モテない男にならないための会話と5つのエチケット

モテない男にならないための会話と5つのエチケット
モテない男にならないためには一体何をすればいいのか、、、難しいですよね。モテない男にならないためには、身だしなみを整えたり腹筋を割ったり、食事やタクシー代をさっとおごってあげるという努力・気遣いももちろん大切ですが、それよりも大切なことは会話術!

女性にモテるのはイケメンでもマッチョでもお金持ちでもなく、会話がおもしろい・おしゃべりで女性を楽しませることができる男性です。だって、いくら外見が整っていても、会話が楽しくなかったり口を開けば気に障ることばかり言ってくる男性では、デートの最中ずっと不快な思いをすることになりますものね。

これでは、最初のデートはあっても、二回目三回目のデートはなしです。ということで、今回はモテない男にならないための会話とエチケットをお伝えします。

 

モテない男にならないための
会話と5つのエチケット

 

女性を質問攻めにしないこと

女性はおしゃべりは好きですし、自分語りも好きですが、男性から質問攻めされるのは苦手、警察の尋問のごとく男性から質問攻めにされると警戒心を持ってしまいます。

女性に対して、「君の話を聞いているよ」「君に興味があるよ」というアピール、あるいはアピールではなく、本心から好きな女性のことをもっとよく知りたいから質問攻めにしてしまうという男性の方、その質問攻めはちょっと我慢してくださいね。

質問をして相手から答えを聞き出すのではなく、女性自身が好きなように話し出せるよう会話をコントロールしていくのがモテる男性の極意です。

 

女性の弱みや矛盾をつかないこと

女性の話には、基本的に論理や起承転結はありません。論理よりも感情が優先ですし、起承転結やオチをつけることよりも自分がしゃべりたいことをしゃべり尽くすことが優先です。なので、女性の話は男性の耳にはしばしば矛盾だらけ、穴だらけに聞こえてしまうでしょう。

男性としては、親切心で、あるいはつじつまの合わない気持ち悪さから、この矛盾を指摘したり間違いを正してあげたいという気持ちに駆られてしまいがちですがここはぐっと我慢、女性の矛盾や論理の破たんは見逃してあげてこそ男性の器の大きさというものです。

モテない男性の方、相手の矛盾や弱みをいちいちつかないように気を付けてくださいね。女性は気持ちよくしゃべっている途中で話を止められるのは嫌いですし、矛盾点を指摘されるのはさらに大嫌いです。

 

ダメ出しをしないこと

好きな子があなたから見たらとるにたりないことで悩んでいる、明らかに彼女に落ち度があるのに「上司に逆ギレされた」と憤慨している、あるいはあなたの目に彼女は欠点ばかりというとき、つい「こうしちゃだめだよ」「こうしなきゃだめだよ」と彼女にダメ出しを出したくなりますよね。

また、悩みを相談されたら「こうした方がいいよ」とアドバイスの一つもしてあげたくなります。しかし、これこそがモテない男のモテない所以!女性にダメ出しをしてはいけません。悩みを相談されたときにはダメ出しはもちろん、アドバイスをするのもちょっと待って!アドバイスの前にやるべきことがあります。

それは「共感すること」、「うんうん、よくわかる」「大変だったんだね」「君のいう通りだよ」このようなセリフを10回繰り返した後でようやくアドバイスを1つする、これが悩み相談されたときの正しい対応です。

 

昔の武勇伝を語らないこと

女性の話を聞いてあげた後は、やっと男性のターン、自分の魅力や長所をアピールするタイムです。聞き役で包容力のある男性を演じた後ですから、今度は包容力とは反対にやんちゃで子供っぽい自分を見せること。

「そこもまたすてき」「ギャップが魅力」と女性に思わせることができるかどうかが男性の腕の見せ所ではありますが、ここで一つ注意点があります。

それは昔の武勇伝を語らないこと!喧嘩が強かった、昔はやんちゃだった、女を泣かせていたなど、男性同士の間では「お前、すげえな」とほめてもらえたり一目置かれるエピソードも女性の心には響きません。むしろ、ドン引きされるのがオチです。

お酒が入ってちょっといい気分、こんなときには自分語りをしたり、ちょっと盛ったエピソードを披露したくなりますがここはちょっと我慢!聞き役に徹して稼いだポイントが無駄になってしまいますよ。

 

会話にかこつけて一気に距離を縮めたりボディタッチをしないこと

モテる男性は下心を女性に露骨に見せません。モテない男はそのあたりが下手、女性がちょっと隙を見せると、すぐに調子に乗ってしまいます。でも、女性は口では「○○君かっこいい」なんて言っていても、内心ではまだ男性を値踏みしています。

女性は男性ほど一目ぼれをしないですし、男性の小さな優しさや気遣いだけで好きになってしまうことも少ないです。値踏みしている最中の男性が露骨に下心を見せてきたり、ちっとも心を許していないのにいきなりパーソナルスペースに入ってこようとしてきたら、その時点で女性の男性に対する好意や信頼は消えてしまいます。

モテない男にならないためには、男性と女性では好きになったり相手に対して気を許すタイミングが違うことを理解すること!あなたは一目で好きになっちゃったとしても、女性の方はまだまだ、あなたを好きになってはいません。

 

いかがでしたか。以上がモテない男にならないための会話と5つのエチケットでした。モテるためには女性の心をがちっとつかむとっておきのテクニックが必要ですが、モテない男にならないためにはとっておきのテクニックは不要、それよりも女性に「大嫌い」と言われないためのエチケットを身につけましょう。

「大嫌い」とまで言われるのは、あなたが致命的なミスをしたときだけですから、モテない男にならないためにはその致命的なミスをしなければよいのです。会話の聞き役になるときには女性を質問攻めにしない、弱みや矛盾をつかない、ダメ出しをしないように気を付けましょう。

自分が話し手になるときは、見え透いた嘘や盛りに盛った昔の武勇伝は語りません。また、会話の最中で女性との距離を一気に縮めようとしたり、ボディタッチをして相手に嫌われるということのないように、しっかり理性を保ちましょう。

まとめ

モテない男にならないためには

・ 女性を質問攻めにしないこと
・ 女性の弱みや矛盾をつかないこと
・ ダメ出しをしないこと
・ 昔の武勇伝を語らないこと
・ 会話にかこつけて一気に距離を縮めたりボディタッチをしないこと


連記事