緊張をほぐす方法を身につけて、面接で成功する5つの術

緊張をほぐす方法を身につけて、面接で成功する5つの術
緊張をほぐす方法を身につけておけばあらゆる場面で活用でき、緊張のせいで思わぬ失敗をしないですよね。面接の間は早く終わってほしいと願うばかり。手のひらに汗をかいて心臓の鼓動が周囲にも聞こえてしまうのではないか不安にもなります。

どんなに練習をしても当日緊張するのは仕方がないことで、失敗できない瞬間のため自分で知らない間にプレッシャーをかけてしまいます。ではどうすれば緊張をほぐす方法を身につけられるのでしょうか。面接に至るまでは書類選考や筆記試験など、高い壁をいくつも残りえているかもしれません。

努力が水の泡にならない為には事前のちょっとしたコツを踏まえておけばよいのです。そこで本日は緊張をほぐす方法を身につけ面接で成功するオススメの術をお伝えします。

 

緊張をほぐす方法を身につけて、
面接で成功する5つの術

 

1分間の瞑想で呼吸を整えましょう

緊張をほぐす方法はすぐその場でできる瞑想が簡単で、心臓の鼓動を抑える効果がありますよね。ドキドキしている音を聞くだけで、さらに焦って緊張感が高まってしまいます。面接が始まる前はイスに座ったままでよいので、目を軽くつぶり深呼吸を1分間繰り返してください。

頭のなかは真っ白にして何も考えず、ゆっくりと呼吸をすることだけを意識してください。腹式呼吸をすると副交感神経が優位になりますので、ドキドキした鼓動がゆっくりになり面接前にリラックス感を与えてくれます。

面接直前まで頭の中で練習していると、実際の緊張感を疑似体験しているようなものです。まずは呼吸を整えてリラックスしてください。

 

面接前にバナナを食べてリラックスしましょう

面接前は不安できっと食欲なんてまったくないのが普通ですよね。空腹感がなくても面接前は脳の働きを活性化するために、少しでも食事をしておいたほうが無難です。

緊張をほぐす方法はバナナを食べることがポイント。バナナに含まれるカリウムは神経の緊張をほぐす働きがあり、胃腸で消化しやすいことも特徴です。家を出る時、もしくは面接に行く途中でバナナを1本食べておきましょう。

果糖は脳の働きを活性化する効果もありますので、面接で難しい質問をされた時にもスラスラ返答できるかもしれません。空腹でフラフラになるような状態では面接で失敗してしまいます。

 

楽しいことを想像して気分を高めましょう

面接が大好き、なんて人は世の中にはそれほどいないですよね。緊張、失敗、不安などネガティブなイメージばかりがありますが、そんな時だからこそプラス思考で楽しむ気持ちが必要なのです。面接で落ちても他を探せばいい、これで人生終わりではないと自分を励ましてみませんか。

そして面接の前は楽しい場面や思い出を考え、幸せな気持ちに浸ってください。面接は失敗できないプレッシャーがあるので、どうしてもいつもの自分らしさがだせなくなっています。恐怖心をを取り除くことと同時に、面接をエンジョイするようなモチベーションで緊張をほぐす方法を行ってみましょう。

 

軽めのストレッチや柔軟体操をしましょう

緊張をほぐす方法は精神的な部分だけでなく、筋肉の緊張をほぐすことも必要ですよね。身体が硬いと動きがぎこちなくなり、血流も悪くなりますから顔色が悪く第一印象で損する場合もあります。

面接会場に行くまで時間に余裕を見て歩いたり、トイレの中で軽くストレッチするなど面接に臨む準備体操をしてください。身体を動かすと気分転換になり、面接前のモヤモヤした気分がスッキリします。

じっと面接を待つ間にイスに座って身動きしない時間を考えると、事前に運動をしておいた方がなにかとメリットにつながるのです。ドキドキし始めたらストレッチをしてほかのことに意識を集中させましょう。

 

面接中はニコニコ顔で終始対応しましょう

緊張をほぐす方法は自分だけでなく周囲に与えるメリットも考えないといけません。いよいよ面接が始まり面接官の表情がとても怖く、思わず声も小さくなってしまいますよね。

その場にいる人すべてが緊張しているシチュエーションでは、自然と表情がこわばってしまいます。大切なのは第一印象で好感を残せる態度を意識しないといけません。

的確な返答が出来なくてもニコニコして前向きな人は、周囲に与える印象が良く人柄が相手にも伝わります。怖い顔をして失敗しないようにプレッシャーをかけている人は、逆に肝心なところで大失敗して緊張をほぐす方法が必要になります。

 

いかがでしたか。緊張をほぐす方法は人それぞれ、その時の気分によって効き目が違うかもしれません。面接で成功するには当日にリラックスできるように事前の練習や準備がなによりも大切です。質疑応答の練習をして、面接会場に入るところから出るところまでシュミレーションをしておきましょう。

緊張する場面はイメージを頭に描いて苦手部分をなくしていくことがポイントです。返答に困るような質問をされた時は、自分の人格や性格が伝わるような返し方をするのもよいでしょう。

面接官は答えの内容よりも、話し方や素振り、臨機応変さをチェックしています。相手が求めるものをしっかり提供できるかどうかが重要なポイントになりますので、まずはリラックスして緊張感をほぐす方法を実践してください。

まとめ

緊張をほぐす方法で面接で成功するには

・ 1分間の瞑想で呼吸を整えましょう
・ 面接前にバナナを食べてリラックスしましょう
・ 楽しいことを想像して気分を高めましょう
・ 軽めのストレッチや柔軟体操をしましょう
・ 面接中はニコニコ顔で終始対応しましょう


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会