での条件交渉自体に問題はありませんし、伝えるべき点については伝えなくてはなりません。しかし面接を成功させるコツは「その条件交渉にきちんとした裏付けがあること」です。

例えば給料アップを求めるならば「どうしてその金額が妥当だと言えるのか」を客観的かつ冷静に伝える必要があります。「頑張りますからこれだけください!」では相手側だって困ってしまいますよね。

また、会社との相性は入ってみないとわかりません。面接を成功させるコツとして「出来ることなら一度は現場を見学させてもらう」というのもあげられます。

一度体験入社なり見学なりさせてもらえれば、実際の面接の場に臨むときにも「以前見学させていただいた時に」と切り出せるので話に具体性を持たせることができますよ。

 

最後にモノを言うのは熱意!

面接のコツとして大前提になるのが「その会社に入りたい」という「熱意」です。そのためにも面接官との会話のキャッチボールができなければ意味がありません。

いくら熱意があっても一方的に語りすぎて会話が成り立たなかったり、逆に促されても何も言えなかったりするようでは面接そのものが進みません。

面接を成功させるコツとして相手の話をよく聞くことと、「これだけは伝えるべき」という点についてだけはせめてまとめるようにしておきましょう。

1人で考えてしまって不安になるなら、誰かに一度聞いてもらうという手もありますね。友人知人に頼るもよし、転職エージェントのアドバイスを受けるもよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。面接を乗り切るコツは緊張感に支配されないこと、といっても実際はなかなか難しいですよね。しかし面接のコツを知っていれば、全く何も知らないよりはリラックスすることができるでしょう。

肝心なのはあなたがなぜ転職したいのか、どうしてその会社に行きたいのかを自分の中で明確にしておくことです。「今の会社がとにかく不満」では選ぶ目も曇ります。

現在の職場に不満だらけなまま、勢いだけで転職しようとすればまず失敗します。なぜなら一瞬その場から逃げられても結局同じような職場を引き寄せてしまうからです。

不満があるにしても何が不満でどうしたいのかを冷静かつ客観的に判断するようにしてから転職活動を行うようにしましょう。

まとめ

面接を成功させる5つのコツ

・ どんなときもビジネスマナーを忘れずに
・ 面接前の準備はしっかりと
・ 転職理由と志望動機に一貫性を持たせる
・ 条件を出すだけの裏付けを見せる
・ 最後にモノを言うのは熱意!


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会