理解力を高める方法に悩んだら行う5つのトレーニング

理解力を高める方法に悩んだら行う5つのトレーニング
理解力は様々な場面で必要とされるものですよね。人とのコミュニケーションで理解力があれば会話がスムーズになりますし、仕事においても、理解力が高く必要最低限の言葉で仕事を理解できれば「この人仕事できるなぁ」と社内の評価がグッとアップします。

逆に理解力が低いと、仕事でミスを犯してしまったり、誤った解釈をして人を傷つけてしまったり、他の人より説明に時間を要してしまうので会話にストレスを与えてしまう恐れがあります。

また、理解力のない自分自身がストレスとなり、自信をなくして自分の殻に閉じこもってしまうケースも多いです。

そこで今回は、理解力を高める方法に悩んだら行う5つのトレーニングをお伝えします。ではご覧ください。

言葉を聴くことに慣れよう

他人の話を理解するには、他人の言葉に慣れておくことが一番です。テレビや動画、何でも構わないので理解しようという意識を持って視聴してみましょう。

理解力の低い人の中には、話の最中に別の事を考えてしまうなど、集中力が散漫となってしまう方もいますが、様々な人の話を聴くことは、”話を聴くことに集中する”という能力を高めることができます。

また、自分の苦手なジャンルでも積極的に耳に入れるようにすれば、自分の理解力の幅を広げられるのでオススメ。理解しようという意識を持って他人の言葉を聴くことを繰り返していると、自然と理解力のアップを体感できるはずですし、理解力の一つとも言える知識力も身に付きますよ。

 

自分の意見を付け加えることを意識してみよう

算数など、簡単な物事を理解することはそんなに難しくないですよね。しかし、そういった簡単な物事をただ言われた通りにこなしていても理解力のアップにはつながりません。

重要なのは、自分の意見を付け加えるという応用力です。そうすれば新たな発見がありますし、「これは、こういう風に応用できるんだ」と、記憶に深く刻まれて忘れ難くなります。

理解力の低い人の中には、以前と似たような物事でもまた一から説明しなければいけないといった特徴があるので、こういったことを避けられますよ。

 

要点をまとめてみよう

理解力が高い人の特徴の一つとして、多くの情報の中から素早く要点を掴めることがあります。文字や言葉を頭の中に取り入れて、それを客観的に見て要約するようなイメージで、情報の取り捨てと優先付けが優れているのです。

これは実戦経験をつまなければ身につかないことなので、積極的に人と話したり、動画を見たり、本を読むなどして、自分の意思を持つことと、客観性を鍛えましょう。

また、情報の優先付けは知識力も影響してくるので、「自分は理解力が低いな」と悩んだときには、それをきっかけとしてそのジャンルの知識を身につける意識を持っておくこともオススメですよ。

 

心と頭に余裕を持とう

心と頭が一杯一杯になってしまうと、頭の情報整理がスムーズにいきませんし、判断能力が低下してしまいますよね。何か辛い出来事に直面した後に、こういった経験をした方は多いのではないでしょうか。

理解力の低い人の中には、常に心と頭がこういった状態にある人もいます。責任感や自信のなさなどが影響して、「聞かなきゃ」、「ちゃんとやらなきゃ」と過度に意識して、不安感やストレスが理解力の妨害をしてしまうのです。

そうなると、頭がクリアな状態ではなくなってしまうので理解力に悪影響をもたらしてしまいますよ。相手の話を集中して聴くことは大切なことですが、心と頭には余裕を持ってポジティブ・シンキングを心がけましょう。

 

読解力をアップさせよう

読解力と理解力はイコールの関係性です。理解力が低い人は、読解力も低いという特徴があります。文章と言葉の違いは、目から入ってくるか、耳から入ってくるかの違いだけで、情報を受け入れて想像して理解するという行為は一緒ですよね。

つまり、文章を読むことは、目の前の情報の心理と意図を理解する訓練になるのです。文章の場合は、文字だけで、映像として頭に入ってこないので、会話よりも理解力が必要とされますが、その分、想像力が鍛えられるというメリットがあります。

文章を読むことに慣れていない人は簡単な本からでもいいので始めてみましょう。「文章を読む」ということを習慣にすることがポイントです。

 

さて、理解力を高めることはそんなに難しいことではないですよね。誰でも簡単に始められることばかりなので、この記事をきっかけに理解力のアップにつなげましょう。

年齡を重ねるほど、理解力の高さは大きなメリットになります。人間関係、ビジネスパートナーとの関係、社内での評価。理解力が高いと低いとでは自身の評価は大きく変わってきますよ。

また、理解力が低い人と話すときは、簡潔で分かりやすく話すようにしましょう。但し、あまり難しく考えないようにして下さい。

理解力を高めようと無理をして余裕がなくなってしまうと、理解力の弊害となってしまうので、自分のペース、自分に合った方法で理解力を高めましょう。

まとめ

理解力を高めるために行う事とは

・ 言葉を聴くことに慣れよう
・ 自分の意見を付け加えることを意識してみよう
・ 要点をまとめてみよう
・ 心と頭に余裕を持とう
・ 読解力をアップさせよう


連記事