彼氏が大好きな人に奨める、嫉妬で関係を悪くしない秘訣

彼氏が大好きな人に奨める、嫉妬で関係を悪くしない秘訣
彼氏が大好きだから、他の人にとられたくない!そんな気持ちから、彼氏に他の女性と関わる機会があると嫉妬してしまいますよね。彼氏のことが大好きだからこそ、失いたくなくて不安になってしまう。

嫉妬する自分は好きではないけれど、どうしても嫉妬してしまう場合、なかなか解消できずもやもやと不安を抱えて続けてしまいがちです。

だからと言って解消できずにいると、このまま彼氏と付き合っている限り、ずっと嫉妬してしまうつらい状況になりかねません。大好きな彼氏との時間なのに、嫉妬で気持ちがブルーになってしまうのはもったいない!

ここは一歩前進して、大好きな彼氏への嫉妬を防ぎ関係を悪化させない工夫をしてみましょう。今回は、彼氏が大好きな人必見、嫉妬のせいで彼氏との関係を悪化させない秘訣をお伝えします。

 

彼氏が大好きな人に奨める、
嫉妬で関係を悪くしない秘訣

 

憶測で相手を責めない

彼氏が大好きで嫉妬してしまう人にまず心がけてほしいのは、彼氏と揉めない工夫です。相手に嫉妬していると、ネガティブな妄想で頭がいっぱいになってしまいます。

「予定があると言っていたけれど、知らない女の人と会っていたのではないか」「大勢で集まっている飲み会だと言っていたけれど、ひょっとしたらいい雰囲気になってしまう人がいたかもしれない」など、他の女性と関わる機会があるたびに不安になっていませんか。

世の中の半分は女性です。普通に生活していれば、女性と接触する機会を0にするのは不可能です。誰か女性がかかわるたびに、「もしかしたら」を考えていたらきりがありません。彼氏の側に立って考えてみましょう。浮気する気が全くないのに、ありえないことを逐一責められたり疑われたりするのはつらいものです。

しかも、ないことを証明するのは難しいので、どんなに説明しても、疑われてしまえば解消のしようがないので困ってしまいます。「もしかしたら」の憶測で彼氏を責めても得られるものはなく、関係は悪化しやすくなるので注意しましょう。

 

彼氏にとってよいことは応援する心をもつ

彼氏が大好きで嫉妬してしまうのを防ぐにはどうすればよいのでしょうか。まずは「彼氏が大好き」という気持ちを大切にしてみましょう。

学生であれば部活やサークル、アルバイトなど、社会人であれば職場内の企画や異業種の飲み会など、彼氏の行動範囲が広がれば広がるほど、女性との出会いは増えていきます。

彼氏に新しい出会いの場が増えていると「自分よりいい人と出会ってしまうのではないか」と不安になりますよね。しかし、彼氏の交流相手が増えるのは、彼氏の人生にとってメリットとなる場合が多いもの。

例えば仕事で関わる相手が多ければ、人脈が増え、周囲からの評価が上がったり、人脈がきっかけで新しい仕事に着手できたりします。「彼氏が大好き」という気持ちが強いあなたなら、彼氏の成長は応援したいですよね。

もし嫉妬してしまう原因が、彼氏にとってメリットのある出会いの場であったら、ストップをかけてしまうと彼氏に負担がかかります。この場合は、彼氏の背中を押すくらいのおおらかな気持ちになれるよう考え方を改める必要があるのです。

 

自分に自信を持つ

「ほかの女性と関わらないで!」と思ってしまう嫉妬。その背景には、「私は彼氏が大好きなのに、彼氏に嫌われてしまうかもしれない」という不安が隠れています。

自分に自信がないために、他の女性と自分を比べ「こんな自分はいつか捨てられてしまうに違いない」と考えてしまうのです。さらには「嫉妬してしまうような自分だから、嫌われたらどうしよう」と堂々巡りの自己嫌悪に陥ってしまうこともあるでしょう。

もし、自分に自信がなくて嫉妬をしてしまうなら、「彼氏に愛されるのは自分だけだ」と思えるよう努力をするのがおすすめです。

例えば、「彼氏が好きな料理を特訓する」「彼氏に自分の服を選んでもらって好みの女性になれるようにする」など。彼氏にとって魅力的な女性になる努力をすれば、だんだん自分に自信がついてきます。

彼氏好みにカスタマイズするだけでなく、家事に力をいれてみるなど、「将来のお嫁さん候補」を意識して行動すると、彼氏との関係も前進しやすくなるでしょう。

 

異性の友人をつくる

彼氏が異性の友人の多いタイプであった場合、彼氏にとって異性と会うのは同性と会うのと同じ、ごく当たり前な状況であると言えます。そんな彼氏に「女性と会わないで」と約束させるのは、かなり難しいと言えるでしょう。

そんな場合は、「異性と会うのが当たり前」という考えを共有してみることをおすすめします。自分も異性の友人をつくってみましょう。「彼氏のことが大好きだから、そんなこと悪いことはできない」と思ってしまうあなた。

付き合う上での「良い・悪い」のルールは自分だけで決めるものではなく、彼氏と二人で決めるもの。極端な話をすれば、彼氏が「いい」と言えば何でもいいのです。

彼氏が「オッケー」というのなら、異性と会うのも特別悪い行為ではありません。意外にも異性の友人がいると、友人と比べる機会もでき「やっぱり彼氏がいいな」と感じる機会も多いものです。

また、もしかすると彼氏の方が「付き合っている人が異性と会うのは嫌だな」と感じ、自分の行動を改めてくれるかもしれません。話し合いをするなら、まず大好きな彼氏の基準に合わせること。これが関係悪化をまねかない工夫の一つです。

 

嫉妬してしまうことを正直に話し、原因を解消する

「嫉妬してしまう自分は嫌だな」と感じることもありますよね。「そんな醜い自分は見せたくない」と思ってしまうと、なかなか嫉妬心を大好きな彼氏には見せられなくなってしまいます。

ですが、長く付き合いたいなら我慢は禁物。いつか爆発して大喧嘩になってしまったら大変です。そうならないためにも、深刻な状態になる前に自分の嫉妬心を認め、正直に彼氏に話してみるのがよいでしょう。彼氏に話すときは、彼氏がどんな行動をとったときに嫉妬してしまうのか、具体的に伝えられるようにしましょう。

例えば、「すれ違った人に『あの人きれいだな』というのが嫌だ!」などは、男性には気づきにくい嫉妬の種です。具体的に嫉妬してしまう行動について話せば、彼氏も自分の行動を改めやすくなるはずです。

 

いかがでしたか。大好きな彼氏と付き合えているのは、とっても幸せですよね。だからこそ、その幸せを失うのはとても怖い!そんな恐怖心が、嫉妬の根っこに座っています。

ずっと幸せでいたい気持ちのせいで、幸せを壊してしまったら本末転倒!もし嫉妬で彼氏とケンカをしてしまいそうなら、ひと工夫が必要です。

嫉妬心を抑えたり、なくしたりするのは難しい。それなら嫉妬心を利用して、相手に好かれる自分を作り出してみましょう。「無駄なことで責めたりせず、自分を応援してくれる。自分に自信があって、異性にも好かれている。

でもたまに少し嫉妬してくれるくらい自分のことを好きでいてくれる。」どうですか。そんな女性を魅力的だと思う男性はきっと多いはずです。

嫉妬してしまうなら、嫉妬してしまう自分を効果的に演出!嫉妬心をなくすよりずっと簡単です。今からできるひと工夫から、大好きな彼氏に今後も長く愛される関係を築いていきましょう。

まとめ

彼氏が大好きな人が嫉妬で関係を悪化させないためには

・ 憶測で相手を責めない
・ 彼氏にとってよいことは応援する心をもつ
・ 自分に自信を持つ
・ 異性の友人をつくる
・ 嫉妬してしまうことを正直に話し、原因を解消する


連記事
嫉妬恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会