元気が出ない友達をうまく励ます5つの声のかけ方

元気が出ない友達をうまく励ます5つの声のかけ方
元気が出ない友達を見ると、心配になりますよね。なんとかして元気を出してほしいと思うものの、どう声をかけたり励ましていいのか分からないし、自分が立ち入ってよい問題なのかも判断が難しいところです。

親友や一生の友とはいえ、他人は他人、踏み込まれたくない・踏み込みにくい領域にずかずかと踏み込めば、励ますどころか友達の気はますます滅入ってしまいます。

たとえば、友達の元気が出ない理由が両親の離婚問題だとしたら、単なる友達のあなたができることは、そう多くはないですよね。

友達とちょうどよい距離感をキープしつつ、元気が出ない友達を励ますには、どのような言葉を選べばよいのでしょう。ということで、今回は元気が出ない友達をうまく励ます5つの声のかけ方をお伝えします。

 

元気が出ない友達を
うまく励ます5つの声のかけ方

 

「どうした?」「何かあったの?」と元気が出ない理由を訊いてみること

まずは、一番シンプルな声のかけ方!「どうした?」「何かあったの?」と声をかけてみましょう。もし、友達に何か気がかりや悩み、誰かに対する怒りや不満があり、それを誰かに聞いてほしいと思っているのであれば、この声かけが友達の心にはもっとも響きます。

悩みごとを友達に相談したいとき、自分から「悩みを聞いてくれる?」というのは言いにくいですよね。友達だって忙しいかもしれないし、面倒臭いと思われるかもしれません。

そんなとき、友達の方から「どうしたの?悩みがあるなら言ってごらんよ」と言われたら、悩みを相談しやすいです。友達が元気が出ないとき、「何かあった?」と声をかけてあげてください。友達に、あなたに聞いてほしい話があるときには、この声かけが最も効果的です。

 

「顔色が悪いよ。しんどいの?」と体調を気遣うこと

友達に「何かあったの?」と声をかけにくいときには、「顔色が悪いよ」「熱があるんじゃないの?」と友達の体調を気遣う言葉をかけてあげましょう。友達の様子によっては、気軽に悩みの内容を訊き出せないこともありますよね。

そんなときは、無理に訊き出そうとせず、とりあえずは「あなたのことを心配しているよ」「いつでも力になるよ」ということを、友達にそれとなく知らせてあげるとよいです。

そのための声かけが体調を気遣う言葉!「あなたの様子がいつもと違うことに気付いているよ」ということを友達に伝えてくださいね。

 

「今週はバイトがないんだ」と手助けをする余裕があることを伝えること

元気が出ない友達が、すぐには悩みを打ち明けてくれないときには、「今週はバイトがないから時間がある」「明後日まで両親が旅行で、家で一人なんだ」など、「私には時間に余裕があるから、いつでも力になれるし相談に乗れるよ」ということを友達に伝えてみてください。

あなたから「どうしたの?」と問われたとき、友達はあなたに悩みを打ち明けてよいものか逡巡したり、あなたの負担になることを気にして、その場では「大丈夫。何でもないよ」と笑ってごまかしたとしても、後になってやっぱりあなたに相談したくなるかもしれません。

そのときのために「いつでも相談に乗るよ」ということを友達に伝えておくのです。

 

「私はあなたにはいつも助けられてばかりだね」と言うこと

元気が出ない友達には、「私はあなたにはいつも助けられてばかりだね」「あなたのおかげだよ」と言ってみてください。あなたや周囲に助けを求められない性質の友達も、あなたに「助けてもらっている」と言われたら、自分も助けを求めようという気になるかもしれません。

また、友達が失敗や人間関係のいざこざで自信を失っているのであれば、あなたからの言葉で自信を取り戻してくれるかもしれません。

元気が出ない友達を励ますときには、「今のあなたのままでも私にとってはすばらしい友達だよ」ということを伝えてくださいね。

 

SNSやメールで悩み事を訊いてみること

面と向かって悩み事を訊き出しにくいときや、普段から口数が少なく自分からあまり話したがらない友達には、じかに会って「どうしたの?」と訊くよりも、SNSやメールで「今日、元気がなかったね。何かあったの?」というメッセージを送る方がおすすめです。

話すのが苦手な友達なら会話で悩みごとを相談するよりも、メッセージのやり取りの方が相談しやすいでしょうし、悩みの内容によっては、相手が親友であっても面と向かって話すのは恥ずかしいということもあるでしょう。

たとえばお金の相談であれば、親友のあなたが相手でも面と向かっては言い出しにくいです。また、あまりに元気が出ないために、悩みを口に出して言うのも億劫ということもあるかもしれません。

メッセージのやり取りは面と向かっての悩み事相談よりも、気持ちや体への負担が小さいですし、気安いですよね。元気が出ない友達と一日一緒に過ごした日の夜は、友達に「元気がなかったね」というメッセージを送ってみましょう。

 

いかがでしたか。以上が、元気が出ない友達をうまく励ます5つの声のかけ方でした。友達が元気が出ないときには、まずはシンプルに「何かあったの?」と訊いてみましょう。

友達はあなたからのその一言を待っているかもしれません。友達の様子から単刀直入に元気が出ない理由を尋ねられないときには、「顔色が悪いよ」と相手の体調を気遣ったり「今週はひまだからいつでも遊びに誘ってね」といつでも悩みに乗ったり手助けができることを相手に伝えてください。

「あなたのおかげ」「あなたがいてくれたよかった」など、自分にとって相手が大切な友達であることも伝えることで、元気が出ない友達に寄り添うことができますよ。面と向かって声をかけられないときには、SNSやメールを利用するのもおすすめです。

まとめ

元気が出ない友達をうまく励ますためには

・ 「どうした?」「何かあったの?」と元気が出ない理由を訊いてみること
・ 「顔色が悪いよ。しんどいの?」と体調を気遣うこと
・ 「今週はバイトがないんだ」と手助けをする余裕があることを伝えること
・ 「私はあなたにはいつも助けられてばかりだね」と言うこと
・ SNSやメールで悩み事を訊いてみること


連記事