おいしくて元気になれる☆青パパイヤの手作り酵素ドリンク

おいしくて元気になれる☆青パパイヤの手作り酵素ドリンク
最近は、「酵素ダイエット」や「酵素ドリンク」など、酵素ブームですね。市販のものは、少量で値段がすごく高いし、なんだか特別なドリンクなのかな…と思ったことがあるかもしれません。ところが、意外に簡単に自宅で作れてしまいますよ。しかも市販の酵素ドリンクと比べて、経済的で効果が高いなどのメリットがいっぱいです。

市販の酵素ドリンクは、残念ながら法律上、加熱処理をしなければならず、熱に弱い酵素は働きがだいぶ弱まっている場合が多いです。

しかも市販のものは「健康」に重点を置きすぎているので味はあまりおいしくないことが多いですが、手作りなら自分の好きな果物で作れるのでおいしくできますね。ぜひ自分で手作り酵素ドリンクを作ってみましょう!

おいしくて元気になれる☆
青パパイヤの手作り酵素ドリンク

 

酵素ドリンクが健康に良いと言われる本当の理由

おいしくて元気になれる☆青パパイヤの手作り酵素ドリンク
酵素ドリンクが健康に良いと言われているのは、本当は「酵素」のおかげではなく、「元気に生きている酵母」が入っているからです。確かに市販の酵素ドリンクを飲むと効果があるように思いますが、それは長い発酵期間に酵素によって分解されて増えた、栄養価の高いたくさんの種類のアミノ酸が入っているからです。

酵素自体は、たまごの白身と同じタンパク質なので、消化の過程で胃酸によって変性してしまいます。

酵母が元気のない市販の酵素ドリンクと違い、自分で作れば、生きている酵母のおいしさを味わうことができます。なぜなら私たちは、本能的に「いのち」があるものに、カラダの奥からおいしい!!と感じるようになっているからです。

野生の動物をみても、食べる物は今まさに生きている別の動物だったり、植物ですよね。本来は、「いのち」がなくなって時間がたったものを食べるのは自然ではないのかもしれません。

誰しも、採れたて野菜を食べて、「うまい!やっぱり、とれたては何かが違う!」と感じた経験がありますよね。他にも、缶ビールよりやっぱり生ビール。アルコールで発酵を止められている市販の味噌より、まさに今発酵している味噌のが美味しいと違いがわかるはずです。

物質的な「成分」は決して変わらないはずですが、私たちは、ちゃんと「生命エネルギー」として感じとっているのですね。このように酵母の「いのち」が、私たちの細胞に「いのち」を与えてくれるから元気になるのです。

 

おすすめは、青パパイヤとショウガ

パパイヤは、酵素の働きが優れ、若返りや美容、健康にとても良いと最近注目のフルーツです!何がすごいかというと、なんとすべての植物の中で一番豊富に分解酵素を含んでいるのです。三大栄養素をすべて分解する酵素が含まれ、どんなタンパク質でも分解してしまうのです。

このパパイヤに含まれる「パパイン酵素」は、熟した黄色いパパイヤには、ほとんど含まれておらず、青パパイヤに豊富に含まれています。その量は、黄色いパパイヤの10倍、さらに酵素が多いことで知られるパイナップルの6倍にも達します。

そんなスーパーフードの青パパイヤ。熟していないので生のまま食べるのは味気がないため、酵素ドリンクにしてしまえば一番良いですね。

一緒に入れる「ショウガ」は、言わずもがな体を温めるのに効果的で、特に湿度の高い日本では、やはりショウガです。スパイシーな味が楽しめますよ。

 

青パパイヤ酵素ドリンクの作り方とポイント

おいしくて元気になれる☆青パパイヤの手作り酵素ドリンク

材料

  • 青パパイヤ 4kg
  • ショウガ 1kg
  • てんさい糖(または黒砂糖) 5kg

ポイント:皮ごと漬けるので「なるべく無農薬」に近いものが良いです。

瓶の容器の消毒

  • 使用する瓶は、必ず消毒をします。熱湯で、煮沸消毒する方法と、瓶が大きい場合はアルコール除菌でもOKです。瓶の内側にまんべんなくシュッシュと吹きかけた後、キッチンペーパーでふき取ります。台所洗剤などの中性洗剤は、どんなに洗い流してもビンに残り発酵を妨げるので使わないようにしましょう。

作り方

  • 青パパイヤの果肉は固くありません。半分に切り、中の白い部分を取り除き、適当な大きさに切ります。ショウガも同様です。同じ重さの、てんさい糖を適当に交互に漬物瓶に入れます。

発酵開始

  • よく洗った素手で1日1回混ぜる。
  • 夏場は約5~7日、冬場は約2週間で発酵。
  • 発酵が進むと、材料が浮いて泡が目立ってきます。泡が表面にぶくぶくと見え始め、かき混ぜたときにシュワーっと全体に泡が出るようになると完成です。

保管場所

  • 日光が当たらない場所で1か月ほど保管。36度くらいが発酵が進む目安ですので、冬は毛布をまいたり、あたたかい部屋で保管しましょう。

濾す(こす)

  • ざるやキッチンペーパーで、材料を絞らないようにして、時間をかけて濾します。

できあがり&保管

  • 濾したあと、完成した酵素ドリンクは冷蔵庫で保管します。酵素は生きていますので、常温だと発酵が進んでしまいます。容器のふたはゆるめにして空気が入るようにして保管しましょう。

飲み方

  • できた酵素ドリンクは、「シロップ」みたいなものなので、お水などで割ります。炭酸水で割るとまさにジンジャーエール!

 

いかかでしたでしょうか。手作り酵素ドリンクが美味しくて体に良いとされる本当の理由と、青パパイヤの酵素ドリンクの作り方をお伝えしました。もちろん、他にもりんご、パイナップル、オレンジ、レモンなどでも作ることができますよ。「野草」など加えると、もっと市販の酵素ドリンクに近づいていくでしょう。健康的には、キャベツや玄米などいろいろな種類の酵素が入ったほうが良いようです。

でも、結局「美味しい」を追求した方が長く続くかもしれませんね。ぜひ「元気な酵母」たっぷりな手作り酵素ドリンクを試してみてくださいね。

 

まとめ

おいしくて元気になれる☆青パパイヤの手作り酵素ドリンク

  • 酵素ドリンクが健康に良いと言われる本当の理由:市販のものと違い、手作りの酵素ドリンクの「生きている酵母のいのち」が、細胞に「いのち」を与えてくれるから元気になる。
  • おすすめは、青パパイヤとショウガ:青パパイヤは、すべての植物の中で一番豊富に分解酵素を含んでいる驚異のスーパーフード。ショウガは体を温めるなど万能。
  • 青パパイヤ酵素ドリンクの作り方:適当に切った青パパイヤとショウガ、てんさい糖を容器に入れ発酵させる。1日1回は素手で混ぜるようにする。

連記事