つまらない男と思われない為に、たしなんでおく5つの趣味

つまらない男と思われない為に、たしなんでおく5つの趣味。
好きな女性の笑顔は最高の癒しである、そう考える男性も多いですよね。しかし、ある日出会った素敵な女性に「この人ってなんか物足りないな・・・」とつまらない男と思われてしまったら・・・

いやいやそんな想像はしたくありませんが、もしそう思われてしまったらせっかくの素敵な笑顔も、手の平からスルリと逃げていってしまうことになります。

一度、つまらない男と思われてしまった印象を覆すのはとても難しいことです。それならば手の平からスルリと逃げる可能性を少しでも減らすようにしたいと考えるのは当然です。

つまり物足りない男と思わせない、男性として、ひいては人間としての魅力を養うのが一番確かな方法なんじゃないでしょうか。ここではそういった魅力的な男性になるために、そしてつまらない男と思われないためにたしなんでおく5つの趣味をお伝えします。

 

つまらない男と思われない為に、
たしなんでおく5つの趣味

 

感性を養う趣味で好奇心を刺激する

感性豊かな人から聞く話は面白い、そう思ったことはありませんか?例えば、映画の感想を聞いた時に「めっちゃ面白かった!」と答える人よりは、「世界観に没頭できたし、主人公と敵の複雑な関係がまた切なくもかっこよかった」というような、ある程度具体的な感想を熱く語ってくれたほうが興味が湧きますよね。

この両者の違いは、対象(人や物や作品)から感じ取る印象を知覚し、自分なりに解釈できているかどうかの違いであり、これこそが感性が豊かであるかどうかの違いなのです。

この感性を磨くには、趣味の中で人や物や作品に多く接し、この人はどういう人なのか、この作品にはどういう意味があるのかと考えることが重要になってきます。

映画鑑賞や絵画鑑賞、音楽鑑賞など多くの作品や物に触れる趣味を持っていれば自然とそういうった感性は磨かれ、相手の好奇心を刺激し引き付けるような面白い話ができるようになるのです。

 

体を動かす趣味で見た目と感情に訴える

つまらない男と思われてしまう原因は、もちろん話の内容だけにあるのではありません。体系やパッと見の雰囲気で冴えないという印象を与えてしまっては、話しすら聞いてもらえないかもしれませんよね。

体を動かす趣味を持つことによって普段から体系を維持することができますし、家の外に出ることで発見できるものもたくさんあります。

私の知人に自転車でのツーリングが趣味の男性がいるのですが、彼は一日で長い長い距離を走ったりするそうで、車でも旅行になるような距離を自転車で走破しています。

その旅の話はなかなか聞きごたえがありいつも楽しみに聞いてしまうのです。長い長い山道を必死で登り、頂上に着いた瞬間の解放感とそのあとの下り坂を駆け抜ける喜び、そのあと到着した宿場町の風景や、そこで出会った人々との交流。

そしてお土産のおまんじゅう。私は自転車でツーリングに行ったことはありませんが、彼の話を聞くたびにツーリングできるような自転車が欲しくなってしまいます。絞り込んだ体で、そんな体験談や体を動かす喜びを熱く語れれば、つまらない男と思われることはあまりなくなるでしょう。

 

世間を知る趣味で多角的な物の見方をする

偏って凝り固まった思考の人間の話し相手をするのはつまらない、と思うのは誰だって同じではないでしょうか。そういった人と相手をするのは自分の意見を否定されるような感覚に陥ってしまいなかなかに辛いものがあります。

つまらない男と思われないためにも、多角的な物の見方は常に身に着けておく必要があります。多角的な物の見方とはすなわち、多くの価値観を知っていてそれぞれの立場に立った思考ができるということです。

多くの価値観を知るにはやはり多くの情報や価値観に触れるのが一番の近道であり、新聞、雑誌、TV、インターネットなどの各メディアには常にアンテナを張っておく必要があります。

こういったメディアでは時事ネタについて多くの記者、ライター、役者や芸人、そして一般人が発言しており、膨大な価値観を見ることができます。

普段からこれらのメディアを趣味の一つとしてチェックし、多くの価値観に触れておくことで相手の立場に立った考え方もできるようになり、柔軟な思考の人という印象を持ってもらうことができるようになるでしょう。

 

知識を蓄える趣味で奥深い人間に

これに関してはあまり説明の必要はないかもしれません。知識豊富な人はそれだけ引き出しが多く、何を聞いても的確な答えが帰って来る男性に安心感を感じる女性も多いのではないでしょうか。

逆に何を聞いても的外れな答えばかり帰ってくる人こそ、つまらない男と思われても仕方ないですよね。知識を貯めこむにはやはり読書をはじめとする文章を読むことでしょう。

文章で脳にインプットした場合、情報を目で見ているので、耳で聞いただけの情報よりも覚えやすく脳に刻み込まれやすいのです。

周りにいる物知りな人は大抵読書を趣味にしていたりしないでしょうか。なんでもよく知ってるなと思う人に出会ったら、ぜひ趣味について聞いてみてください。

 

意外な趣味でギャップを演出

ここまでつまらない男と思われない為にということで順当な趣味に言及してきましたが、逆にギャップで勝負するというのは一つの切り札になりえます。

例えばおしとやかでおとなしそうな女性が休日にフットサルをやっていたらどうでしょう。普段出さない大声を出して、髪を束ねて、汗をぬぐいながらボールを追っていたら結構ドキッとすると思いませんか?

男性ももちろん同じです。普段細かいことなど一切しない人が、料理に関してだけすごく繊細な腕前を発揮したらどうでしょうか。

テーブルに並んだ彩りの鮮やかな料理のお皿を見て女性は何を思うのかは想像に難くありません。当然つまらない男と思われるなんてことはないですよね。

 

いかがでしたか。ここまで感性、運動、情報、知識、そしてギャップという5つの切り口から、つまらない男と思われないためにたしなんでおく趣味を紹介してきました。

総じて言えるのは、どれも特別なものではなく大抵の人が普段からやっていることを少しだけ掘り下げれば趣味として成立してしまうことばかりです。

なんとなく見ていた映画、移動手段だと思っていた自転車、暇な時間に手に取っただけだった雑誌、職場にあるけど手に取ったことのない本棚の本、そして毎日食べているであろう料理。

そんな日常的なものを趣味とすることができれば、いままで手の平からこぼれ落ちていたかもしれない素敵な女性の笑顔を手に入れ、より魅力的な人生を歩むことができるでしょう。そしてそのためのカケラはすぐに手の届くところにありますよ。

まとめ

つまらない男と思われないための5つの切り口

・ 感性を養う趣味で好奇心を刺激する
・ 体を動かす趣味で見た目と感情に訴える
・ 世間を知る趣味で多角的な物の見方をする
・ 知識を蓄える趣味で奥深い人間に
・ 意外な趣味でギャップを演出


連記事
片思い恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会