緊張をほぐす会話を使って、場をなごませる5つの方法

緊張をほぐす会話を使って、場をなごませる5つの方法
目上の人や初対面の人に会う時って、少なからず緊張してしまいますよね。だれでも緊張をほぐす為に、自分で感情のコントロールをしています。

中には、緊張とは無縁という羨ましい人もいるのでしょうが、そんな人は、今までの経験を生かして自分の感情を上手にコントロールしているからではないでしょうか。

しかし、相手があなた以上に緊張していた場合、緊張をほぐす場を作る必要がでてきます。そして、緊張をほぐすような会話をして場の雰囲気を作り出してあげるのが、相手にとっての優しさであり、気遣いというものです。

それが出来て、お互いに有意義な話し合いが可能になるというものです。そこで今日は、緊張をほぐす会話を使って、場をなごませることが出来る5つの方法をお伝えします。

 

緊張をほぐす会話を使って、
場をなごませる5つの方法

 

相手の得意分野を聞き出す

挨拶や商談など、本来の目的を果たした後の会話って、なぜか緊張するものです。何を話していいか、相手を気にすればするほど、話題が全く浮かびません。

そういう緊張をほぐすには、相手の得意分野の話しを聞き出すことがおすすめです。どんなに緊張していても、自分の好きな事や自信のある事は、言葉にしやすいもの。

本が好き、映画が好き、スポーツが好きなど、何でも大丈夫です。相手がどれくらい、その分野が好きなのか、得意なのかをたくさん聞き出してあげましょう。得意なことを語っていると、あっという間に時間は経つものです。

仮に、あなたが興味のない分野だったとしても、何が魅力なのかなどの話を引き出すことで、確実に場はなごみます。緊張をほぐすには、相手の得意分野の話をするのが一番ですよ。

 

相手の話を最後まで聞く

ドキドキしながら話しているのに、途中で話を遮られたり、違う話題を提供されてしまうと、会話をするパワーが無くなってしまいますよね。

だから、相手の緊張をほぐす為にも、話の腰を折らないように普段jから気を付けましょう。たとえ相手が間違ったことを言っていたとしても、とにかく我慢して最後まで聞くことが重要です。

その間違いも、今、すぐに正さなくて良いものであれば、指摘するのは止めてください。緊張していると、正しいことを理解しているのに、勘違いして逆の内容を話してしまうこともあるのです。

指摘は場の雰囲気を冷めた物にしてしまう場合が多いので、話が明後日の方向にさえ向かわなければ、訂正する必要はありませんよ。

最後まで、話せたことは、相手の緊張を程よくほぐしてくれるもの。相槌を時々打ちながら、最後まで話を聞いてあげましょう。

 

結論を言わないようにしよう

話している内容が、支離滅裂になってしまうことってありますよね。緊張していれば、尚更です。そんな時、ついつい相手の会話の結論が分かってしまい、『こういうことですよね』と、話を完結してしまう人がいますが、これは、安心感も生みますが、話すことに対しての不安を生むものでもあるのです。

先ほどの最後まで話を聞くという内容と重複する部分がありますが、要は、内容が理解不能であっても、とにかく最後まで、言わせてあげましょう。

最後まで話をしなくても結論が分かってしまうということは、話の楽しさが無くなりますが、相手の緊張をほぐす為にも、相手が話したいように話させてあげることが重要なのです。気持ちよく話せること、それが大事ですね。

 

相手の良い理解者になろう

どんなに頑張って話していても、相手が同調してくれなければ、会話を楽しむことは出来ません。話をきちんと聞いている、理解しようという雰囲気を醸し出すことが、相手の緊張をほぐすきっかけとなり、場の空気が軽くなります。

目を見て、相手の話を聞いて、同調したり質問する。たったこれだけで、相手の心がとても楽になりますよ。想像してみてください。よそ見して無関心な人の前で話す姿を。辛いし、緊張がマックスになりますよね。

逆に、きちんとあなたの方を向いて、一言一句聞き逃さないような態度の人を前にすれば、理解しようとしてくれることがうれしく感じるでしょう。

それが大勢の中のたった一人でもです。良き理解者がいることで、話し方もリラックスします。緊張をほぐすには、良き理解者と認識してもらえる態度を示してくださいね。

 

軽いジョークを言う

場をなごませるには、やはり笑いですよね。ですが、緊張している人は、ジョークを言っても、反応がなかったり、引いてしまうことあります。

だけど、あきらめてはいけません。今までより、少し高度になってしまいますが、成功すれば、確実に空気が軽くなりますよ。それにジョークで相手が笑ってくれれば、自分もリラックス出来、会話がしやすい雰囲気に。

ちょっとした笑いがきっかけで、お互いの緊張をほぐすことになり、穏やかに会話が出来るでしょう。いざと言う時に為に、ジョークを何個か準備しておくのもいいですね。

ブラックなものや、後を引きずるようなジョークは止めてください。軽いジョークで十分です。難易度は少し上がりますが、場をなごますために、頑張ってみましょう。

 

いかがでしたか。相手の緊張をほぐすには、自分が落ち着いて、相手の表情や言動を観察することが大切です。その上で、負担がかからない様に、話をたくさん引き出してあげたいですね。

緊張しやすい人は、事前に話のネタを準備したりシュミレーションをしています。ですが、緊張を自分でほぐすことが出来ないので、その話を切り出したとしても、会話として繋げることが出来ません。

だから、そのネタをあなたが緊張をほぐす会話を使って、引き出してください。ゆっくりと無理をさせないように、優しく楽しくがポイントです。そうすれば、徐々に相手から言葉が出てきますよ。

相手が話を自ら切るまで、きちんと最後まで聞いてください。ある程度言葉が出てくればもう大丈夫です。すでに場がなごんでいるので、話もスムーズに進むことでしょう。

まとめ

相手の緊張をほぐして場をなごませるには

・ 相手の得意分野を聞き出す
・ 相手の話を最後まで聞く
・ 結論を言わないようにしよう
・ 相手の良い理解者になろう
・ 軽いジョークを言う


連記事