集団面接のマナーを知って、合格を勝ち取る5つの方法

集団面接のマナーを知って、合格を勝ち取る5つの方法
個別面接時のマナーよりも集団面接のマナーの方が神経を使いますよね。合格するには一緒に面接を受ける人達に勝たなくてはいけないので、思わずライバル心が出てしまたり、落ち着いて自信満々な人が面接で一緒だと不安を感じて、マナーが疎かになってしまうこともあるでしょう。

確かに質問に対しての返答も大事ですが、集団面接ならではのマナーというのもあり、それを意識しないと他の応募者が有利になってしまうので、個別面接との違いときちんと知っておくことが合格するためには必要です。

特に年齢や性別が同じだと、小さなマナー違反でも試験官の目に付いてしまうので注意してくださいね。そこで今日は、集団面接のマナーを知ることで確実に合格を手にする方法をお伝えします。

身だしなみを整える

第一印象というのはとても大切で、少しでも印象が悪いとその後の言動に悪影響を及ぼしてしまうため、身だしなみを整えるのは当然ですよね。集団面接のマナーとしてでなく、どんな場合でも清潔感は重視し服装は受ける会社や試験に合わせるようにしてください。

就職の場合はシンプルな腕時計を付け、鞄は必ずビジネス用のものを選びましょう。スマホを時計代わりに使用している人も多いのですが、腕時計を付けていると時間を意識して動いている印象が強くなるのでおすすめです。

そして気を付けたいのが洋服のシワ。シャツやスーツなどはクリーニングに出すかアイロンをきちんとかけておいてくださいね。靴が汚れているのもNGです。一緒に面接を受ける人達が身だしなみの比較対象になるということを意識しましょう。

 

キレイな姿勢を維持する

集団面接のマナーなので姿勢のことは関係ないのではという人もいるかもしれませんが、合格するには大切なマナーなのです。子供の頃、学校で姿勢を正しましょうと言われていましたよね。それだけ大人になっても大切なことだということでしょう。

実は身だしなみだけでなく姿勢も「見た目」というカテゴリーに入るため、採用に大きな影響を与えます。特に着席する際と面接の終了が告げられた後に姿勢が崩れやすいので注意してください。

集団面接のマナーとして、背もたれより少し手前に腰掛け姿勢を正すことはもちろん、足は垂直に下し椅子の前後左右に出さないようにしましょう。

歩行の姿勢が良い人は着席した後もキレイな姿勢を維持出来るという実験結果もある為、面接会場に入室して退出するまでの時間はキレイな姿勢を保てるように練習しておいてください。

 

入室の順番や入室後の動きを確認をする

集団面接だと入室や退室をみんな一緒に行います。集団面接のマナーとして先頭でも最後尾であったとしても他のライバルの行動を妨げることがないように気を付けたいですね。

先頭で入室する場合は、ドアを3回ノックし入室の許可を告げられたらドアを気持ち大き目に開け、ドアノブを持ったまま「失礼致します」と挨拶を言った後にお辞儀をしてください。言いながらお辞儀をするのは面接ではNGですよ。

そして次の人が入室する際にドアノブを渡し、椅子の横まで移動してから全員が入室し終わるまで待ちます。2番目以降に入室する際は、渡されたドアノブを持ちながら挨拶の後お辞儀をし、次の人にドアノブを渡してから移動しましょう。

最後尾の人は入室後にドアを閉めてから挨拶とお辞儀をして移動してください。集団面接のマナーとして、当日にどの位置になっても大丈夫なようにしておきましょう。

 

退室の仕方を確認する

入室と同じで退出も全員で行うので、予め動きを確認しておくことが集団面接のマナーです。面接の終了を告げられえたら椅子の横に立ち、「ありがとうございました」と挨拶した後にお辞儀をしてください。

退出の順番はドアに近い方からというのが一般的なので、近くに座っている場合は率先してドアに向かいましょう。誰から退出するのかと躊躇っていると、面接官への印象が悪くなってしまうので気を付けてくださいね。

列を乱さない様にドアの方へ移動し、先頭の場合は「ありがとうございました」又は「失礼致します」と挨拶した後にドアを開け、ドアノブを持ったままお辞儀をして次の人にドアノブを渡し移動します。最後尾の人は、お辞儀をした後に両手で静かにドアをしめるのが集団面接のマナーです。

 

他の人の話をしっかりと聞く

ライバルに勝たなくては合格出来ないという気持ちは分かりますが、集団面接のマナーとして他の人の意見を否定したり、ほとんど聞いていないということがあってはいけません。

集団面接をする理由の中にコミュニケーション能力や協調性を確認するという目的があり、人の意見を聞かないというマナー違反を犯してしまうとどんなに素晴らしい能力があったとしても合格することは難しいでしょう。

特に他の人の意見を聞いている態度は試験官にしっかりと見られているだけでなく、その意見に対してどう思うかなどの質問を受けることがあるので、集団面接のマナーを守り、あなたの意見をしっかり発言してください。

聞く際は、話している人の方を軽く向き、適度に軽くうなずくようにすると良いですね。人の話はきちんと聞くという基本的なマナーを守りましょう。

 

このように合格するには事前の準備も大切ですが、集団面接のマナーを知っておくことで緊張を最小限に抑え、あなたの考えを面接官にきちんと伝えることが可能になります。

身だしなみや姿勢などの比較を集団面接の場合はその場で確認できるので、個人面接よりも事前に確認しておいた方が良いことが多くあり、それを怠るとすぐ対応出来ず、印象が悪くなるだけでなく緊張感が急増してしまい落ち着いて面接を受けることが難しくなってしまうので必ず確認しておきましょう。

そして会場に着いた後の身だしなみチェックの際、靴が砂埃や雨の泥はねで汚れて困ることがあります。足元の汚れは、並んで座っていると目立つのでウェットティッシュを持っておくと安心ですよ。集団面接のマナーやリスクを知って、事前に対策をしておけば必ず合格を勝ち取ることが出来るでしょう。

まとめ

知っておきたい集団面接のマナーとは

・ 身だしなみを整える
・ キレイな姿勢を維持する
・ 入室の順番や入室後の動きを確認をする
・ 退室の仕方を確認する
・ 他の人の話をしっかりと聞く


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会