写真で潜在意識を活性化して、願望を最速で実現する方法

写真で潜在意識を活性化して、願望を最速で実現する方法
人は本来、成功するようにできていて、それにふさわしい力を持っています。そしてその力を最大限に発揮する方法が、潜在意識を活用することなのです。

潜在意識は、私たちの欲しいもの、やりたいこと、なりたいものをアラジンの魔法のランプのように何でも叶えてくれます。しかもその願望の数に限りはなく、無数に叶えてくれる素晴らしいものです。

たくさんの願望を叶えるためには、潜在意識に落とし込む必要があり、それは願望が叶ったことを毎日想像しながらワクワク過ごすことで潜在意識に刻み込まれます。

ただ、人生山あり谷ありですので、目標を見失わずに願望が叶ったことを毎日想像しながらワクワク過ごすことはなかなか難しいですよね。そこで今回は、ビジョンボードを作成し、目標を見失わずに潜在意識を活性化させ、願望を最速で引き寄せる方法についてお伝えします。

 

 

写真で潜在意識を活性化して、
願望を最速で実現する方法

 

自分の願望をすべて紙に書き出そう

願望を叶えるためには、まず、自分には今どのような願望があるのかを認識する必要があります。そのために、欲しいものややりたいこと、なりたいものなどを、脳がすっからかんになるまで、遠慮せず欲のままに全て紙に書き出しましょう。

紙に書き出す作業は全部で3回行います。1回目は、思いのまま全ての願望を書き出しますので、ノート4ページ分くらいを埋める勢いで書き出しましょう。

2回目は、より現実的な欲を念頭に置いて書き出します。例えば、「体の内側から健康になるために水を1日2リットル飲む」、「腕と胸筋を一回り大きくするために腕立て伏せを1日20回行う」、「起業するために企業に関する本を10冊読む」などです。1回目に書き出した欲の中には、すぐに実現不可能な欲がたくさん入っていますので、2回目の時にそれらを現実的なものに変換する作業を行います。

3回目では、「収入(お金)」、「欲しいもの」、「健康・肉体」、「家庭」、「目標とする人」、「趣味・チャレンジ」、「ビジネス」の7カテゴリーにグルーピングします。カテゴリー別にすることで、脳が整理され、より一層潜在意識に刻み込まれやすくなります。

 

願望を目標そして小さな目標へと分解しよう

願望を実現させるためには、小さな目標に分解して、その一つひとつの目標を達成させる必要があります。

例えば、若々しいムキムキの肉体を手に入れるという願望があったとしたら、それをまず、「体脂肪率10%以下にする」という目標レベルに変えます。そしてさらに、「1日20回ずつ腹筋と腕立て伏せをする」などと、小さな目標レベルにまで落とします。

願望→目標→小さな目標と絞り込むことにより、潜在意識が願望を引き寄せるための道を作ってあげることが出き、近道で願いが叶うようになります。

ビジョンボードには、ぼやっとした夢ではなく、しっかりと立てた目標の写真を貼ります。そして、写真の数はあまり多すぎると脳がごちゃごちゃになってなかなか潜在意識に刻み込まれなくなってしまいますので、8枚くらいがちょうどいいのです。そのため、各カテゴリーを小さな目標に絞り込んだら、そこからさらに8つの目標を選びましょう。

 

目標にあったワクワクドキドキする写真を選ぼう

いよいよ、ビジョンボードを作成するための写真を選ぶ作業を行います。

私たち人間は、「思考」があって次に「感情」が動いて最後に「行動」に移る生き物です。前回の作業では目標を立てることで「思考」を認識できましたので、次に「感情」を動かすために8枚の写真を選びます。

写真はどこから探してきてもかまいませんので、自分が気に入った写真を見つけましょう。見ているとワクワクドキドキし、人に見られると恥ずかしいくらいの写真が、潜在意識に願望を刻み込むためにちょうどいいのです。

写真の探し方
①Googleやyahoo!を使ってフリーの写真を見つけ出す
②自分好みのジャンルの雑誌から探す
③フリー素材サイトを利用する
④風景や建物などを自分で撮影する
⑤有料サイトで勝負写真を購入する

 

 

写真を1枚のボードに貼り付けよう

写真を8枚選び終わったら、それらを1枚のボードにまとめます。ただし、写真の大きさや場所がバラバラでは願望が潜在意識に刻み込まれにくくなってしまうため、次の4つに注意してボードを作成しましょう。

①写真を黄金比(1:1.618≒5:8)にする
写真は同じ大きさにそろえて見やすくしますが、大きさをそろえるときは、私たち人間にとって最も美しいと称される比率である黄金比にするといいでしょう。縦:横でも横:縦でもどちらでも構いませんが、8枚ともすべて向きをそろえる必要があります。そうすることで、脳が整理されて潜在意識に刻み込まれやすくなります。

②写真同士の間を空ける
写真はピタッと重ねて貼らずに、間を空けましょう。私たち人間の脳は、空白があると埋めたくなるため、間を空けて写真を貼ることにより、より潜在意識が活性化して願望が実現しやすくなります。

③写真は上4枚下4枚の形にするか3×3のマンダラチャートにする
ビジョンボード作成例1
潜在意識を活性化させるためには、とにかく写真が整理されていて、脳が目標を認識しやすくする必要がありますので、上のどちらかのタイプでボードを作成しましょう。

④目標を達成していく順番に左上から並べる
ビジョンボード作成例2
私たちは、写真や広告を見た時、自然とアルファベットの「Z」のように目を動かしますので、最初にやるべきこと、必要なもの大切なものの写真を左上から順番に並べていきましょう。

 

作成したビジョンボードを目につくところすべてに貼ろう

ビジョンボードを常に見られるようにしておくと、潜在意識に刻み込まれやすくなり、より早く願望が現実化できます。

ビジョンボードで次々に目標を達成して願望を叶えるためにも、部屋の壁、スマホの壁紙、パソコンのデスクトップ、お風呂場、冷蔵庫、車の中、手帳、トイレなど、色々な場所に貼っておき、常に眺めて願望が叶うのを今か今かとワクワクしながら待ちましょう。

 

目標を達成するための行動リストを作ろう

ビジョンボードを作成し、願望を叶えるための準備を整えたら、あとはその目標を順番に実行していきながら願望が実現するのを待ちましょう。

目標を立てて何もやらなければ絵に描いたモチになってしまいますので、行動リストを作成し、自分で立てた目標を一歩ずつ着実にこなしていけば、より早く願望が現実のものとなります。

潜在意識にはあらゆる過去の体験が膨大に蓄積され、互いに融合し合い、その状況にあった最良の方向へと導く力があります。だから、私たちは潜在意識が100%の力を発揮できるように毎日一歩だけでもいいので前に踏み出し、目標を失わないように、そしてモチベーションをキープするためにビジョンボードを常に眺めていれば、自然と願望が叶ってしまうのです。

 

いかがでしたか。

私たちには、どんな願望も叶えてしまう潜在意識という素晴らしい宝庫があり、その潜在意識を活性化させるためにはビジョンボードが効果的なんです。

そして、ビジョンボードを作成するには、様々な大きさや種類の写真をたくさん貼ればいいというものではなく、頭の中が整理されてより潜在意識に願望を刻み込みやすいように隙間を空けて規則正しく整理した配置にする必要があるんですよね。

ルールに従ってビジョンボードを作成すれば、成功を回避することは不可能になります。さっそくビジョンボードを作成して、部屋中に貼り付けましょう。

 

おさらい

写真で潜在意識を活性化して、願望を最速で実現する方法
・自分の願望をすべて紙に書き出そう
・願望を目標そして小さな目標へと分解しよう
・目標にあったワクワクドキドキする写真を選ぼう
・写真を1枚のボードに貼り付けよう
・作成したビジョンボードを目につくところすべてに貼ろう
・目標を達成するための行動リストを作ろう

 


連記事