自信を持つだけで全てうまく行く5つのメンタルトレーニング

自信を持つだけで全てうまく行く5つのメンタルトレーニング
自信を持つことは成功の一番の秘訣!成功するかな、失敗するかなの瀬戸際では、自信を持つことが成功への一押しになることが多いですよね。

また、自信を持つことで、何事にも積極的にチャレンジすることができますし、ちょっとした失敗をしても「大丈夫大丈夫、きっとうまくいく」と落ち込みません。最後までモチベーションを持って挑戦に取り組むことができますし、このようなときには最終的に「成功」で終わることが多いです。

つまり、自信を持つことで大体のことはうまく行くし、ちょっとうまく行かないことがあってもそこでくじけないので、この場合も最終的には成功で終わらせることができるということ!要は全てうまく行くということです。

では、自信を持つにはどうすればよいのか。実はここが一番難しい……ということで、今回は自信を持つだけで全てうまく行く5つのメンタルトレーニングをお伝えします。

 

自信を持つだけで全てうまく行く
5つのメンタルトレーニング

 

成功やうまく行ったときのことだけを思い出すこと

自信を持つのに必要なのは成功体験です。ということで、成功体験を思い出し、それを糧にして自信を持ちましょう。何かに挑戦するときには「あのときはうまくいった」「これに関しては腕に覚えがある」「子供のときは神童と呼ばれた」など、自分の成功や武勇伝、周りからほめられたことを思い出します。

特に、これから挑戦することに似た・同じ種類の経験のうち、成功したものを思い出すとよいですよ。たとえば、試験前であれば、前回の試験で合格したときのこと、一番をとったときのことを思い出します。

運転免許の実技試験であれば、教習中のうまく行った縦列駐車のときのことを思い出し、頭の中でイメージトレーニングをします。こうすることで、これからの挑戦に対してよいイメージや自信を持って取り組むことできるのでうまく行く可能性が高くなります。

 

失敗や挫折、恥ずかしかったことは記憶から抹消すること

人間、生きていれば成功と同じ数だけの失敗や挫折があります。ただ、これから何かに取り組むとき、失敗や挫折の経験はあなたを少しだけ賢明にするかもしれませんが、それと同時に自信も奪います。失敗や挫折から学ぶのは失敗した直後だけ、反省が一通り終わったら、失敗や挫折の記憶は頭から抹消しましょう。

二度と思い出してはいけません。恥ずかしかったことも同様、頭から消し去ってください。失敗や挫折を思い出さないことで、自信を失わずに済みますし、何かに挑戦するときに「失敗するかも」「また恥をかくかも」などネガティブなイメージを持ったり、臆病にならずに済みますよ。

 

自信を持てるまで練習すること

自信を持つためには、裏付けが必要です。根拠のない自信を持つことができるのは一種の才能、この才能がない方は裏付けや根拠がなければ自信を持つことはできません。ということで、自信を持てるまで練習や準備をしてください。

「これだけ練習すれば大丈夫」と思えば、本番でも自信を持って練習や準備の成果を披露することができますよね。そして、もう一つ大切なことは、練習は「成功」で終わらせること。練習で何度成功しても、最後の最後で失敗すると、失敗のイメージを持ったまま本番に臨むことになります。

これでは自信を持つことはできないので、練習の最後は成功で終わらせましょう。そのためには本番前日に集中力や体力を使い果たすまで練習しないことが大切です。練習や準備は、本番まで余裕をもって、早め早めに行ってください。

 

睡眠や休養を十分にとって、体力・英気を養うこと

疲労やストレスは人を悲観的・ネガティブにします。また、疲れているときには普段はしないようなミスを犯すものです。ミスが重なれば「やっぱり私はだめな人間だ」「こんな簡単なことも失敗するなんて」と落ち込み、さらに自信をなくしてしまいますよね。

自信を失う必要がないのにあなたに自信を失わせるのが疲労やストレス!ということで、疲労やストレスをためないこと、こまめに解消することを心がけましょう。

睡眠や休養を十分にとり、体力・英気を養うことで、前向きな気持ちになりますし、自信を持つことができます。体力があるときには、理由や根拠のない自信がみなぎるものですよ。こんなときには、何事もうまくいきます。

 

「自分は選ばれた」という意識で取り組むこと

仕事にしろ、進学にしろ、何事でも「自分は選ばれたのだ」という選民意識を持ったり運命論者になることで、「自分が選ばれたのには何らかの意味や理由があるはず。だから、この仕事もうまく行くはずだ」という自信を持つことができます。

「こんな困難な仕事は無理だ」というときも「自分は選ばれたのだ」と思えば、「できそうだな」「やってやろうじゃないか」という気持ちになりますよね。まあ、場合によっては名指しで指名してきた上司にいらっとすることはあるかもしれませんが。また、運命と同時に神様を信じることもおすすめです。

神様は越えられない壁は用意しません。神様はあなたが乗り越えることができる試練しか与えないのですから、今あなたが直面している試練をあなたは乗り越えることができるのです。

試練を前にしたときは「神様に見込まれた自分」や「神様に選ばれた」と思いましょう。これだけで自信を持つことができますし、失敗してもうまく行くまであきらめません。

 

いかがでしたか。以上が、自信を持つだけで全てうまく行く5つのメンタルトレーニングでした。自信を持つために必要なものは成功体験、不要なものは失敗や挫折です。何かに挑戦するときには、成功体験を胸に、失敗や挫折は記憶から抹消しましょう。

さらに、本番までの練習や準備の中で自信を養うことも大切です。「これだけやれば大丈夫だ」と自分で太鼓判を押せるまで、練習をしてください。本番で自信を持って臨むことができますよ。

また、疲労やストレスは自信を失ったり挫折する元凶です。自信を持つためには疲労やストレスはためないこと、困難な仕事に取り組んでいるときこそ睡眠や休養を十分にとって体力・英気を養いましょう。

ちょっとした失敗ですぐに「もうだめだ、終わった」と挫折してしまうのは、疲労やストレスがたまっているからです。「自分は選ばれた」という選民意識や運命論者になることも、自信を持ったり物事うまく行くためのコツです。

まとめ

自信を持つことで全てを成功するためには

・ 成功やうまく行ったときのことだけを思い出すこと
・ 失敗や挫折、恥ずかしかったことは記憶から抹消すること
・ 自信を持てるまで練習すること
・ 睡眠や休養を十分にとって、体力・英気を養うこと
・ 「自分は選ばれた」という意識で取り組むこと


連記事