潜在意識を開花して幸運を引き寄せるためのエクササイズ

潜在意識を開花して幸運を引き寄せるためのエクササイズ
私たちの頭の中にはいくつかの意識の層が重なるようにできていて、日常的に存在を感知できる意識を顕在意識、その下にある見えている部分よりもずっと大きく深い意識の層を潜在意識と呼んでいます。

例えるなら、海に浮かんでいる氷山を思い浮かべるとわかりやすいのですが、海面より上に出ている部分が顕在意識で、水中に隠れているはるかに大きい部分が潜在意識です。

この潜在意識は、通常、自分では見えないほど深いところにあるため、その存在を感じることはできませんが、実は、私たちの行動や考え方に大きな影響を及ぼしています。

自分では意識しているつもりはないのに、何気なくしてしまう癖や自然と出てくる思考にふと気が付いたり驚いたりした経験はないでしょうか。そうした行動や思考は、潜在意識によって形作られたものなのです。

潜在意識に、なりたい自分をインプットさせることができれば、私たちはその通りになることができます。収入を倍にする、ステキな恋人を見つける、この上ない健康を手に入れるなど、潜在意識を開花させればなんでも叶えられます。

そこで今回は、潜在意識を開花させるために日常生活で取り入れたいエクササイズについてお伝えします。

 

 

潜在意識を開花して幸運を引き寄せるためのエクササイズ

 

自分を大切にして快感を得よう

世間の常識ばかりに惑わされず、自分の価値観を大切にし、一人でも自分をもてなして心地よいと思える状態を積極的に作り出すことができる人は、潜在意識をうまく活用して幸せになることができます。

自分の価値観を大事にすると現実と理想の自分が一致する「自己一致の状態」になり、自信にあふれ、精神が安定しているため、内側から輝くようになります。

そうなると、ピンチの時も潜在意識の力が働き、色々なところから応援がやってきて様々な幸運につながってきますので、まずは自分を大切にすることから始めましょう。

 

早寝早起きと食事を大切にしよう

早寝早起きと食事を大切にしよう
脳内ホルモンの一つであるセロトニンには、リラックス感と多幸感を充足させる作用があり、潜在意識が働いて幸運になるのに必須な物質です。セロトニンは朝の柔らかな太陽の光を全身に浴びることで分泌されますので、早起きして光を浴びることで幸福感を得ることができます。

昼夜逆転の生活や家に引きこもった生活をしていると意味もなく気が沈んだり、イライラしたりして、それが潜在意識に響いて不幸を引き寄せてしまいますので、早寝早起きを心がけましょう。

さらに、セロトニンの原料であるトリプトファンという必須アミノ酸やセロトニンの合成に必要なビタミンB6を摂取するために、赤身の魚や肉、乳製品、にんにく、唐辛子、ゴマを積極的に食べるなど、食事にも気を配れば、より多くの幸運を引き寄せることができます。

 

自分と相手の両方の利益を考えよう

自分と相手の両方の利益を考えよう
潜在意識の主語はすべて自分ですので、もし相手に対して「不幸になればいいのに、失敗すればいいのに」と願っていると、潜在意識は「自分が不幸になる、自分が失敗する」というようにインプットしてしまいます。

一方で、相手の利益ばかり考えていると自分の価値観を大切にすることができなくなって活力が失われ、幸運が遠ざかってしまいます。

相手から何かを受け取ったらそのお礼をしたり、時にはこちらから与えて同じだけの価値を受け取ったりすることを心がけるなど、自分と相手の両方の利益を考えると幸運を引き寄せることができるのです。

 

 

付き合う人を慎重に選ぼう

世の中には、「モーター(原動機)」と「アンカー(船のいかり)」の2種類の人間がいます。モーターは私たちを元気にしていき良い良く動かしてくれるので一緒にいた方がいいですが、アンカーは私たちのやる気をそいで動けなくするので縁を切った方がいいです。

アンカーの人たちと一緒にいるとネガティブな感情が潜在意識に作用して、幸運から遠ざかってしまいますので、その人たちから自由になる必要があります。

家族や友人、職場の人間など、自分の周りの人の名前を書き出し、その人たちは自分の人生のプラスになっているかマイナスになっているかを「+」「-」で表してみましょう。

「-」の人たちは自分の足を引っ張っているアンカーの人たちですので、縁を切るか、それができなければ一緒にいる時間を少なくするなど距離を置いた方が得策です。自分の潜在意識を100%活用するために、自分の成長を邪魔してくる人たちとは思い切って付き合わないようにしましょう。

 

ネガティブな感情を無視せずに向き合って問題を解決しよう

自分は運がいいと思い込むとそれが潜在意識にインプットされ、奇跡とも思える幸せが次々と舞い込んできます。しかし、ことあるごとにツイてないと思ってしまうと、幸せからは遠ざかっていきます。

運がいい人と不運な人との違いは、最後まであきらめずに続けるか途中であきらめてしまうかの違いです。

例えば、仕事で大事な契約が取れなかったとします。運がいいと思っている人は、「今回は準備が足りず、勉強不足だったのだ。次は経験を生かして足りなかったところを補い、挽回しよう。」と、問題を解決するための策を講じ、次に生かす努力をします。

一方で運が悪いと思っている人は、「今回も契約が取れなかった。やっぱりツイてない。」と考えがちで、そこでストップしてしまって成長が感じられません。

たとえ何かに挑戦して失敗したとしても、絶えずフィードバックを得て何度も軌道修正をすれば、確実に目標を達成することができます。失敗してしまったとネガティブな感情が訪れた時、原因を考えて問題を解決しようとする人にこそ、潜在意識が働いて幸運を引き寄せることができるので、ネガティブな感情を無視せずに絶えずフィードバックして修正する癖を身につけましょう。

 

自分の不安を書き出してみよう

自分の不安を書き出してみよう
潜在意識に自分の願いをインプットさせるためには、今自分が抱えている不安を取り除かなければなりません。

願いは徐々に徐々に潜在意識へ浸透していき、完全にインプットされたときに叶いますが、そこに不安があるとそれがメンタルブロックとなり、潜在意識へのインプットを邪魔してしまいますので、不安を取り除き、メンタルブロックを外す必要があります。

不安を取り除く一番いい方法は、紙に書き出すことです。不安を紙に書き出して自覚することで緊張が減り、実力が出せるようになりますので、もし今自分が何かに対して不安を抱いているのであれば、その正体はいったい何なのか、一度紙に書き出してみましょう。

 

夢や目標を紙に書いて認知しよう

夢や目標を紙に書いて認知しよう
自分の夢や目標がはっきりとわかっていて幸せの形がクリアになっている人は、潜在意識をうまく働かせて幸運を引き寄せることができます。

逆に頭の中で色々と想像しても、それが明確に認知されていない限り夢は叶いませんので、自分が欲しいものややりたいことなどを紙に書いて認知する必要があります。紙に書く以外は、自分がほしいものの写真を飾るなどしたビジョンボードを作成するのもいいですよね。

自分が目標としていることを紙や写真にして毎日眺めたり口に出したりしていれば、自然に潜在意識に刻み込まれ、願いが叶います。脳に新しい記憶の回路ができるには3週間ほどかかりますので、まずは3週間意識して続けてみましょう。

 

いかがでしたか。

潜在意識を開花して幸運を引き寄せるためには日ごろの行いが重要で、毎日の習慣が徐々に潜在意識に浸透していってそれが現実となります。

そのため、自分と周りの人を大切にしたり、不安な要素を書き出してメンタルブロックを外したりするなど、意識して幸運を引き寄せやすい体質になることが、潜在意識の力を引き出すために必要なことなんですよね。

潜在意識に自分の願いとは逆のものがインプットされないように、今回お伝えした方法を実践していき、身の回りでたくさんの奇跡を起こしていつも幸せを感じていられる人になりましょう。

 

おさらい

潜在意識を開花して幸運を引き寄せるためのエクササイズ
・自分を大切にして快感を得よう
・早寝早起きと食事を大切にしよう
・自分と相手の両方の利益を考えよう
・付き合う人を慎重に選ぼう
・ネガティブな感情を無視せずに向き合って問題を解決しよう
・自分の不安を書き出してみよう
・夢や目標を紙に書いて認知しよう

 


連記事