嫉妬深い恋人を一気に変える5つのコトバ

嫉妬深い恋人を一気に変える5つのコトバ
恋人が嫉妬深いのは愛されている証拠とは言いますが、度を超えた嫉妬は困りものですよね。異性の名前を口にするだけで浮気を疑われたり、会っていない間の行動を逐一報告させられたり、中にはスマホを恋人に勝手に見られたという経験をお持ちの方もいるのでは?

少々の嫉妬であればお互いさまで我慢することはできますが、あまりに嫉妬深いと、恋人の束縛を窮屈に感じてしまったり、「そんなに疑うのは私の愛を疑っているからでは」と悲しくなってしまいます。

嫉妬から愛情を感じるどころか、恋人に対して不信感や嫌悪感を覚えてしまうことも!こうなる前に嫉妬深い恋人には改心してもらいましょう。

ここでは、嫉妬深い恋人を一気に変える5つのコトバをお伝えします。嫉妬深い恋人の言動に悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

 

嫉妬深い恋人を一気に変える5つのコトバ

 

「すごいね」「さすが○○君」と相手をほめること

嫉妬深いとはつまり、自分に自信がないことの表れです。自分に自信が持てないから、あなたから愛されているという自信も持てずにいるのです。

そのような恋人にはほめることで自信を植え付けていきましょう。「すごいね」「さすが○○君、○○ちゃん」と相手をほめます。

「私はできないから○○君やって」「頼りになるのは○○ちゃんだけだよ」という言い方も〇、恋人に自信を植え付け、さらには「○○(あなた)には僕(私)がいなきゃだめなんだ」と自分があなたにとって必要な存在であることを確信することができます。

嫉妬深い恋人はほめて伸ばす!相手の言動にいらっとしても相手の自信を失わせるきつい一言はしばらくは腹におさめておきましょう。

 

「○○君が大好き」「○○ちゃん、愛している」の愛の言葉をささやくこと

嫉妬深い恋人には、これでもかというくらいの過剰な愛情表現をしてあげましょう。日本人は一度恋人同士になると、なかなか相手に対して「好きだよ」「愛しているよ」の愛の言葉を言わなくなってしまいますが、嫉妬深い恋人には「言わなくても通じるだろう」はだめ!

こまめに愛情表現をしてください。このとき、愛の言葉はシンプルであればあるほど○!イタリア人になったつもりで、ストレートな愛の言葉をささやいてくださいね。

 

「昨日はバイトだった」と会っていない間の行動は自分から報告すること

嫉妬深い恋人に困っている方の多くが、いちいち行動を詮索されること・監視されている気分になることに特にうんざりしているようです。

うんざりするあまり、わざと嘘をついたり、恋人に隠し事をしたりして、ますます恋人の嫉妬を招いてしまうなんてこともあるでしょう。

嫉妬深い恋人のさらなる嫉妬を買わず、さらにあなた自身が恋人の嫉妬にうんざりしないためには、恋人に訊かれる前にあなたから会っていない間の行動を教えてあげてください。

恋人は、あなたが自分から話してくれたことで自分に何も隠し事がないのだと安心することができますし、あなたも詮索される不快感を覚えずにすみますよ。

「昨日は一日バイトだったから、今日はもう足がパンパン」「妹とショッピングに行ってこの服買ったの。似合う?」というように、楽しい会話の中で自然に恋人の知りたいことを教えてあげるのがおすすめです。

 

「昨日一緒にいた子は誰なの」とあなたが恋人に嫉妬してみること

たまには嫉妬深い恋人に嫉妬返しをしてやりましょう。「昨日一緒にいた子は誰?」「○○ちゃん、かわいいもんね。ふーん、あんな子が好みなんだ」というように、露骨に嫉妬します。

嫉妬深い恋人もこれには苦笑い、と同時に、ただの友達やちょっと話しただけの異性に嫉妬するくらいあなたが自分を愛してくれているのだと実感することができるので、恋人が愛されている自信のなさから今以上に嫉妬深くなることを防ぐことができます。

嫉妬するときには、拗ねたり怒ったり、「本気で嫉妬している」ということを恋人に分からせることが大切です。

 

「○○君とずっと一緒にいたい」と二人の将来を話し合うこと

嫉妬深い恋人が何よりも恐れることは、あなたが自分から離れていってしまうことです。あなたとの別れを恐れている恋人には、「ずっと一緒にいようね」というように、別れを心配する必要なんかないことを言い聞かせて安心させてあげましょう。

結婚など二人の将来を話し合うのもおすすめです。あなたが二人の将来を真剣に考えていることを知ることで、嫉妬深い恋人も二人の関係が安定したものであるという安心感を持つことができます。あなたの行動や異性関係を疑わなくなりますよ。

 

いかがでしたか。以上が嫉妬深い恋人を一気に変える5つのコトバでした。嫉妬深い恋人の嫉妬を躱す・打ち消すためには、恋人に「愛されている」という自信を持たせることが大切です。

「さすが○○君」「○○ちゃんがいなきゃ僕はもう生きていけないよ」「○○君愛しているよ」というような言葉で、自信を持てない恋人に自信を植え付けましょう。

愛されているという自信を持つことができれば、おのずと恋人のあなたに対する嫉妬も小さくなっていきますよ。また、嫉妬深い恋人は「僕(私)ばかり愛している」と愛情の量が自分とあなたの間で異なっていると考えていることが多いです。

そんなときには、あなたの方から恋人に嫉妬したり、あるいは二人の将来についてあなたの方から話してみるのがおすすめ!「愛しているのはあなただけじゃないよ」と恋人に伝えてあげましょう。

まとめ

嫉妬深い恋人を変えるためには

・ 「すごいね」「さすが○○君」と相手をほめること
・ 「○○君が大好き」「○○ちゃん、愛している」の愛の言葉をささやくこと
・ 「昨日はバイトだった」と会っていない間の行動は自分から報告すること
・ 「昨日一緒にいた子は誰なの」とあなたが恋人に嫉妬してみること
・ 「○○君とずっと一緒にいたい」と二人の将来を話し合うこと


連記事
嫉妬恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会