浮気性でよくフラレる人必読、悪い癖を完全に断ち切る5つの方法

浮気性でよくフラレる人必読、悪い癖を完全に断ち切る5つの方法
自分の浮気性のせいで、よく振られるパターンが続くと自己嫌悪に陥りますよね。最初こそうまくいっていたのに、いつの間にか他の異性に目移りしてフラれてしまう……真剣な恋がしたいはずなのに、なぜかいつも自分が心変わりをしてしまう。

「自分はどうしてこうも浮気性なんだろう」と真剣に悩んでいる人もたくさんいます。さて、「この浮気性は治らないものなのでしょうか」と言われれば、答えは「NO」の確率の方が高いです。

浮気すること自体に罪悪感がないならどうしようもないですが、少しでも罪悪感があるなら、意識を変えることで十分浮気性を治すことができます。そこで今回は、自分の浮気性が原因でフラれてしまう人のために、悪い癖を断ち切る方法についてお伝えします。

自分の「浮気に対するとらえ方」をみなおす

浮気性で悩んでいる人は、一度「浮気がどれだけ相手を傷つけるか」を考えるようにしてみましょう。浮気性の人は頭では「悪い」とわかっていても、現実問題、軽くとらえている人が大半です。

しかし浮気された側は、あなたの浮気を知ったときのショックもさることながら、そのあともフラッシュバックに悩まされたり、疑心暗鬼に悶えて延々と苦しむことになるのです。それを知ってなお、「魔がさした」「一度だから」「遊びだから」と言えるでしょうか。

浮気や不倫は相手の心に重傷を負わせます。下手をしたら一生のトラウマすら植え付けかねない行為なのです。浮気性の自覚があるならなおさら、今ここで、浮気とはどれだけ重い行為なのかを考え直す必要があると言えるでしょう。

 

あえて金銭や時間に余裕を持たせない

世の中愛だけではどうにもなりません、お金も時間も重要です。というわけで、浮気性の人は、金銭的にも時間にも余裕があると言えますよね。ならば、あえてまずは「使えるお金をコントロール」しましょう。浮気性の人は、デート代などでけっこうお金を使っているものです。

そこで、自由に使えるお金をある程度セーブしてしまうのです。残念ながらお金がなければなにもできませんから、自然に浮気から足が遠のきますよ。また、あえて忙しくすることで浮気する時間を減らすという手もありますが、本命の恋人に費やす時間やお金まで大幅に削らないように気を付けましょう。

 

浮気のリスクについて考える

浮気が本気になるのはよっぽどとして、浮気性の人はたいてい本命と浮気相手の間に一線を引いているものです。だからどうしても意識が軽くなりがち、しかし、実は浮気は深刻な事態を招きかねないとご存知でしょうか。

例えば、・バレて本命の恋人から別れを告げられたら?・浮気相手の恋人から制裁を受けたら?・思わぬところで目撃されて、他人からの信用を失ったら?などなど、浮気性の一言では片づけられない問題が噴出する可能性が高いのですよ。

「しょせん浮気、本気じゃないから」という言い訳は通用しません。軽く考えていると失うものが大きかったり、痛い目を見たりするという現実を認識しましょう。

 

恋人と面と向かって話し合ってみる

さて、浮気性の人はどうして浮気してしまうのでしょう。マンネリ化するから?刺激がほしいから?自由になりたいから?理由はさまざまあれど、浮気に至る原因は必ずあるはずです。

その原因に目を向けず、「浮気性なんだ」で自分自身が納得してしまっていては、いつまでたっても浮気をしてはフラれるという恋愛を繰り返す羽目になりかねません。もしも恋人に物足りなさを感じる、など理由があるのなら一度腹を割って話し合うことをおススメします。

自分はどう思っていて、何を望んでいるのかを、きちんと話さなくては相手には伝わりませんし、相手にだって言い分があるかもしれませんよね。一度内面を見つめなおしてみることで、今まで見えてこなかった原因が見えてくるかもしれませんよ。

 

カウンセリングを受けてみる

浮気性が単なる癖ならまだよいのですが、深層心理を探っていくと、今までの人生の中にトラウマとして残ってしまっている原因があるケースもあります。

例えば親が浮気をしていた、過去にひどい失恋をした、などなど考えられる原因はいろいろありますが、そのような場合は、信頼できるカウンセラーによるカウンセリングを受けてみることもおススメします。

カウンセリングというとなんだか敷居が高そうですが、本気で自分の浮気性に悩んでいるのなら使わない手はありません。といっても信頼関係が大切ですから、セカンドオピニオンなども視野に入れると幾分心に余裕が生まれますよ。

 

さて、一口に浮気性と言っても、程度やそこに至る原因はさまざまです。ですが、真剣に悩んでいる人にとっては重大問題ですよね。この機会に、自分はどうして浮気性なのかをちょっと突き詰めて考えてみると、解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

ほんの出来心も積み重なれば常習犯。失うものは毎回大きいはずです。フラれた時に「またやっちゃった」と自己嫌悪に陥る、そんな負の連鎖は今日この機会に断ち切ってしまいましょう。

ストレスを外で発散させているのか、満たされないものを他で補おうとしているのか、それは恋人ではダメなことなのか。考えることはたくさんあるはずです。しっかりと一度、自分の内面に向き合うようにしてみましょう。

まとめ

浮気性でよくフラレる人が悪い癖を断ち切るには

・ 自分の「浮気に対するとらえ方」をみなおす
・ あえて金銭や時間に余裕を持たせない
・ 浮気のリスクについて考える
・ 恋人と面と向かって話し合ってみる
・ カウンセリングを受けてみる


連記事
浮気恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会