仕事は辞めたいと思った時こそ頑張るべき5つの理由

仕事は辞めたいと思った時こそ頑張るべき5つの理由
仕事を辞めたいと思う理由は、いろいろありますが、誰しも1度や2度は真剣に辞めようかなと考えたことがありますよね。理由によっては、甘えていると思われても仕方がないようなものもありますが、周囲から「頑張って」と背中を押してもらえるような発展的な理由もあります。

仕事を辞めたい理由の多くは、給料が安い、人間関係、やりたい部署で働けないなどです。残業が多いとか、休日に呼び出されてしまって、自分の時間が持てないなどの場合もあるでしょう。

でも、仕事を辞めたいという理由がこの内容なら、転職した会社も同じ様に思う可能性が高いですよ。一長一短、全てが自分の理想通りの会社なんて、まずありません。

だからこそ、今の仕事を辞めたいと実行に移す前に、もう一度、考えてみませんか。そこで今日は、仕事は辞めていと思った時こそ、頑張ってみるべきだという5つの理由をお伝えします。

 

仕事は辞めたいと思った時こそ
頑張るべき5つの理由

 

頑張るべき理由その1・自分で選んだ会社だという意識の不足

就職難だから、希望の会社に入れなかったという理由は人生の言い訳にしかなりません。何社受けても不採用で、やっと決まった仕事という人も多いのではないでしょうか。

もちろん、希望の会社に入ったとしても、やりたい部署に配置されないケースが多いのです。しかしある程度、覚悟して入社していますよね。

それなら、自分が選んで入ったのですから、仕事を辞めたいと思った時に、もうひと踏ん張りして欲しいのです。3ヶ月でも半年でも期間を決めて、頑張ってみてください。

必ず、成果を上げるつもりで頑張れば、もし辞めると決断した場合にも、頑張ってくれていたのに残念だと、上司や先輩から思ってもらえるでしょう。

もちろん、頑張って実績が上がると楽しくなってくるので、仕事を辞めたいという気持ちが無くなってしまいます。辞めようと思ったら、なぜこの会社に入ったのか、そして自分が入ることを決めた会社だということをもう一度思い出して、仕事に打ち込んでみてください。

 

頑張るべき理由その2・家族の為

あなたが仕事を辞めたいと言ったら、家族はどんな反応をするでしょう。多分、喜んでくれる人は少ないはずです。大企業で安心出来るような会社に転職が決まっているのであれば別ですが、難しいですよね。

今の仕事を辞めるという事は、収入が無くなるだけではなく、職がなくなるということです。多感な時期のお子さんがいれば、親が無職なんて恥ずかしいとか、ローンがある人の場合は、今後の支払いのことなど、仕事をしないということは、家族に不安を与えてしまいます。

だからこそ、後少し、仕事を頑張りましょう。自分の為では無く、家族の為にです。頑張って、それでもダメなら行動に移せばいいのです。大切な家族の為に、再度、奮起してみてください。

 

頑張るべき理由3・会社の状況を分かっている人に相談していない

仕事を辞めたいと思っていることを、会社の上司や先輩に相談するのは、気が引けるような感じがしますが、ぜひ、相談してください。

入社する時に、希望の職種や部署を書く欄があっても、そこにいきなり配属になる人は少ないです。他の部署で様々な経験を積んでから、希望の部署にという会社もあります。

入社時の希望なんて、働いていれば、忘れられてしまうこともあるはずです。もちろん、会社によっては、希望シートを毎年出すところもありますが、それが受け入れられるかはあなた次第なんですよ。

上司や先輩に、仕事の悩みや辞めたいと思っていることを話せば、今後のあなたの頑張り次第で、それが叶うように導いてくれるでしょう。普段、あなたを見ている人たちだからこそ、辞めて欲しくない人と認識されれば、きっと後押ししてくれます。

 

頑張るべき理由その4・無収入の恐さを認識していない

今、あなたが仕事を辞めたとして、すぐ仕事が見つからなければその間、お給料がありません。仕事を辞めたいと思っているのであれば、お給料が無い期間をある程度想定しておいてください。

失業保険給付開始までは、書類がすぐ整っても3ヶ月以上はかかります。そして、離職してから仕事を探し始めた場合、まず確実にお給料が下がりますよ。

それを考えたら、今の会社でもう少し、頑張ってみようかなと思いませんか。もちろん、仕事が今より出来るように頑張っておくべきです。お給料がアップする可能性もありますし、実績を残せば、転職にも有利に働きます。

資格を取得しておくのもおすすめです。お給料がアップして、仕事も認められれば、周囲からも信頼されて、会社での居心地が良くなるでしょう。仕事を辞めたいなんて考えていたことすら、忘れてしまうかもしれませんね。

 

頑張るべき理由その5・公私ともに充実していない

ただ何となく、仕事を辞めたいと思っているあなた。プライベートも仕事でも充実感を得られていないのではないでしょうか。人間、楽しみがないと頑張れません。仕事が楽しくないのであれば、趣味を見つけてください。

映画鑑賞、スポーツ、料理など、何でもいいのです。あなたが楽しいと感じたり、没頭できるものを選んでくださいね。出来れば継続的に出費があるものがおすすめです。

趣味にお金がかかるから仕事を頑張る。別にそれでいいのです。楽しく過ごせる時間を楽しみに仕事をすれば、もっと頑張れますよ。

自分の時間を少しでも多く作りたくて、効率よく仕事が出来るようになってきます。仕事が辞めたいと思った時こそ、楽しいことを見つけて、それを励みに頑張りましょう。

 

いかがでしょう、仕事を辞めたいと思っても、年々、辞められなくなるものです。自分が辞めた後、残ったみんなは大丈夫かなとか、仕事が見つかるかななど、辞めることによって心配事が増えてしまいます。

転職出来たとしても、今より働きやすいとは限りませんよね。それに会社を辞めて新しい仕事を探すのは、それなりにエネルギーが必要です。

だったら、今の会社で、もっと頑張って周囲の人に信頼してもらえる人になり、認めてもらう方が簡単なのです。会社にとって、本当に必要な人になりましょう。

そうすれば、あなたの意見も聞き入れてもらいやすくなり、確実に働きやすくなるでしょう。もちろん、その為には、今までと同じ働き方ではダメですよ。

少しでも効率良く、仕事が出来るように考えながら働いてください。仕事を辞めたいと思った時こそ、現状をきちんと分析して、職場を働きやすい環境に整えるチャンスなのです。あとひと踏ん張りしてみましょう。

まとめ

仕事は辞めたいと思った時に考えることとは

・ 自分で選んだ会社だという意識の不足
・ 家族の為にがんばるということ
・ 会社の状況を分かっている人に相談してみる
・ 無収入の恐さを認識する
・ 公私ともに充実させる


連記事
やる気仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会