不安が消えない人に奨める意外と知らない5つの解消術

不安が消えない人に奨める意外と知らない5つの解消術
不安にとりつかれると、不安がいつまでも頭の中をぐるぐる、そのたびに考え込んだり落ち込んだり眠れぬ夜を過ごしてしまいますよね。

不安を消すためには、不安の原因を取り除くのが一番ですが、根本的な解決がいつでもどんな問題でも可能なわけではありません。

たとえば、将来の漠然とした不安。貯金がいくらあったって、不安をゼロにすることはできません。「いつか病気になるのでは?」なんて不安なら、病気になるまで不安を抱き続けることになります。

不安を根本から解決できないとき、どうやったら不安を消すことができるのか。ということで、今回は不安が消えない人に奨める解消術をお伝えします。不安におしつぶされそうな方、いつも何かの不安を抱えている方、ぜひ参考にしてください。

 

 

不安が消えない人に奨める
意外と知らない5つの解消術

 

不安と正面から向き合って、どん底まで落ちてみること

不安なくせに、「大した問題じゃない」と自分で自分をごまかしたり、家族には笑顔で取り繕ったり、あるいは頭の中を不安を見て見ぬふりをしてみたり……このように、不安に対して中途半端な接し方や向き合い方をしていると、不安はいつまでたっても頭の中でくすぶったまま、なくなることはありません。

不安を消すためには、不安と正面から向き合うこと!不安をきちんと不安がる・こわがることが大切です。泣いたり、頭を抱えたり、寝付けなかったり、あるいは誰かに泣きついて一晩中話をきいてもらうなど、不安と向き合ってみましょう。

不安と向き合えば、落ち込んだり精神的に不安定になることもあるでしょう。しかし、一度どん底まで落ちてみる、泣くだけ泣いた後は「さあ、がんばろう」という前向きな気持ちが自然と湧いてきます。

 

不安の解決策をたくさん用意すること

「将来、病気になるかも」という不安を現在のあなたが完全に解消することはできません。しかし、不安の解決策を考えておくことで、不安を解消することはできます。

解決策も一つだけでは心配なので、できるだけたくさん用意しましょう。「あれがだめなら、こっちにしよう」というように、多くの解決策を用意し来たるべき不安に備えることで、不安を消すことができますよ。

たとえば、病気が不安なら、人間ドックは自腹をはたいてでも毎年受けること、入院や治療のための保険に加入しておくこと、仕事はやめなきゃいけないかもしれないからその後の生活費を今からためておくこと。

このように病気になったときに生じるであろう問題とそれに対する解決策を考えておけば、「病気になるかも」という不安自体は取り除けなくても、「病気になったらあれはどうなる?これはどうなる?」という個別の心配事は解消することができます。

問題を一つずつつぶしていくことで、「病気になるかも」という最初の不安も限りなく小さくすることができますよ。

 

貯金をすること

ほとんどの不安や心配はお金で解決することができます。老後の不安も病気も子供の学費も、要はお金の心配です。漠然とした不安に悩んでいる方、不安の正体は今は見えないかもしれませんが、その不安を解決するのもきっとお金です。

ということで、具体的な不安がある方も漠然と不安な方も、とりあえず貯金を始めましょう。1日100円からでもかまいません。貯金をする、将来のためにお金をためておくという行為自体に、不安を消したり新たな不安を防ぐ効果がありますよ。

 

昼間よく動くこと

不安は頭でするもの、体力やエネルギーが余っているから頭が余計なことを考えてしまうのです。ということで、不安が消えない方、体をよく動かしましょう。

体を動かせば、疲れます。疲れたら、家に帰った後すぐにばたんきゅー、考えたり悩んだりすることなく眠りにつくことができますよ。

不安が消えない方は、昼間よく動き夜はぐっすり眠る、この生活を実践してみてください。よく動けば食欲も増しますし、お腹いっぱいに食べれば幸福感も高まります。

 

日常から離れてみること

家族や会社、学校、人間関係など、不安は日常生活の中にあります。不安が消えないときは、一度日常生活から離れて非日常に逃げてしまいましょう。

遠くの街に出かけたり、旅行をする、海に潜ったり山に潜るなどの非日常の体験をするなどがおすすめです。家族に悩んでいる方は、家族と離れてみるとよいですね。

一時でも家族のことを考えない時間をもうけることで、不安が和らぎますし、「それほど大した問題じゃない」「息子の就活に私が悩む必要なんてないじゃない」と不安を客観的に見つめなおすことができますよ。

 

いかがでしたか。以上が、不安が消えない人に奨める意外と知らない5つの解消術でした。不安が消えないときには、一度その不安にとことん付き合ってみてください。

不安と正面から向きあい、悩んだり泣いたりすることで、不安を解消することができます。不安の解決策を考えてみるのもおすすめです。

「もしそのときがきたら、こうしよう。ああしよう」という解決策を多く持っておくと、「どんな事態になっても大丈夫」という安心感が生まれ不安を解消することができます。

貯金をしたり、昼間よく動き夜眠る、日常から離れてみるなどの方法で不安を消すこともできます。不安の内容や性質で、効果的な解消術は異なるので、自分の不安に合った解消術を試してみましょう。

まとめ

不安を解消するためには

・ 不安と正面から向き合って、どん底まで落ちてみること
・ 不安の解決策をたくさん用意すること
・ 貯金をすること
・ 昼間よく動くこと
・ 日常から離れてみること


連記事
ストレス癒し
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会