嫉妬しない方法を使って恋愛を前向きに発展させる5つの技

嫉妬しない方法を使って恋愛を前向きに発展させる5つの技
嫉妬しない方法を身につけて、嫉妬という負の感情を抑制すると人生がずっと楽しくなりますよね。とはいえ、嫉妬心は人生のどこかで必ず感じてしまうもの、相手と競争しているのなら大きなモチベーションとして役立ちますが、そうでない場合は負の感情となって、自分の人生だけでなく、他人との関係にも悪影響を与えてしまいますよね。

特に恋愛をしていると、嫉妬という感情とは付き合わざるを得ない事でしょう。パートナーの行動に嫉妬し、その感情を抱えたままでいると、恨み、敗北感、無力感など様々な負の感情に苦しんでしまう事も多々あるはずです。

そういった感情を溜め込んでいると、パートナーにぶつけてしまったりして、関係が破綻する原因となってしまいます。でも、少し考え方を変えるだけで、嫉妬しない方法は実践できるんです。

そこで今日は、嫉妬しない方法や、恋愛を前向きに発展させる術についてお伝えします。ではご覧ください。

 

嫉妬しない方法を使って
恋愛を前向きに発展させる5つの技

 

自分の価値は自分で決めよう

嫉妬とは他者の行動によって影響を受ける感情。つまり、他者に影響されない自立した人間になることが嫉妬しない方法。

他者に影響されるということは、他者の評価で自分の価値を左右されてしまうことが原因。他者が自分以外の人に好意的な態度をとっていると嫉妬という感情が湧いてきますよね。

自分の価値は自分で決めるようにすれば、他者の行動によって自分の感情は左右されなくなります。そのためには、自分に自信を持つようにすることが一番です。

前向きで自立した人間になれば、嫉妬しない方法を体感できます。どんな決断や発言も自分の意思を持って、他人に委ねないことも自立への近道。

自立という意識を習慣にして、嫉妬しない方法を実践しましょう。相手に過度に依存しない前向きな恋愛ができますよ。

 

ネガティブな思い込みはやめよう

日頃からネガティブな思い込みをしていると、引き付けの法則で実際にネガティブな妄想が実現してしまう可能性がアップしてしまいます。

これが嫉妬の場合だと、パートナーの些細な行動でもネガティブな妄想と結びつけてオーバーにとらえてしまうので、嫉妬してしまう可能性がアップしてしまうのです。

また、パートナーがネガティブな妄想通りの行動を取ったときには「ほら、やっぱり」と、嫉妬の感情が倍になってしまうので要注意。その感情は”怒り”という攻撃的なものになってしまう恐れもあります。

嫉妬しない方法はポジティブ思考を心がけること。そうすれば、些細なことは気にしなくなるので、恋愛を前向きに発展させることができますよ。

 

嫉妬をしても前を向こう

嫉妬はどうしてもしてしまうものです。相手への愛情が大きければ大きいほど避けられのは仕方のないこと。問題なのは、そこから自己嫌悪に陥ってしまうこと。それをきっかけとして傷ついたり、恨んだり、惨めな気分になることが嫉妬という負の感情。

嫉妬はしても構いませんが、自分を責めたりして嫉妬という感情を引きづらないようにしましょう。自分の中に嫉妬という負の感情が芽生えるのを感じたら、すぐに意識を外に向けて前を向くようにするのです。

嫉妬しない方法は、癌治療と似ていて、癌細胞が転移してしまう前に、すぐに負の感情を消し去るという治療をすることがポイント。嫉妬は自分の中で抱えている時間が長いほど感情のコントロールが難しくなってしまうので気をつけましょう。

 

パートーナーとは積極的にコミュニケーションを取ろう!

嫉妬という感情は相手への不信感が原因でもあります。パートナーを信用できないでいると、些細な行動でもネガティブな妄想をしてしまうので、パートナーを信用してあげることが嫉妬しない方法で一番大切なことです。

パートナーを信用するためには、積極的なコミュニケーションが一番の近道です。明るい部分だけでなく、お互いの中に抱える不安や不信感など、暗くなってしまいそうな話題も全て話し合うことが大切。

全てを打ち明けないで自分の中に溜め込んでしまうと、それが不信感へとつながり、嫉妬という負の感情を呼んでしまいますよ。

 

競争心を捨ててみよう

嫉妬は「敗北感」とも言えます。パートナーの行動に嫉妬してしまうときは「何で私には○○なのに…」と、自分と比較してしまいますよね。

そこで生まれた敗北感がきっかけとなって、無力感、恨みなどにつながり、嫉妬という感情が芽生えてしまいます。

つまり、競争心を捨てて、他人との勝敗にこだわらない自立した人間になることが嫉妬しない方法といえます。人生は自分もの。他人との勝敗で自分の感情を左右されないようにしましょう。

 

いかがでしょう、嫉妬しない方法は気持ちの持ち方、考え方に一工夫するだけで簡単に実践できるんです。パートナーに嫉妬してしまう時点で、そこには不信感がある証拠。

まず、パートナーを信用してあげましょう。難しいなぁと思ったら、コミュニケーションを取ってみましょう。それでも嫉妬してしまうようであれば、他人に依存しているかもしれません。自分の価値は自分で決めて、自立心ということを意識してみましょう。

嫉妬という負の感情を持ったままでいると、恋愛関係だけでなく、他の人間関係にも負の影響を与えてしまう恐れがあるので大変危険です。嫉妬しない方法を実践して、負の感情に負けないで、ポジティブな恋愛、人生を送りましょう!

まとめ

嫉妬しないように恋愛をするには

・ 自分の価値は自分で決めよう
・ ネガティブな思い込みはやめよう
・ 嫉妬をしても前を向こう
・ パートーナーとは積極的にコミュニケーションを取ろう!
・ 競争心を捨ててみよう


連記事
嫉妬恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会