体調不良を改善!老廃物を排出して元気になる朝の習慣

体調不良を改善!老廃物を排出して元気になる朝の習慣
熱はないけどなんとなく体の調子が悪いしだるい…なんていうことは誰にでもありますよね。それは、毎日の生活習慣によって体の中に老廃物が溜まっていますよというお知らせです。

体調不良を無視してそのままにしておくと、だんだんと体の中が汚くなっていき、様々な病気にかかってしまいます。

例えば、きれいな水が山から流れてきて、それが溜まって湖になったとしても、湖の水が海の方へ流れなければやがて腐って汚くなってしまい、害虫が発生してしまいます。体調を良くするためにも老廃物を排出して、光り輝く湖のように体の中をきれいにしてあげることが大切です。

私たちの体をつくっている細胞は、「外から栄養を取り入れること」と「体内に溜まった老廃物を吐き出すこと」の大まかに2つの役割を果たしていますが、体がシャキッとしないなぁと感じた時、栄養ドリンクを飲んだりビタミン剤を摂取したりと、ついつい栄養摂取ばかりに目を向けてしまいます。細胞が役割を果たすためにも、栄養摂取だけではなく老廃物を排出することも忘れないようにしましょう。

今回は朝起きた後に老廃物をデトックスする4つの方法をお伝えします。この方法を朝の習慣にするだけで、体が軽やかになり、さらに体の中もきれいに健康になって、活力がみなぎること間違いなしです。

 

体調不良を改善!
老廃物を排出して元気になる朝の習慣

 

起きてすぐに腎臓デトックスをしよう

腎臓は、握りこぶしくらいの大きさでソラマメのような形をしており、腰についていて、主に血液中の老廃物をろ過して尿を作る排水処理工場の役割を果たしています。しかし、腎臓が弱ると尿の出が悪くなり、体の中に余分な水分や老廃物が溜まって、気力・体力・活動力が低下してしまいます。そうならないためにも、毎朝腎臓デトックスをしましょう。

1 水(冷水又は常温水)500ml、レモン1個、ライム1個、りんご酢適量を用意します。お好みで、岩塩やカイエンペッパーもご用意ください。

2 水500mlにレモンとライムを絞って入れ、お好きな量のりんご酢を加えます。岩塩やカイエンペッパーもお好きな方は入れてください。

3 2で準備した水を、腰に手を当ててグビグビッと飲み干します。この時、500mlを慌てていっぺんに飲もうとはせず、水に感謝してよく味わいながらゆっくり飲みましょう。

4 30分くらいすると腰のあたりがじわじわーっとして腎臓がデトックスされます。また、腸も活発になって便意が良くなりますので、我慢せずにトイレに行って排出してください。

補足:水は、水道水は使用せず、山から湧き出ている湧水(ゆうすい)やスーパーなどで売られているミネラルウォーターを飲みましょう。また、レモンやライムなどがすぐに準備できなければ、最初は水を飲むだけでも効果はあります。できることろからでかまいませんので、少しずつ習慣にしていきましょう。

 

ネティポットで鼻洗浄をして老廃物を排出しよう

老廃物の約9割は、排便することにより体の外へ排出されますが、その他には、尿、汗、涙、鼻水などからも排出されます。朝起きた時、鼻が詰まっていることはありませんか。その鼻から、しっかりと老廃物を排出してあげましょう。

鼻がすっきりすれば呼吸もスムーズに行うことができ、酸素が全身に行き渡って体調が整います。腎臓デトックスをした後は、ネティポットで鼻洗浄をしましょう。

1 ネティポット専用の鼻水差しか、なければ醤油さしなどの代替品に岩塩又は藻塩などのミネラル分を含んだ塩を適量加えます。

2 そこへ人肌に温めた水を加え、食塩水を作ります。

3 よくかき混ぜて塩を溶かし、少しなめてみて海水のようにしょっぱければOKです。

4 流しがあるところへ移動し、片方の鼻の穴からもう片方の穴へ食塩水を通します。この時、鼻から息を出しながら行うと食塩水がスムーズに通ります。

5 反対の鼻からも行い、最後に鼻をかんで中に溜まった食塩水や鼻水を出します。

補足:鼻やのどの粘膜は弱いため、真水や水道水の使用は避け、必ず湧水(ミネラルウォーター)に岩塩や藻塩などのミネラル成分を含んだ塩を加えて食塩水を作りましょう。

 

 

30分のウォーキングで老廃物の排出を促そう

水を飲んでしぼんだ細胞を復活させ、ネティポットで鼻からの気道を確保した後は、ウォーキングをしましょう。ウォーキングをすることで血行が良くなり、代謝がアップすると、老廃物が排出されやすくなり、体調が良くなります。さらにネティポットで鼻がすっきりしていますので、酸素もたくさん取り込め、体にパワーが宿ります。

1 朝日の柔らかいやさしい光を全身に浴びると交感神経に切り替わり、目が覚めますので、家を出たら、まず朝日に向かって15分くらい歩きましょう。走ると体に余分な負担がかかってしまうため、無理のないペースで歩いてください。

2 歩いているときは、なるべく鼻で息を吸って、口から空気を吐き出すよう意識しましょう。鼻だけや口だけで呼吸をするよりも、よりたくさんの酸素を体に取り入れることができます。

3 朝日に向かって15分歩いたら、今度は自宅へ向かって15分歩いて帰ります。来た道と違う道を歩くと、新しい発見があって脳にいい刺激になるかもしれません。

補足:おもりを持ったり革靴やヒールを履いたりして歩くと体に負担がかかり逆効果になってしまいますので、動きやすい格好でウォーキングをしましょう。

 

深呼吸で体のバランスを整えよう

ウォーキングで心拍数が上がっているので、今度は深呼吸をして体を落ち着かせます。深呼吸を行うことで、酸素を細胞一つひとつに届けることができ、代謝がアップされ、老廃物の排出を促し、体調が整います。

1 あぐらをかき、手を膝の上に置いて手のひらを上へ向けます。あぐらができない方は、椅子に座って行っても構いません。

2 目を閉じ、鼻から10秒くらいかけてゆっくりと空気を吸い込みます。おなかに空気が入っていくことを意識してください。

3 限界まで空気を吸い込んだら、5秒くらい息を止めます。

4 空気を吐き出すときは、口から20秒くらいかけてゆっくりと吐き出します。

5 一連の流れを約5分間行いましょう。すると、心も体も落ち着き、頭もスッキリしていることが体感できます。

補足:ウォーキング後に深呼吸を行う場合は、深呼吸の前に水を飲んでしっかりと水分補給をしましょう。汗をかいていますので、水分補給をすることにより、さらに老廃物を排出できます。深呼吸は腹式呼吸が効果的ですが、難しい場合は胸式呼吸でも構いません。あなたのできる範囲で実践していきましょう。

 

いかがでしたか。

今までよりも少しばかり早く起きてたった4つの朝の習慣を取り入れるだけで、体の中が光り輝く湖のようになり、活力がみなぎって一日モチベーションを維持できるようになります。

体調が不調だと、本当ならとても楽しいことでも何をやっても楽しく感じられなくなってしまいます。それってすごく損ですよね。今回お伝えした朝の習慣を行って老廃物を排出し、そんな状態からおさらばしましょう。

このところ体がだるい日が続いているなと感じていたら、今までの自分の朝の習慣をぜひ見直してみてください。

 

おさらい

体調不良を改善!老廃物を排出して元気になる朝の習慣

・起きてすぐに腎臓デトックスをしよう
・ネティポットで鼻洗浄をして老廃物を排出しよう
・30分のウォーキングで老廃物の排出を促そう
・深呼吸で体のバランスを整えよう


連記事