別れ話を電話ですると関係がこじれてしまう5つの理由

別れ話を電話ですると関係がこじれてしまう5つの理由
会いたくなかったり、切り出すのに勇気が要ったりで、別れ話を会わずに電話で済ませたい、と思うのはよくあることですよね。

面と向かって話すにはかなり重い内容ですし、いざとなったら強制終了もできてしまうのが電話の良いところ。できればもう会いたくない、関係の修復も望まない、というときは電話で別れだけを告げて終わりにしてしまおうと思ってしまいがちなものです。

でも、実際には別れ話を電話だけで済ませようとすると、面倒な事態を招いて余計にやっかいなことを抱え込むことが多いのです。

それはどうしてなのでしょうか。そこで今回は、別れ話を電話でしてしまうことで起こる二人の間の感情の行き違い、そしてどの点に注意すれば円満に別れられるのかをお伝えします。ではご覧ください。

 

別れ話を電話ですると
関係がこじれてしまう5つの理由

 

電話だけでは心の準備ができない

「別れよう」という言葉は、とても重いものです。言い出すほうにも心の準備が必要ですが、言われるほうもそれは同じ。それなのに、電話で一方的に別れを告げられてそれっきり、という状況になったら…言われたほうの気持ちはどうでしょうか。

もし直接会うのであれば、会う約束をつける段階からいつもと違う雰囲気を感じ取ったり、相手の様子を見て別れを悟ったりと、言葉以外の要素で別れが近いことを感じられ、心の準備の時間を作れます。

しかし、別れ話を電話で切り出されたら相手の顔を見ることもできないですし、何か別のことをしている最中に突然降って湧いたように「別れよう」と告げられて、混乱してしまいますよね。

そして、後から冷静になったときに「あの電話のとき、ああ言えばよかった」などと思い返して、それが恨みの感情に変わってしまうこともあるのです。相手に恨みを持たせないためには、相手にも準備期間を作ってあげることが大事なのです。

 

あなたからの誠意が伝わらない

きちんと会って話をすることには、誠意を表すという意味も含まれています。郵送で書類を送りあうだけでも問題ない契約でも、直接会ってその場でサインをすることにはそういう意味合いも多分に含まれているのです。

別れ話を電話でするかどうか、という問題にも同じことが言え、ちゃんと会って別れを告げ、それを最後にしよう、という行為にはきちんと負うべきものを負おうとする印象を持ちやすいもの。

「あなたのことをないがしろにしているわけではない」という印象を相手に持たせることができ、別れを告げられる側の自尊心を傷つけずに済みます。結果的に、相手の感情を逆撫ですることなく円満な別れに繋がるのです。

 

「これが最後」という印象を与えられない

特に相手が別れることに納得していない場合、別れ話を電話だけで終わらせようとするととてもこじれてしまいます。告げたほうは「これで終わった」と思っていても、相手にはただ電話で話しただけで「これが最後」という印象がないのですから、当然といえば当然かもしれません。

その点、会って話すことにはそれ自体に説得力があります。別れ話を電話でした場合と比べて、目から入ってくる情報がとても多いので、記憶にも強烈に残ります。

そこで今までの思い出や、付き合ってきて楽しかったこと、そしてなにより感謝の気持ちなどを直接話せば、相手の記憶にも「お別れのシーン」という印象を強く残すことができます。

これを最後にきれいに別れれば、相手の中には「美しい別れの場面」という思い出として残り、こじれることもないでしょう。

 

表情や言葉のニュアンスが伝わらないのも問題に

別れ話を電話でするというのは、場合によっては「アリ」なこともあります。たとえば遠距離で会いに行くのが困難だったり、冷めきっていて、一刻も早く別れたいとお互いが思い合っていると分かっている場合などがそれに当てはまります。

あくまでその場で思ったことを即自分の口から相手に伝えられるツールなので「場合によっては別れ話を電話でするのはOK」であるこということで、直接会わなくてもいい、ということではありません。

メールやラインといったほかのツールの場合、会話のようにやり取りするのが少し難しい面があり、わだかまりが残りやすいので避けるべきです。

これらは声の抑揚が全く伝わらないですし、文字は相手の取りようによって、こちらの意図していたような意味で伝わらないことも多いもの。わざわざ誤解を招いて関係がこじれてしまうような行為は避けましょう。

 

会わなければあなたの気持ちが分かってもらえない

別れ話を電話ではなく直接会ってすることの最大の利点は、相手に自分の様子を知ってもらいやすいことです。別れを切り出すのには勇気も思い切りも必要ですし、あなたも少なからず動揺しているでしょう。

でも、そんなあなたの姿をすべてさらけ出せば「辛い思いをしているのは同じ」だと思ってもらいやすくなるのです。別れ話というのは、振るほうに優越感があるように思ってしまいがちです。

でも正直なあなたの姿を見て、相手は「考え抜いた末の決断なんだな」と思ってくれることでしょう。そのためにはもちろん、おかしな上から目線や相手を傷つけるような言動はしてはいけません。

 

いかがでしょう、別れ話を電話でしてはいけない理由と、直接会って別れる場合のメリットがよく分かったのではないでしょうか。恋人に別れを告げる理由は人それぞれ。嫌いになったわけじゃないけど別々の道を選択するということも、長い人生にはあることです。

楽しい時間を共にしてきた恋人に、最後に後味の悪い思い出を残さず、お互いに前向きに歩んでいけるような別れ方ができればベストですよね。人の心は弱いもの。

別れ話を突然一方的に電話でされたことにより「テキトーに扱われた!」と思い込み、その怒りから異常なほど執着され、ついには泥沼化したなんていうことも現実に起こりえます。相手のプライドを傷つけることなく、別れを上手に、なおかつ美しく演出しましょう。

まとめ

別れ話を電話でしてはいけない理由とは

・ 電話だけでは心の準備ができない
・ あなたからの誠意が伝わらない
・ 「これが最後」という印象を与えられない
・ 表情や言葉のニュアンスが伝わらないのも問題に
・ 会わなければあなたの気持ちが分かってもらえない


連記事
別れ 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました