フランス家庭料理。北西部伝統の食べてみたい逸品

フランス家庭料理。北西部伝統の食べてみたい逸品
フランスと言えば、ご存知の通り『美食の国』ですね。昔は宮廷で食べられていた料理が、フランス革命以後、一般庶民にも広がったと言われていますが、今回は、北西部のフランス家庭料理にどのようなものがあるか見ていきましょう。

パリから北西部は、あの有名な観光地モン・サン・ミッシェルがある地域ですね。酪農が盛んなノルマンディー地方は、カマンベールなどチーズや乳製品の産地。大西洋沿岸の魚介類が豊富なブルターニュ地方もあります。

フランスでは多くの家庭でフルコースとまではいかなくても、オードブル、メイン、デザートのように順番にテーブルに並ぶことが多いのですが、北西部ではどのようなフランス家庭料理を食べるのか代表的なオードブルやメイン料理をお伝えします。

 


 

フランス家庭料理。
北西部伝統の食べてみたい逸品

 

ムール貝の白ワイン蒸し(ムール・マリニエール)

Moules-Mariniere
日本で言うと「アサリの酒蒸し」のような一般的に食べられるフランス家庭料理の一つです。オリーブオイルやニンニクで風味づけしたムール貝を白ワインで蒸したものですね。

セロリやエシャロット、レモンなど加えると、旨味が凝縮したソースになります。10分ほどで簡単にできますので、ご家庭でもぜひ試してみましょう。ムール貝の白ワイン蒸しには、やっぱり白ワインがよく合います。

 


 

オニオンスープ(スーパ・ロワニョン)

onion soup
日本では「オニオングラタンスープ」と言われたりしますね。玉ねぎをバターでじっくり炒め、ブイヨンを入れて煮込んでスープにします。そのスープを耐熱皿に入れ、フランスパンを浮かべ、チーズをかけて、オーブンで焼き色がつくと出来上がり。

フランス家庭料理では、ブイヨンの代わりにポトフの煮汁を使うことも。オニオンスープにはボジョレーを合わせましょう!

 

ポトフ

Pot-au-feu
寒い冬のフランス家庭料理の定番メニュー。ポトフとは「火にかけた鍋」という意味のフランス語になります。日本で言うと「鍋」や「おでん」のような存在ですね。

牛肉とニンジンやカブ、玉ねぎ、セロリなどの野菜を塩とハーブでじっくり煮込んだシチューです。ポトフには、カベルネ・フランの入った赤ワインがよく合います。

 

ガレット

galette
ブルターニュ地方の名物クレープです。普通のクレープは小麦粉で作りますが、ガレットはそば粉を使っています。片面だけ焼いて、上に生ハムやチーズ魚介類、野菜などを乗せて、端っこを折りたたんで正方形にするものが一般的。

伝統的なフランス家庭料理のガレットは塩味ですが、最近ではデザート用に甘く味付けしたものも食べられています。同じくブルターニュ名物のリンゴの発泡酒「シードル」と一緒にいただくのがオススメ!

 

仔牛のクリーム煮(ブランケット・ド・ヴォー)

blanquette-de-veau
フランス家庭料理でホワイトソース系の代表料理が「仔牛のクリーム煮」になります。仔牛肉をニンジンや玉ねぎ、セロリなどの野菜をブイヨンで煮込み、生クリームで味を整えた料理のこと。

ノルマンディーの料理はバターや生クリームなどを使ったホワイトソース仕立てのものが有名です。仔牛のクリーム煮には、ボルドーの赤ワインを合わせてみましょう!

 

舌平目のムニエル(ソール・ムニエール)

sole mouriere
ドーバー海峡の近郊で取れる舌平目を使った料理は、フランスを代表する料理の一つとなります。舌平目に塩、コショウをして小麦粉をかけ、バターの上でこんがりするまで焼いたら、パセリやレモン果汁を加えて出来上がりです。

付け合わせには、ポテトやライスがよく合います。そして、この舌平目のムニエルには、サンセールAOCの白ワインがオススメです!

 

チーズスフレ

Cheese-Souffle
スフレは卵白を泡立ててふわっと仕上げたもの。その口どけが人気の秘密。主菜にするときは、ハムやチーズ、魚介類、野菜などを入れます。ポテトとブロッコリーとチーズや、玉ねぎ、ベーコン、チーズなど組み合わせを変えるだけで、違うチーズスフレに。

デザートにするときは、チーズ、チョコレート、レモンなどを入れて甘く味付けします。お食事チーズスフレには、ボジョレーの赤ワインか、リースリングの白ワインを合わせてみましょう!

 

いかがでしたか。

北西部のフランス家庭料理を7つご紹介しました。ノルマンディーやブルターニュなど北西部は、バターや生クリームなどを使ったホワイトソース仕立てか、塩・コショウやブイヨンを使ったシンプルな味付けのものが多いですね。

今回は、フランス家庭料理の定番なものをピックアップしましたので、ご家庭でも比較的かんたんにできそうなものばかりです。これを機に、食材を調達してきて、フランス家庭料理に挑んでみてはいかがでしょうか。

今回取り上げた7つのフランス家庭料理に合うワインも合わせてセレクトさせていただきました。お料理とワイン合わせて楽しんでくださいね。

 

まとめ

フランス家庭料理。北西部伝統の食べてみたい逸品
・ムール貝の白ワイン蒸し
・オニオンスープ
・ポトフ
・ガレット
・仔牛のクリーム煮
・舌平目のムニエル
・チーズスフレ


連記事