孤独で寂しい気持ちをそっとなごませる5つの方法

孤独で寂しい気持ちをそっとなごませる5つの方法
突然、孤独で寂しい気持ちに襲われること、ありますよね。一人暮らしの秋の夜長や一人分の夕食を提げて歩くコンビニからの帰り道には特に孤独感を覚えます。

あるいは、さっきまで友達とワイワイ騒いでいたのに一人になった途端、寂しい気持ちに襲われたということもあるでしょう。

誰もが経験したことのあるこのような孤独感や寂しい気持ちは人生には付きもので、孤独感や寂しい気持ちはあなたのちょっとした心の隙間にするりと入り込んできてはあなたの気持ちをかき乱します。

孤独感や寂しい気持ちから逃げられないのであれば、孤独感や寂しい気持ちを覚えたとき、自分でその気持ちと向き合い解消していくしかありません。ということで、今回は孤独で寂しい気持ちをそっとなごませる5つの方法をお伝えします。

 

孤独で寂しい気持ちを
そっとなごませる5つの方法

 

一人で寂しい夜はさっさと寝てしまうこと

ただでさえ孤独感や寂しい気持ちを覚えやすい一人暮らし、夜になれば孤独感や寂しい気持ちは昼間の二倍三倍に膨れ上がります。こんなときは、寝てしまうに限ります。

一人で過ごす寂しい夜、深夜まで起きていても仕方ありません。孤独感を打ち消すためにお酒の量を増やすくらいなら早くベッドに入って楽しい夢の世界へ!

夜更かしはお肌にも悪いので、美肌やアンチエイジングのためにも早寝早起きがおすすめ!孤独感と額の吹き出物を同時に消してしまいましょう。

 

孤独感でぽっかり空いた心の穴にはおいしいものを詰め込むこと

孤独感や寂しい気持ちがつのると、心にぽっかり大きな穴が空いたような気持ちになりますよね。心に空いた大きな穴にはおいしいものを詰め込み、穴をふさいでしまいましょう。

孤独感や寂しい気持ちに襲われたとき、あるいは「危ない」という孤独の波が押し寄せてくる予感があったときには、おいしいもの・好物を買って帰りましょう。

おいしいものを食べてお腹がいっぱいになれば、人間、気持ちも前向きになるというもの!孤独感や寂しい気持ちも忘れることができます。ただ、やけ食いにはならないように注意してください。

 

お笑い番組を見て、思いっきり笑うこと

笑うことは孤独感や寂しい気持ちを打ち消すのに効果的です。とはいえ、「さあ、笑え」と言われても何の材料や笑うネタもなしに一人笑うことはできませんから、こんなときにはプロの手を借りましょう。

人を笑わせるプロといえばお笑い芸人!ということで、孤独感や寂しい気持ちに襲われたときには、お笑い番組やネットにアップされているコントや漫才を見て、思いっきり笑ってみてください。

くだらないことにゲラゲラ笑っているうちに、孤独感や寂しい気持ちはどこへやら、自分が孤独だったことすら忘れてしまいますよ。

 

ブログやSNS、日記を書いてみること

孤独で寂しい気持ちは、吐き出すことで解消することができます。孤独で寂しい気持ちをそのまま素直に書き綴ってみましょう。

書く先は、ブログやフェイスブックなどのSNSでもよいですし、日記帳もおすすめですよ。ブログやフェイスブックなどのSNSに書けば、同じように孤独と戦っている誰かと繋がって仲間を見つけることができるかもしれませんが、一方で、翌朝になって我に返った自分が悶絶するような文章をネット上に公開してしまう恐れもあります。

日記帳だと、仲間は見つけることはできませんが、孤独に浸った文章を書いても誰かに読まれる心配はありません。ネットか日記帳か、どちらを選ぶかはあなた次第!お好きな媒体を選んで、自分の気持ちを書き綴ってみましょう。

 

泣きたい時には思いっきり泣くこと

孤独感や寂しい気持ちに襲われて泣きたい夜には、思いっきり泣きましょう。泣くことで孤独感や寂しい気持ちが涙と一緒に体の外に流れ、翌朝には、瞼は多少重たくなってしまうかもしれませんが、心はすっきり軽くなりますよ。

泣きたいときには我慢をしてはいけません。「大人だから」「男だから」「一人で泣くのはみじめだから」、こんな言葉で自分の気持ちを押し殺したりせず、泣きたいだけ泣きましょう。

ただ、翌日学校や会社のある方、寝る前には濡らしたタオルで瞼の腫れを冷やしておいてくださいね。翌朝、鏡の自分の顔を見て再び泣きたい気持ちに!ということを防ぐためです。

 

いかがでしたか。以上が孤独で寂しい気持ちをそっとなごませる5つの方法でした。孤独で寂しい気持ちに襲われたとき、上記の方法をぜひお試しあれ。

自分の気持ちが楽になる方法を選んでくださいね。また、孤独で寂しい気持ちを長引かせないコツは、孤独を感じる自分を受け入れてあげることです。

ひとりぼっちの自分、恋人や友達のいない自分を「だめな人間だ」と決めつけたり、寂しい気持ちに襲われるのを「日頃の行いが悪いせいだ」と自分を責めたりしてはいけません。

孤独は誰しも感じるごく自然な感情です。孤独を感じる自分をありのまま受け入れ、そのうえで好物を食べたり泣きたいだけ泣くことで孤独な自分を甘やかしてあげてください。こうすることで、翌朝には孤独感や寂しい気持ちから解放され、また元気に一日を過ごすことができます。

まとめ

孤独で寂しい気持ちをなごませるためには

・ 一人で寂しい夜はさっさと寝てしまうこと
・ 孤独感でぽっかり空いた心の穴にはおいしいものを詰め込むこと
・ お笑い番組を見て、思いっきり笑うこと
・ ブログやSNS、日記を書いてみること
・ 泣きたい時には思いっきり泣くこと


連記事
タイトルとURLをコピーしました