やっぱり正直!男性が本命彼女だけに見せる特徴

やっぱり正直!男性が本命彼女だけに見せる特徴

素敵な男性と出会って、恋をして、お付き合いが始まったのはいいけれど、同じ時を過ごす中でなんとなく違和感を感じる…その違和感、気のせいではないかもしれません。

女性なら誰しも、大好きな彼の1番になりたいですよね。この思いは男性だって同じです。

大好きな彼女ができると、どんなにチャラ男でも周りが驚くほどに人が変わったかのような対応を見せます。男性脳は単純明快な構造になっているので、気持ちが行動に出やすいのです。

今回は『私って本命?』とモヤモヤしているあなたへ、男性が本命彼女だけに見せる特徴をお伝えします。
 

やっぱり正直!男性が本命彼女だけに見せる特徴

 

予定を立てるとき

本命の場合:休日を開示してくれる

デートの日程を決めるとき、彼はきちんと向き合ってくれていますか?彼の言う『仕事が忙しい』という言葉をを鵜呑みにするのは危険です!

自分に置き換えて考えてみればわかると思いますが、本当に大切な人と会うとなると『何が何でも会いたい→でも強引に誘って嫌われたくない→忙しいといって呆れられたくない→彼女の予定に合わせよう』という思考が働くはず。

あなたが頼まざるとも、彼が予定や休日を自ら開示してくれるなら安心。あなたの予定を尊重しつつ、でもすごく会いたいんだという思いが伝わってきますよね。

遊びの場合:いつも何かしら忙しいオレを演出

社会人になると、接待や急な出張などで予定が立たないこともしばしば。でも、いつもいつも忙しいと言っているのは黄色信号です!

本命でない女子とは自分の都合のいい時にだけ会いたいので、予定を開示してスケジュールを埋められたら困ります。でもあからさまに態度に出すとキープすらできなくなるというのもよく分かっているので、一番信用されやすくそれ以上は突っ込めない『仕事のせい』にするのです。

君と会えないのも、連絡が取りにくいのも、お昼に会えないのも、全部全部仕事のせいにしてしまえばいいんです。そう言い切られてしまうと、こちらがそれ以上何も言えないのを彼らはよくわかっています。

本当に忙しい時もありますが、そんな時は落ち着く時期や会いやすい時間などのいわゆる代替案を提案してくれますよ。それすらないとなると、その彼の人としての品格を疑ってもいいかも…

 

レスポンスの速度

本命の場合:すぐ反応

大切な彼女からの連絡は、どんなに忙しくても嬉しいものです。癒しになるし、離れていても自分のことを想ってくれているというのが分かって温かい気持ちになります。

今はLINEなどの普及により、既読がついたり文章ではなく気軽にスタンプを返せるなど簡単にレスポンスができる時代になりましたよね。

どんなに連絡不精な男性でも本命彼女には何かしら反応してしまうものです。そうすることにより、誠実さをアピールできますし、きちんと考えているんだよという証明にもなるからです。

仕事中は難しい場合や文章を考える時間が必要な場合でも、その日中か遅くても次の日には返信があります。大切な人からの連絡をないがしろにしないのは男性だって同じですからね。

遊びの場合:返信内容が薄い・軽いorスルーされる

本命でない女子からの連絡なんて、正直どうでもいいんです。なぜなら自分は彼女に用がないから。

LINEは既読をつけずに読むことができますし(機内モードにすればよし)、余りにも放っておくと面倒なことになるので、ひとまず忙しいことにして何日か後に返信しようと思うのだとか。

すぐに返信が返ってきたとしても、内容が薄かったりあなたに興味がなさそうな反応であれば要注意です。たまたま彼の暇な時間に潜り込んでしまっただけかもしれません。

繰り返しますが、どんなに連絡不精な男性でも大切な女性からの連絡をないがしろにすることはないです!!

 

一緒にいるときの目線

本命の場合:じっと見つめる

恋する男はアツいです。好き好きオーラがダダ漏れています。それは目線にも表れます。

目の前にいる大好きな女性を目で追ってしまうのは、狩りをしていた名残である男性の本能みたいなもの。彼女の表情(楽しんでいるか)、目の動き(他の男を見ていないか)、可愛い口元(笑っているか)、眉の動き(嫌なことはないか)…何もかもが可愛くて知りたくてたまらないのです。

また、人間は大切なものや可愛いものを見ると表情が柔らかくなります。本命彼女を見つめる彼の目には必ず温かさが宿っています。今度彼の目線に気づいたら、よく観察してみてくださいね。

遊びの場合:見ていないorいやらしい

遊びで付き合っている場合、彼の目的はあなたの身体です。体の関係なしの素敵な時間を共有するつもりなんて毛頭ありませんから、早く二人きりになれるところに行こうとします。

あなたのことを見つめていても、彼の頭の中は『ヤれるかヤれないか』しかないのであまりいい気分がしないはず。また、本能的に女性は直感が鋭いので、彼からの視線に疑問を感じたらそれが答えだったりします。

あなたが目の前にいるのに、ほかの女性を見ていたり遠い目をしていたら言語両断。そんな男性に抱かれても女性としての尊厳が消耗するだけなのですぐに帰りましょう。
 
 

お会計のシーン

本命の場合:些細なものでもおごってくれる、気前が良い

今のご時世、お金を稼ぐのも大変ですよね。汗水たらして働いたお金ですから、自分のために思いっきり使いたいところ。

ですが、恋する男はやっぱりアツいのです。大好きな彼女には男としていいところを見せたいし、ちょっぴり見栄もはりたいし、デート代を全額支払える=経済的に自立していることもアピールできます。

この時に注目すべきは金額ではなく頻度。食事デートの後のカフェやちょっと立ち寄ったコンビニでの買い物なども出してくれるようならほぼ間違いなく本命です。

もちろん彼が出してくれて当たり前と思わずに、きちんとお礼を言うことや感謝の気持ちを込めたお返しができるといいですね♪たまにはあなたの手料理を振る舞うのも素敵ですね。

遊びの場合:割り勘or食事デートの頻度が低い

上記で述べたように、男性はどうでもよい女性に投資するのを避けます。本命彼女でない女性にどう思われようが関係ないからです。

まれに女性をキープするためにせっせと奢ってくれる男性もいますが、毎回のデートで外食となると厳しいので、早く家に行きたいなどと言ってきます。

 

まとめ

いかがでしたか。女性は特に、恋愛中は母性フィルターがかかって相手のおかしなところやふと浮かんだ疑問を見ないふりしてしまいがちです。

これまでお伝えした特徴すべてに共通しますが、女性が主導権を握っている場合はまず間違いなく本命です。都合のいい彼女の場合は自分の思うとおりに動かしたいので、女性側に主導権を握られては困るのです。

予定を立てるとき、どこかに出かけるとき、何かを決めるとき・・・優しすぎて物足りないと思うこともあるかもしれませんが、何事もあなたを中心に考えてくれるというのは『あなたに喜んでほしい、無理をさせたくない、一緒にいたい』からこそ。

関係性に違和感を感じた時点で素直に彼に聞ければいいですが、なかなかそうもいかないですよね。そんな時は『この関係の主導権はどちらにあるのか』を冷静に考えてみてください。

未来のあなたの隣に、心から信頼できる素敵なパートナーがいますように。


連記事