熟年離婚してしまう不安を解消する5つの方法

熟年離婚してしまう不安を解消する5つの方法
熟年離婚してしまうかもしれないという思いは、長年結婚している夫婦なら一度は頭をよぎったことがありますよね。せっかく長い間連れ添った相手とは、そのまま残りの人生を一緒に送るのが理想的です。

20代や30代の若い時期なら、離婚しても新たな出会いが訪れる可能性はありますが、中高年になって離婚すると再婚できる確率は低くなってしまいます。そんなリスクを抱えてでも熟年離婚してしまうのは一体なぜなのでしょうか。

夫婦は長く一緒にいるほど、親子以上に相手のことがよくわかりますよね。一度うまくいかなくなると、夫婦は関係を修復するのが難しくなってしまいます。そこで本日は熟年離婚をしてしまう不安に向き合い、夫婦円満に結婚生活を維持する秘訣についてお伝えします。

二人でできることを始めましょう

熟年離婚してしまう夫婦は子供が大人になり手がかからなくなる世代ですよね。残された二人の関係がとても寂しく見える点が共通するといえるでしょう。

忙しく働いてきた30代、夫婦関係よりも仕事や子育てがメインとなり気が付くとお互いに抱くのは不満ばかり。こんな世代は夫婦関係を強化するために、二人の時間を大切にしていきましょう。

たとえば二人で新しい趣味を始めたり、旅行に行くなど。日常生活とは違った環境に置くことで、お互いの魅力を再発見できるかもしれません。長年一緒にいると新鮮味がなくなるのは仕方がありませんが、相手に興味を再び持つことはできるのです。

 

パートナーにもっと感謝しましょう

熟年離婚してしまうのは色々な原因がありますが、些細なことも長年蓄積されてある日爆発する場合がありますよね。一緒に毎日暮らしているとお互いが家族のためにやっていることが当たり前になってしまいます。

残業で疲れている旦那、育児でへとへとの妻、こんなお互いの苦労を相手の立場になって考えてみませんか。夫婦がすれ違いになるのは価値観の違いが多いといわれています。また感謝の気持ちが十分でないと、夫婦として一緒に努力する意味がなくなってしまいます。

些細な瞬間にも心から「ありがとう」という気持ちを込めて感謝しましょう。たまにはプレゼントや特別なお料理など、感謝の気持ちをアピールするときも大切です。

 

金銭面で不公平をなくすように意識しましょう

熟年離婚してしまう原因は、お金が夫婦関係を悪くする場合もありますよね。夫婦は収入額の多さで立場が変わってしまうのではいけません。男性よりも収入が少ない女性にとっては不公平に感じる部分もあるでしょう。

夫婦の危機を迎える金銭問題を解決するには、収入有無でなくどのようにやりくりをするか支出面でも公平になるように意識して見ましょう。

たとえば専業主婦の場合、収入がゼロでも節約生活でやりくりをしています。お互いの金銭価値をもう一度見直し、どちらの立場も公平になるように考えてください。「金の切れ目が縁の切れ目」といわれるように、ギャンブルや借金問題が熟年離婚してしまう要因になる場合があります。

 

会話の時間をどんどん増やしましょう

熟年離婚してしまうのは、コミュニケーション不足が原因になりますよね。どんな夫婦でも長く一緒にいると、相手のことをよくわかっていると誤解してしまいます。

しかしお互いに年齢を重ねるごとに、考え方や健康状態も変化していきますのでその都度お互いの気持ちについては理解しないといけません。

コミュニケーションなんて今更、と思う人もいるでしょう。しかし喧嘩になってもいいので正直に気持ちを伝えるチャンスがないと、ストレスが溜まり続けてしまいます。

熟年離婚してしまうのは、離婚だけが唯一の改善策だと思いほかのアイデアが思いつかなくなることも問題なのです。離婚したら自分の残りの人生がどうか変化するか、冷静にまずは考えて離婚を回避しましょう。

 

それぞれのスペースを尊重しましょう

熟年離婚してしまう不安を解消するためには、自分に自信を持つことが大切ですよね。何十年一緒にいても、相手にとって一番魅力的な存在でいられるのが理想的な夫婦といえるでしょう。

そのためには一人の時間をお互いに尊重しあい、時にはそれぞれが好きな時間を過ごせるように余裕を持つ気持ちが大切です。友達と出かけたり、一人で趣味を楽しむなど夫婦で共有しない空間を作ると夫婦円満にメリットになります。

 

さて、熟年離婚してしまう夫婦のその後は、自由を感じて幸福になっている人も入れば、離婚しなければよかったと後悔する人もいるでしょう。結婚以上に離婚はエネルギーを使うもので、熟年離婚してしまうと夫婦以外にも子供にも迷惑がかかる点を忘れてはいけません。

夫婦としてお互いを見る前に、父親、母親であることを考えてください。それぞれが抱える責任感、そして家族を大切にする気持ちはどちらも同じはずです。

長年夫婦として生活を共にしていくと、徐々に二人の時間が少なくなっていきますよね。それでも大丈夫だと安心していると、気が付かないところで溝が深まってしまいます。問題が深刻化する前に隠し事せずに、何でも話し合える関係を大切にしましょう。

まとめ

熟年離婚をしないためには

・ 二人でできることを始めましょう
・ パートナーにもっと感謝しましょう
・ 金銭面で不公平をなくすように意識しましょう
・ 会話の時間をどんどん増やしましょう
・ それぞれのスペースを尊重しましょう


連記事
別れ 結婚
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました