緊張のほぐし方を知って本番でリラックスする5つの方法

緊張のほぐし方を知って本番でリラックスする5つの方法
緊張のほぐし方を学んで、どんな場面でもリラックスできるのは理想的な生活ですよね。私達の生活のなかでは、何も起こっていないのに、なぜか緊張してしまう時もあります。

緊張する場面とは、人に対してや、自分が置かれた環境、または周囲から評価などあらゆる要素があります。自分で自覚できる緊張の原因だけでなく、場合によってはなぜ緊張するか、判断できない時もあるのです。

そこで必要なのが緊張のほぐし方。他の人から見てどうってことないものに対して、異常にドキドキする時もあります。しかしそんな自分に対して、不安を抱く必要はありません。

私達が緊張するのは自然な体の仕組み。大切なのは本番でリラックスする方法を知っておくこと。そこで早速ですが、ぜひ知っておきたい5つの方法をお伝えします。

 

緊張のほぐし方を知って
本番でリラックスする5つの方法

 

緊張した時の症状をいち早く察知しましょう 

緊張のほぐし方を実行する前に、まず大切なのは緊張しはじめた時のサインをキャッチする点です。怖い映画を見た時など、心臓がどきどきしますよね。

このように緊張感が多くなると体には色々なサインが表れてきます。鼓動が早くなる・手に汗をかく・呼吸が早くなるなど。自分の緊張した時の症状を理解して、早く察知しましょう。

緊張し始めた時ならば、リラックスするのも簡単ですが、パニック状態になる段階では簡単に落ちつくのは難しいのです。人によっては緊張のほぐし方のタイミングが悪いと、吐き気や倦怠感など身体的に深刻な症状がおこる場合もあります。

 

今思っていることを紙に書きだしましょう 

緊張のほぐし方で簡単にできるものが、その場で紙に書きだす方法です。ドキドキしてきた時は、不安や緊張原因にばかり意識をとられてしまいますよね。

そこでリラックスするために、自分がどんな状況に置かれているか、なぜそんな気持ちになるのか、客観的に判断してみましょう。

紙に現在の気持ちやどんな場面でドキドキしているか、将来的に緊張しない為にもメリットになります。自分でも意外なものや場面に対して怖い気持ちになる時があります。緊張の対象を知り、さらに効果的に不快な原因を減らしていきましょう。

 

緊張する原因から意識をそらす工夫をしましょう 

試験の直前、人前でスピーチする前など、どうしても緊張する場面があります。こんな時に簡単にリラックスできる人はとても羨ましいですよね。

本番前は誰でもドキドキしてしまいます。緊張するは悪いことではなく、セルフコントロールができるかどうか大切な点なのです。緊張のほぐし方はまず原因となるものや場面から意識をそらしましょう。

音楽を聴く、テレビを見る、外にでて新鮮な空気を吸うなど、ほかに集中できる対象を見つけるのです。体を軽くストレッチするだけでも、血行が改善されドキドキ感が軽減されます。ひとりで緊張にじっと耐えるよりも気晴らししてりラックしましょう。

 

好きなものや場所をイメージしましょう 

緊張のほぐし方はひとそれぞれ違いますが、大切な本番がすぐ目の前に迫っている時に色々トライするのは大変です。こんな時こそ想像力を生かすと大変効果的ですよね。

まず頭のなかで自分の好きな場所をイメージしてください。行ってみたい場所、綺麗なビーチ、静かな森林など。そのなかでひとりじっとたたずみ、リラックスの場面をイメージトレーニングしてください。

緊張のほぐし方は、いかに現実逃避するかがポイント。好きな色を見ているだけで、心が安定する場合もあります。リラックスするのは想像力が大切。本番前にイメージしたいものをいつも用意しておき、緊張の場面に備えて置きましょう。

 

深呼吸を繰り返しリラックス効果をアップしましょう 

緊張のほぐし方の王道といえば深呼吸。簡単にできる効果的な方法ですよね。さらにリラックス効果を上げるためには、呼吸方法にも少し工夫をしてみましょう。

息を吸い込む時、吐き出す時はそれぞれ5秒間カウントしてください。ゆっくり呼吸を繰り返すと、副交感神経が活発になり精神的に安定するメリットがあります。

また数をカウントする行為が、緊張の原因から意識をそらすメリットもありますよね。深呼吸をする際は目を閉じて、頭のなかを真っ白にしてください。

日頃からヨガなどで呼吸方法を練習するのもよい方法の一つです。緊張している時は鼓動が平常に戻る前、ゆっくり呼吸で整えましょう。

 

いかがでしたか。何をしてもドキドキが止まらない場合がありますよね。考えないようにしても本番の瞬間をついつい想像してしまう時。こんな場合こそ精神力の強さが試されています。

絶対にどんな場面でもリラックスできると自信を持ってください。素敵な場所をイメージしながら深呼吸をしてみましょう。自分が一番快適に感じるリラックス方法を見つけることがとても大切です。

私達は些細なことでも緊張してしまうとてもデリケートな生き物。だからこそリラックスの方法を知っておく必要があるのです。

心臓の鼓動が早くなり、冷や汗をかきだしたらすぐに緊張のほぐし方を意識しましょう。適切なタイミングでリラックスし、本番もいつも通りの自分で安心して対処してください。

まとめ

緊張のほぐし方を知って本番でリラックスするには

・ 緊張した時の症状をいち早く察知しましょう
・ 今思っていることを紙に書きだしましょう
・ 緊張する原因から意識をそらす工夫をしましょう
・ 好きなものや場所をイメージしましょう
・ 深呼吸を繰り返しリラックス効果をアップしましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました