新★引き寄せの法則!目標達成イメージングでなりたい自分になる方法

新★引き寄せの法則!目標達成イメージングでなりたい自分になる

最近流行しているということもあってか、引き寄せの法則はたくさん溢れていますよね。巷に溢れている引き寄せの法則を一通り試してもピンとこなかった筆者が編み出して抜群の効果があった、目標を『自分で引き寄せる』イメージング方法をお伝えします♪

本来の引き寄せが「現在→未来」なのに対し、今回お伝えする方法は簡単に言えば「未来から過去(現在)の自分を振り返る=逆算」という目標の立て方をしていきます。

目標達成を〈する〉のではなく〈した〉という既成事実として脳に認識させることで、嘘みたいに自分の思い通りの結果が得られます。実際、筆者は1年で会社員からサロンのオーナー・セミナー講師になり、1年前にイメージしていた通りの時間に縛られない自由な働き方をしています。

漠然としたイメージングが苦手な方の中には、目標から逆算してやるべきことを明確化していくことが得意な方も多いのではないでしょうか。従来の引き寄せを試してもあまり効果を感じられなかった方にこそ効果抜群です。

 

なりたい自分になる♡
目標達成イメージングで理想の未来へ歩いていく方法

 

準備

まずは環境と自分の意識を整えます。周囲が騒がしかったりして雑音が入ると、自分は集中しているつもりでも意外と集中できていなかったりします。集中したらしただけ目標がぐっと近づきますので、環境はとっても重要です。

また、人が多い場所には良くも悪くも様々な「念」があります。もし賑やかな場所の方が集中できる・好きだという方がいればそれはそれでアリですが、その場にいる人たちの気をもらいやすいのでおすすめはしません。自分と向き合う大切な時間だと思って、ぜひ心から落ち着ける場所を探してください。

次に、あなたが思い描いている目標・理想を可視化します。こうなりたいといった憧れの人がいるならその人の写真や動画(できればその人が話している映像だとなお良いです)、年収アップなら目標金額を書いた通帳(鉛筆で書けば後で消せるので大丈夫です)、キャリアアップならその肩書を追加した名刺(自分で書いちゃいましょう♪)などを準備します。

自分で書くなんて…と思うかもしれませんが、自分の手で書いて目で見ることで潜在意識にすりこまれます。

あとは今年のカレンダーか、いつも持ち歩いている手帳があれば準備はOKです!

準備で大切なこと

・自分の部屋など、落ち着ける静かな場所で行う
・憧れている人物の切り抜きや目標にまつわる写真や動画(目標を可視化する)
・カレンダーまたは手帳

 

心構え

人は誰しも弱く、傷つきたくないので防衛本能として自分の思考に保険を掛けます。「どうせできない」「叶うわけない」といっていれば、本当にそうなったときに「やっぱりダメだった、最初からわかってた」と思えますよね。

これは本当に目標を達成したいのであれば最もタブーな言葉です。人間は意識していなくても潜在意識の通りに行動するので、思考の通りに物事が進んでいきます。

また、これまで目標を立てて挫折してしまった、三日坊主になってしまったという経験も大きな障害になります。完結・完遂したことよりも成しえなかったことの方が記憶に深く残るので、いつまでも引きずってしまうばかりでなく自己嫌悪に陥るという負のスパイラルが出来上がってしまうからです。

でも大丈夫、この思考を自覚できれば大きな一歩です!まずは自分を信じてあげましょう。現に、この記事を読んでいる時点であなたは変わりたいと考えているはずです。今のやる気や前向きな気持ちを忘れないでくださいね。

その目標が人からどう思われるかも気にしないでおきましょう。というより、気にする意味がありません。今思い描いている目標は絶対に達成されますので大丈夫です。ここで思い切って切り替えて、過去の自分の失敗や思い込みとは決別しましょう!

心構えで大切なこと

・これまでのネガティブな思い込みは捨てる
・絶対にそうなると、自分を信じる
・他人にどう思われるか、本当に叶う可能性があるかなど気にしない

 

 

実践

いよいよ実践していきます。心構えさえできていれば、厳密なルールなどはありませんのでガチガチに固まりすぎずに楽しんでやっていきましょう♪

これから詳しく説明していきますが、時間軸をいったりきたりするので難しく感じるかもしれません。何となく概要を掴んでもらえたらいいので、ざっくりとしたイメージをしながら読み進めていってくださいね。

まずは目標を達成したい期日を決め、カレンダーや手帳に断定表現で書き込みます。この時、大体いつ頃までに~などという大まかな設定はNGです。なぜなら、大まかに立てた予定は往々にして後ろに伸びるからです。確実にこの日!と決めきることが大切です。

次に、その日にワープします。といっても次元を飛び越えるとかタイムマシーンに乗るとかそんな話ではなく、イメージの中でさもその日に自分がいるように意識を持っていき、目標が達成した後の自分をイメージするのです。そのとき自分が着ている服や話している内容、歩いている街や会う人まで細かく鮮明にイメージします。

例えば、ネイルサロンで独立開業という目標を達成したいのが2020年3月15日だとすると、テレビでは間近に迫りくる東京オリンピックのことがやっていて、そのテレビを見ながらオープンの準備をしているかもしれません。あるいはお客様とオリンピックのことについて話が盛り上がったり、オリンピックにちなんだネイルも流行っているかもしれないですね。これは極端な例ですが、ここまで詳しくイメージすることが大切です。

ちなみに筆者は、会社員をやっていた2014年夏に好きなことして時間に縛られない働き方をすると決意しました。そのとき熱中していたポーセラーツなどで手先の器用さを生かした仕事がしたいこと、そしてどうせなら自分で経営もしてみたいと考えて、レッスンサロンのオーナーになることに決めました♪

あとはもうイメージングをするだけなので「2015年中に気が合ってバイタリィのある先生を見つけて資格を取って、会社を円満退職したよ。競合のいない街にテナントも借りれたし、すごく日当たりもよくて最高の部屋だよ。サロン名をフランス語のシンデレラにしたから、シンデレラの作品ばっかり作ってるけどね(笑)前向きで向上心のある生徒さんと毎日楽しく過ごして、今より手取りが20万アップしたんだよ~」と、ここまで詳細にイメージングしていました。

端から見るとちょっとおかしな人ですが、いいんです。誰にも邪魔できない、あなただけの未来ですからね。

ここまでイメージできたら、いよいよ本番です。そのイメージにいる自分から現在の自分を振り返って、現在の自分に「今~してるよ、目標達成したよ」と声をかけてあげてください。恥ずかしければ独り言のように小さい声でいいので、実際に口に出したほうが効果的です。

2017年にいるあなたに、未来の自分から目標が達成できた・夢は叶ったと言い聞かせます。

言霊という言葉があるように、言葉の持つパワーは絶大。現在を起点にイメージングするとどうしても「~になったらいいな」という願望に留まってしまいますが、未来を起点にすると「~した、できた」とその出来事が起こったかのような錯覚をおこすことができ、必ず現実がついてきます。

あとは何度も繰り返しイメージングしていきます。最初は意識的にこの作業をする必要がありますが、何度も何度も繰り返すうちに無意識的にイメージしているようになります。気付いたらやってた!といったところまでいけたら大成功、もう目標達成したも同然です☆

反復(繰り返し)+行動(イメージング)することでさらに潜在意識に刷り込まれ、その目標に近づくための選択や行動を自然にとるようになっていきます。もちろん、声は出せたらだしてくださいね。

実践で大切なこと

①その目標を達成する期日を明確に決め、カレンダーや手帳に記載する
→おすすめは赤ペン。何せ最重要予定ですから!!
②その日にワープする
→詳細まで鮮明にイメージすること
③未来の自分から過去の自分に、現状報告をする
→語尾は必ず「~した・なった・起こった」などの断定表現にして、実際に声を出す
④何度も何度も繰り返しイメージする
→最終的には無意識のうちにイメージングできるようになる

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。うまくイメージングできましたか?最初はよくわからなくても、スムーズにイメージできなくても大丈夫です。

大切なのはイメージングし続けること、自分の未来を信じること、脳をうまくだますことです。やってみて感じた人もいるかもしれませんが、自分の理想の未来をイメージングするとわくわくしますよね♪人間は楽しいことを思い浮かべると、脳内に幸せホルモンが分泌されるともいわれています。それこそがこの方法の一番の魅力なのです!

今年こそ自分の思い通りに事を進めて、どんどん目標達成しましょう♪


連記事