緊張をほぐすコツを知って、面接で好印象を与える5つの方法

緊張をほぐすコツを知って、面接で好印象を与える5つの方法
面接を受けるときは、誰でも緊張をほぐすコツを知って面接を乗り切りたいものですよね。そして、面接を乗り切るだけでなく、面接官に好印象を与えることまでできたら万々歳です。緊張をほぐすコツは色々ありますが、極度の緊張しいの方は巷に出回っているコツではなかなか緊張はほぐせないかもしれません。

また、これまでに経験したなかでは有効だった緊張をほぐすコツも、面接という難関には通用しないかもと心配をしている方もいるのでは?面接の緊張と授業中に手をあげて発表するときの緊張では月とすっぽん、授業中に発表する緊張をほぐせる程度のコツで面接に臨むのは心もとないでしょう。

ということで、今回は面接を前に緊張したり不安を抱えている方のために、緊張をほぐすコツを知って面接で好印象を与える方法をお伝えします。

 

緊張をほぐすコツを知って、
面接で好印象を与える5つの方法

 

深呼吸で交感神経をしずめること

緊張をほぐすコツの一つ目は深呼吸です。深呼吸をすることで緊張で興奮した交感神経をしずめることができます。

深呼吸によって緊張感はもちろん、表情や全身のこわばり、汗、顔面蒼白や赤面、震え、動悸息切れも和らげることができるので、面接で面接官に極度に緊張していることを見抜かれにくくなりますよ。

深呼吸をするときには、外からの刺激を遮断するため目を閉じてください。体から力を抜きゆっくりと息を吸い込み吐きます。胸のドキドキや息苦しさがなくなるまで深呼吸を繰り返しましょう。

 

体を軽く動かすこと

緊張をほぐすコツの二つ目は体を軽く動かすことです。面接が始まる前、トイレや控室で体を軽く動かしてみましょう。その場足踏みや肩の上げ下ろし、腕や肩をぐるぐる回したり首を回すのがおすすめです。

緊張による筋肉のこわばりを和らげることができますよ。また、緊張で呼吸が浅く速くなっているときには、体を軽く動かしあえて呼吸のペースを乱すことで、緊張による呼吸の乱れを打ち消すことができます。体を動かした後で呼吸が浅く速くなるのは日常生活でもよくあることですよね。

面接前に体を動かし呼吸のペースを乱してしまえば、緊張ではなく体を動かしたから呼吸が速くなったのだと自分自身をだますことができるので、運動から時間をおけば切れた息も自然と元に戻ります。面接室に入るときにはいつも通りの呼吸で、余裕をもって面接官の前に立つことができますよ。

 

鏡の前で笑顔を作ってみること

面接官に好印象を与える表情は笑顔です。また、笑顔には自分自身の緊張をほぐす効果もあります。ということで、緊張をほぐすコツの三つめは笑顔を作ること!面接が始まる前にトイレの鏡や手鏡に向かって笑顔を作ってみましょう。

自分が一番格好良く・かわいく見える笑顔を研究してみてくださいね。手鏡に向かって一人にこにこ、にやにやしていたら周りの就活生からは多少気持ち悪がられるかもしれませんが、他の就活生にどう見られようがこの際関係なし!

自分の緊張をほぐすことと面接官に好印象を与えることが最優先事項です。面接前は周りの目など気にせず、自分の笑顔で緊張をほぐしましょう。

 

両手で頬をはさむこと

緊張をほぐすコツの四つ目は両手の手のひらで自分の頬をはさむことです。特に緊張で顔が赤くなっていたり、汗が止まらない、頬やまぶたが痙攣するという極度の緊張に見舞われたときにおすすめのコツです。

緊張したときは顔は熱くなります。反対に、手足は冷たくなります。冷たい手で熱くなった頬を触れば、顔の熱や赤みをとることができますし、自分の顔や体に触れることで安心感を覚えるので緊張をほぐすことができますよ。

緊張による赤みをとることができたら、面接官への印象もよくなります。頬をはさむだけでなく両手で顔を覆ったり、額に手をやるのも緊張をほぐすのにおすすめです。

 

手のひらに「人」と書いて飲み込むこと

緊張をほぐすコツの五つ目は手のひらに「人」と書いて飲み込むことです。これは、「人」を飲み込むという動作そのものではなく、面接前に決まった儀式をすることで面接へのスイッチを入れることができる、本番前にいくら緊張していても儀式をすることで緊張を仕切り直して本番に臨むことができるという効果があります。

特に、この儀式を行った面接で一度成功してしまえば、次からは儀式と成功体験がセットになってあなたの緊張をほぐしてくれるはずです。これから次々と面接を受けなければいけないというときには、あえて儀式や習慣を作ってみてください。

手のひらの「人」を飲み込むでもよいですし、決まった口紅をつける、自分に決まった言葉を言い聞かせる、面接前に好きな音楽を聞くのもよいでしょう。一つ儀式を決めたら、次からの面接でも同じ儀式を繰り返します。

こうすることで、あなたの中で面接前から本番までのル―ティーンができ、自分で自分の緊張をコントロールしやすくなりますよ。ただ、面接で大失敗をしたときには、それまでの儀式は失敗体験と一緒に捨てて、また新しい儀式で気持ちを仕切り直しましょう。

 

いかがでしたか。以上が緊張をほぐすコツを知って面接で好印象を与える5つの方法でした。緊張をほぐすために、面接前は深呼吸をしたり体を軽く動かしてみましょう。筋肉や表情のこわばりをとることができ、緊張を程よくほぐすことができます。面接官にも「気持ちに余裕がある」という好印象を与えることができますよ。

また、顔が赤くなる、汗がとまらない、頬がひきつるというときには両手で頬をはさんで顔を冷やします。赤みや汗がおさまったら、鏡の前で笑顔を作ってみましょう。緊張をほぐすコツは、自分の緊張をうまくコントロールすることです。

面接前に決まった儀式を行うことで緊張をコントロールして過度な緊張をほぐすことができますよ。自分の気持ちを落ち着かせ集中力を高めることができる儀式を作りましょう。

まとめ

緊張をほぐすコツを知って面接で好印象を与えるためには

・ 深呼吸で交感神経をしずめること
・ 体を軽く動かすこと
・ 鏡の前で笑顔を作ってみること
・ 両手で頬をはさむこと
・ 手のひらに「人」と書いて飲み込むこと


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会