面接の質問で悩んだら読む、好印象を与える5つの答え方

面接の質問で悩んだら読む、好印象を与える5つの答え方
就職活動の時に、面接の質問で悩んだ経験がある人も多いですよね。特に、面接の終盤に必ずと言っていいほど聞かれる「最後に何か質問がありますか」との質問には、多くの人が悩まされていることでしょう。

実はこの逆質問こそが、好印象を与え他の就活生と差をつけるポイントでもあるのです。面接での質問には必ず意味があります。面接官がその質問を通して何を聞き出そうとしているのか、よく考えて回答することが、内定を勝ち取るためにはとても重要なんですよ。

しかし、面接の質問にどう答えれば好印象を与えられるのか、そこが一番の悩みどころでもあるでしょう。そこで今回は、面接で質問された時に好印象を与える5つの答え方について、お伝えします。

 

面接の質問で悩んだら読む、
好印象を与える5つの答え方

 

一生懸命誠実に答える

面接の質問に答える時に一番大切なことは、自分の言葉で一生懸命誠実に答えることです。面接を受ける時には誰もが緊張します。緊張して言葉が出なかったり、うまく話せずにしどろもどろになってしまった経験がある人も多いですよね。

しかし、うまく話せなかったからと言って、面接が失敗に終わるとは限りません。採用担当者が見ているのは、何を話すかではなくどう話しているか。応募者の気持ちの部分を重要視しているのです。

面接の質問にうまく答えようと、マニュアルを暗記しているようでは、自分の気持ちは相手に伝わりません。自分の思いを自分の言葉で、下手でも一生懸命に伝えようとする姿勢だからこそ、相手に誠意が伝わり好印象を与えることができることでしょう。

 

ここで働きたいという意欲を見せる

面接で質問することで、面接官は企業の欲している人材かどうかを判断しています。新卒・転職のどちらにおいても、一番の判断ポイントとなるのは、自分の会社の利益に貢献できる人物かどうか。この会社だからこそ働きたいと思っている人を採用する方が、会社に貢献してくれることは間違いないですよね。

ですから面接の質問では、ここで働きたいという意欲を見せることが大切です。面接を受ける会社のことを事前に調べ、その会社がどういう人材を欲しているのかを知りましょう。

また、入社後をイメージしてどのような職場でどんな業務をこなすのか、具体的な内容を質問することも、良い印象を与えます。入社後の具体的な内容がイメージできない時には、入社までに準備しておきたいことを聞くことも、働きたい意欲の表れとしてのアピールとなりますよ。

 

自分の長所を謙虚にアピール

面接の質問に答える時には、さりげなく自分の長所を盛り込むと印象が良くなります。特に、「積極性」「責任感」「協調性」の3つは、どんな業種や会社でも好まれるものです。

事前に自分の長所はどういったものかを整理して、この3つとうまく絡めることで、面接の質問でもさりげなく長所をアピールすることができるでしょう。その際に注意することは、アピールしなければと焦らないこと。自慢げに発言したり、これまでの実績をひけらかすようなことをしては、逆に悪い印象を与えてしまいます。

あくまでさりげなく謙虚な気持ちで述べることが大切です。また、「御社の役に立ちたい」という思いを長所とともに込めることも、好印象を与えることに繋がることでしょう。

 

否定せず不平不満を言わない

稀に面接の質問で、わざといじわるな質問をされることがあります。その時に絶対にやってはいけないのは、面接官の発言を否定すること。面接でのいじわるな質問は、その人がどのような反応をするかを見るためのものです。

ここで否定してしまっては、入社しても上司の意見に否定的な態度を取るのではないか、と悪い印象を与えてしまいます。また転職の場合には、前職の退社理由は本当は他にあるのではないかと思われる可能性だってあります。

面接でいじわるな質問をされた時には、まず受け止めたうえで前向きな内容で回答すると好印象を与えることができるでしょう。

また、前職の不平不満は絶対に言ってはいけません。それが本当のことであっても、不平不満を言う人に好印象を持つ人はいませんよね。特に面接では大きなダメージとなりますので、避けた方が無難です。

 

逆質問時のタブーは避ける

「最後になにか質問はありますか」と言った面接での質問は、疑問に思ったことを解消するだけでなく、自分を売り込む最後のチャンスともなります。しかしこの逆質問の時に、何でも好きなことを聞いていいわけではありません。聞いてはいけないタブー質問も存在しているのです。

うっかりタブーに触れないためにも、どんなことを聞いてはいけないか、事前に知っておきましょう。一番聞いてはいけないことは、「事前に調べたらわかること」「すでに面接官が話したこと」の二つです。また、経営に関する質問や、はい・いいえで答えられる質問もしない方がいいでしょう。

経営に関する質問は、人事の人には答えられませんし、はい・いいえで答えられる質問では、話は広がりません。もし、このようなタブー質問に当たることを聞きたいと思う時には、遠回しな表現で核心に迫るなど、言い回しをよく考えるようにしましょう。

 

いかがでしたか。就職活動での面接は、その場で人生が変わると言っても過言ではありません。だからこそ、面接の質問では好印象を与えられるような答え方をしたいと、誰もが思うものなのでしょう。

なによりも大切なことは、この会社でどうしても働きたいという、熱い思い。その思いがなければ、今回紹介した好印象を与える答え方ができたとしても、内定を勝ち取ることは難しいでしょう。

面接官も一人の人間です。熱い思いを持っている人のことは、必ずわかるものです。その会社への思いを面接での質問では全て出し切る、それくらいの思いを持って面接に臨みましょう。そうすれば、その会社で働きたいと言うあなたの夢がかなう日もそう遠くはありませんよ。

まとめ

面接の質問で好印象を与えるには

・ 一生懸命誠実に答える
・ ここで働きたいという意欲を見せる
・ 自分の長所を謙虚にアピール
・ 否定せず不平不満を言わない
・ 逆質問時のタブーは避ける


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会