髪、肌、体の中をキレイにするリンゴ酢の3つの使い方

髪、肌、体の中をキレイにするリンゴ酢の3つの使い方
お酢の中でもフルーティで飲みやすく、使い勝手が良いリンゴ酢は、ダイエットや美容に良いと、様々なメディアで紹介されていて、特に、リンゴ酢を水で割って飲む方法がメジャーです。

そのほかにも、皮膚に塗ったり体を洗ったりする方法もありますが、やりすぎると逆効果になることもありますので、注意が必要ですよね。

そこで今回は、リンスの代わりにリンゴ酢を使う方法、肌の汚れを落とす方法、リンゴ酢でデトックスする方法、の3つの使い方について、お伝えします。

 

 

髪、肌、体の中をキレイにするリンゴ酢の3つの使い方

 

§1 リンゴ酢リンスで髪の毛をサラッサラにする方法

リンゴ酢リンス

よく宣伝では、この市販のリンスを使うと髪質が良くなりますよーって言っていますよね。

でも、リンスも洗剤のため、自分に合っていないと、洗えば洗うほど頭皮にダメージが残ったりフケが出たりしてしまうんです。

もしリンスが合わないなぁと感じていたら、リンゴ酢を使って髪の毛を洗うことをおススメします。

ただし、リンゴ酢は刺激が強いため、原液をそのまま髪や頭皮につけることは避けましょう。

 

● リンゴ酢リンスで髪の毛を洗う方法

1 大さじ2分の1くらいのリンゴ酢をカップに移す

2 洗面器にカップのリンゴ酢を入れ、お湯(又は冷水)を入れる

3 頭を洗面器に突っ込み、1~3分、頭皮をなでるように洗う

4 シャワーで頭を洗い流す

 

リンスの代わりにリンゴ酢で洗うので、結構簡単ですよね。

1回やっただけでは効果が出にくいため、続けることが大事です。2~3か月経つと、あれ?サラサラになっているかも…と気づくはずですよ。

 

§2 リンゴ酢スプレーで肌をケアする方法

リンゴ酢スプレー

なんとなく想像できるかもしれませんが、リンゴ酢を水で薄めたスプレーを作って、気になるところに振りかけると、肌をケアすることができます。

特に、お風呂では洗いづらかったデリケートな部分などに振りかけると、垢がボロボロと落ちて、しばらくの間はツルツルになります。

ただし、リンゴ酢の原液を直接肌につけると、肌荒れの原因になることもありますので避けましょう。

また、傷口や目などに入るととても痛いですので、注意が必要ですよね。

 

● リンゴ酢スプレーの作り方

1 市販のスプレーの容器に、リンゴ酢約10 mL、飲料水約100 mLを入れ、よく混ぜる

2 肌の気になる部分にスプレーする

3 スプレーした場所をふき取るか、垢が出ていれば水で洗い流す

 

もし、スプレーが濃いと感じたら、もっと薄めたものを作ってくださいね。

また、お酢ですので、どうしても酸っぱい匂いが残ってしまいます。気になる場合は、スプレー後にふき取るか、洗い流しましょう。

 

 

§3 リンゴ酢ドリンクで老廃物をデトックスする方法

リンゴ酢ドリンク

リンゴ酢を水で割って飲むリンゴ酢ドリンクは、食事中や食後に飲むとダイエットや美容に効果的と言われていますが、今回は、朝の起床後に飲んでデトックスする方法についてお伝えします。

起床後にリンゴ酢ドリンクを飲むと、内臓のデトックスになりますし、眠っていた腸が蠕動運動(ぜんどううんどう)と言ってうねうねと動き出しますので、便秘の解消にもつながりますよ。

 

● リンゴ酢ドリンクの作り方と飲み方

1 飲料水500ml、レモン1個、ライム1個、リンゴ酢約20mlをコップに入れる

(レモンとライムは絞って入れます。)

2 ドリンクをゆっくり時計回りにかき混ぜる

3 3~5分かけてゆっくり飲む

4 飲んだ後、30分くらい時間を空けてから朝食をとるとデトックスにつながる

 

もし、レモンやライムがすぐに用意できない場合は、まずはリンゴ酢だけで試してみましょう。

なるべく毎日続けることが大事です。

また、以前『体調不良を改善!老廃物を排出して元気になる朝の習慣』でもお伝えしましので、おさらいの意味も込めて、ぜひもう一度ご覧ください。

 

■ 編集後記

今回お伝えした3つの方法は、この記事を書いた2年半くらい前から行っていました。

確かに、髪の毛はサラッサラになりましたね。ただ、やり始めた最初の2か月くらいは、髪の毛がベタつきました。

これは、もともと存在すべき頭皮の常在菌が、市販のシャンプーやリンスで長年洗っていたことにより、ほとんどなくなっていたため、頭皮の脂が異常に出ていたからではないかと思われます。

リンゴ酢を使うと、徐々に徐々に常在菌が回復していくのですが、どうしてもその回復に2~3か月くらいはかかってしまうのです。

長年、頭皮を傷つけてきたので、仕方ないですよね。

 

リンゴ酢スプレーは、本当に垢がボロボロと落ちて、しばらくの間肌がツルツルになります。

耳の裏やワキ、足の裏、そのほかのお風呂では洗いきれないデリケートな部分のケアに使うと良いですよ。

 

リンゴ酢ドリンクは、ほとんど毎日飲んでいてトイレも快調ですね。

出張などでリンゴ酢がない時は、水500mlだけでも飲むようにしています。

実は朝起きてすぐは、私たちは軽い脱水症状になっていることが多く、血液も若干ドロドロになっていて、内臓もあまり機能していない。

その状態でいきなり体を動かすと負担になって、最悪の場合フラフラで倒れることだってあるんです。

だから、朝起きてすぐに水を飲むことが大事!デトックスの他に、体を起こしてあげるためにもね。

あっ、それと、いきなり水500mlも飲めないよ、という人は、100~200mlから始めると良いですよ。

私もそれくらいの量から始めて、徐々に増やしていきました。量が云々よりも、続けることの方が大事ですからね。

今回お伝えした3つの方法、ぜひ試してみて、続けていきましょう。

 

おさらい

● リンゴ酢リンスで髪の毛を洗う方法

1 大さじ2分の1くらいのリンゴ酢をカップに移す

2 洗面器にカップのリンゴ酢を入れ、お湯(又は冷水)を入れる

3 頭を洗面器に突っ込み、1~3分、頭皮をなでるように洗う

4 シャワーで頭を洗い流す

 

● リンゴ酢スプレーの作り方

1 市販のスプレーの容器に、リンゴ酢約10 mL、飲料水約100 mLを入れ、よく混ぜる

2 肌の気になる部分にスプレーする

3 スプレーした場所をふき取るか、垢が出ていれば水で洗い流す

 

● リンゴ酢ドリンクの作り方と飲み方

1 飲料水500ml、レモン1個、ライム1個、リンゴ酢約20mlをコップに入れる

(レモンとライムは絞って入れます。)

2 ドリンクをゆっくり時計回りにかき混ぜる

3 3~5分かけてゆっくり飲む

4 飲んだ後、30分くらい時間を空けてから朝食をとるとデトックスにつながる

 


連記事