上手な別れ方を知ればもっと積極的に恋愛できる5つの理由

上手な別れ方を知ればもっと積極的に恋愛できる5つの理由

上手な別れ方を知っておくと恋愛に積極的になれます。恋愛は幸せなときばかりでなく、辛いときもあって、その結果、別れるという選択をしてしまうもの。

その別れ方で悩んでしまい、なかなか切り出す勇気が出ないときもありますよね。別れるという辛い選択をするぐらないなら…と先延ばしにして付き合ったままでいても辛いだけです。

勇気を出して別れを告げても、上手な別れ方をしないと、修羅場になって余計苦しんでしまう場合もあります。こういった苦しい経験をしてしまうと、「もうこんな経験はしたくない」と、恋愛に積極的になれなくなってしまいがち。

出会いに別れは付き物。上手な別れ方をすることは人生の充実つながります。そこで今回は、上手な別れ方を知ればもっと積極的に恋愛できる5つの理由をお伝えします。

 

上手な別れ方を知れば
もっと積極的に恋愛できる5つの理由

 

「別れる」と決めたらその意思を固めよう

「別れたい」と思ったのなら、まずその気持ちが本物なのか、よく自分に問いかけてみましょう。「別れる」と決めて相手に別れを告げても、その意思が曖昧なものであると、実際に会って話したときに「もしかしたらやり直せるかも」と、気持ちがブレてしまい、ズルズルと付き合い続けることになってしまいがち。

相手の優しい言葉を受け入れて、別れるという決断が揺らいでしまうのです。「絶対に別れる」という強い意思を持つことが、上手な別れ方への近道。

「別れたい」という思いに確信が持てないのであれば、確信が持てるまでは別れを告げるのは控えましょう。付き合いが長いと相手への情が強くなるので確信が持てなくなってしまうものですが、そういうときは思い切って悩んで答えを出しましょう。

 

別れを告げるなら相手の話もよく聞こう

別れを告げても、一方的に自分の意見だけを伝えてしまうと「どうしてなんだ」と、相手が理解してくれません。最悪の場合は逆上してドロドロの別れ方を招いてしまいます。

上手な別れ方をするには、相手のことをよく考えて、相手も納得して別れられることが最重要です。そのために、別れ話は実際に会って相手の顔を見て話し合いましょう。

電話やライン等で済ませてしまうと、相手に自分の覚悟が伝わらないですし、実際に会うことは誠意にもなります。また、自分の意見を伝えたら、相手の意見にも耳を傾けて、自分に非があったのなら、きちんと認めましょう。

感情的になってしまうことは、別れがこじれるだけなのでNG。相手が納得のしない別れであると、別れた後も連絡があったり、最悪の場合はストーカー化してしまう恐れがあります。もしお互いが納得できないのであれば、そこから逃げないで、納得できるまで話し合いましょう。

 

小さな嘘をついてみる

上記のように話し合って、お互いが理解して別れられるのであればベストですが、必ずしも上手く行くわけではないのが恋愛であり人間関係。

話し合っても結論が出なかったり、出そうにないときは、小さな”嘘”をついてみましょう。例えば、実は同性愛者だったなど、相手が別れを納得せざるを得ない嘘をついてみるのです。

嘘をつくことに罪悪感を感じる方は、必要悪だと考えるようすると良いでしょう。嘘をつく自信がない方や、相手との共通の友人が多くて嘘がバレてしまう可能性が高い方にはオススメはできません。

 

フラれるように持っていこう

相手から別れを切り出してもらうことは、一番すっきりとした上手な別れ方です。フラれるためには、ズバリ言うと「嫌な女」になることです。相手がうんざりしてしまうような自己中心的な女を演じてみましょう。

相手に甘えるなど、勘違いさせてしまう態度を取ってしまうと不可能なので、「別れたい」という決意が固いときに試してみて下さい。

また、自分から一方的に別れを告げると、相手がストーカー化してしまう恐れもありますが、フラれるのであればその心配は少なくなりますよ。

 

自然消滅をさせてみよう

だんだんと距離を取ると、個人の時間が多くなるので、別に好きな人ができたり、やりたい事ができたりして相手から別れを告げてくる可能性が高くなります。

自然消滅はお互いにストレスの少ない上手な別れ方。距離を置く前に「仕事が忙しくなる」、「家族に問題が起きた」などと言っておけば、とパートナーの誘いを断りやすくなるのでオススメ。

最低でも数週間会うことは避け、ラインやメールなどの連絡も頻繁に行わないようにしましょう。返信をするにしても、返信の時間は遅らせて、内容も短文にしましょう。

 

いかがでしたか。

上手な別れ方をするには、相手の自分への愛情が大きければ大きいほど難しくなるもの。その愛情が2人の間で均一ではなくなるのが恋愛の難しさですよね。

どうしても別れたいと思ったら、自分によく問いかけて、その決意をしっかりと固めましょう。中途半端な状態で別れ話をしても、中途半端な結果を招いてしまいます。

「別れる」という決意を固めたら、自分だけではなく、相手の気持ちを考えることも上手な別れ方をするポイントの一つ。

せっかく出会い、好意を抱いた人間ですから、最後を迎えたとしても良い形で終えたいですよね。上手な別れ方をすることは、次の恋愛に前向きに臨めることにもつながりますよ!

 

まとめ

上手な別れ方をするには

・ 「別れる」と決めたらその意思を固めよう
・ 別れを告げるなら相手の話もよく聞こう
・ 小さな嘘をついてみる
・ フラれるように持っていこう
・ 自然消滅をさせてみよう


連記事
別れ 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました