相手の気持ちが苦手な人必見!心を察する5つの方法

相手の気持ちが苦手な人必見!心を察する5つの方法
人付き合いが苦手という訳でもないのに、相手の気持ちを察する事が難しいと感じる場面に遭遇することは珍しいことではありませんし、メールやSNSなど顔を合わせず、主に文章でコミュニケーションを取る手段も発達しているので、尚更ですよね。

日本は様々な分野できめ細やかな心配りが評価されていますが、それはやはりそれぞれの分野で伝統的に続けられてきたことがベースにあったり、常に気配りを意識するべき環境であったりするからこそ、できることではないでしょうか。

一般的な日常生活を送る中では、相手の気持ちや心を察するという技術やコツを身につけるのはやはり難しいことですよね。そこで今回は、相手の気持ちが苦手な人必見!心を察する5つの方法をお伝えします。

 

相手の気持ちが苦手な人必見!
心を察する5つの方法

 

普段から相手のことを観察しましょう。

まず、相手の気持ちを少しでも理解できるようになるためには、相手がどの様な人であるのか知る必要がありますよね。

人を観察するというと、一歩間違えればストーカーのような印象になってしまいますが、相手を目にする機会があった時にどんな行動や態度をとっているのかを観る、ということです。

職場や学校であれば、挨拶の仕方や癖、自由時間にどんな事をして過ごしているのか、また、机の上の状態など意識して観ていれば相手の人柄を知るヒントは色んなところにあります。

できる限りさり気なく、けれどしっかりと相手を観察してみましょう。先に述べていますが、ついて回るようなあまりに露骨な行動はストーカーと誤解を受けますのでくれぐれも注意してください。

 

意識して相手の表情をしっかり見ましょう。

相手の気持ちを察するためには、普段の相手の行動や態度を観察する事と共に、色々な状況で相手の表情をしっかりと見ることが大切です。

例えば、誰かがミスをしたとします。ある人が言葉では「大丈夫ですよ」と言いながらその表情が冷たいものであれば、本心では大丈夫だと思っていないとわかりますよね。

一方で「こちらで処理します」と事務的な言葉でありながら、相手を思いやるような穏やかな表情であれば、気を遣ってあげていると考えることができます。

もちろん、本当の気持ちをなかなか表情に表さない人もいますが、先にご紹介したように普段の様子を観察することで、行動や態度に表れているものも心を察する材料にしましょう。

そして、こちらも相手の表情を見るものですから、凝視したりあからさまに顔色を伺ったりするようなことはしないでくださいね。

 

相手の立場に立って考えてみましょう。

ところで、相手の気持ちや心を察するということは、相手を思いやるという事に繋がりますよね。そして、相手を思いやるためには、相手の立場に立って考えること、相手の置かれている状況や背景を理解することが大切です。

ところが、人の気持ちや本意を察することが苦手な人の特徴として、この“相手の立場に立って考える”ことができない、というものがあります。わかりやすい言葉で表現すれば「空気が読めない」ということですね。

体調を崩している人が居るにも関わらず自分が暑いからと空調の温度を下げる、失恋した人がいる場で恋人とのバカンスの話で盛り上がる…こうしたことを平気でしてしまう人に、他の人の気持ちや心を察することはできません。

人が表に出す態度や表情は、程度の差はあっても、その人が置かれている立場や状況が影響するということを意識しておきましょう。

 

一度、自分の感情と向き合ってみましょう。

相手の気持ちや心を察することが苦手な方は、一度、自分の心と向き合ってみるのも良いでしょう。そもそも、相手のことを思いやったり相手の気持ちを察したりするのは、自分の心に余裕がなければできませんね。

もしも、ストレスやマイナス感情を抱えた不安な精神状態なのであれば、まずは少しでも自分の気持ちを安定させるために、ストレス解消などに努めてください。

また、そうした不安定な状態にある中で、自分がしてもらいたいことを考えてみてください。それが、同じように辛い思いをしている人の気持ちを察することにも繋がるでしょう。相手の気持ちを察する前にまず自分の気持ちから、ということですね。

 

幅広い世代や立場の人たちと話をしましょう。

さて、社会環境に関わらず、日常生活の中で実施できる相手の気持ちを察する力を養う方法は、幅広い世代や立場の人たちと話をすることです。

それも、なるべく多くの人が良いですね。特に、自分と年齢や立場が離れている共通点の少ない人とは、できるだけ接する機会を持ってください。

そうした考え方や立場が大きく違う人と話をすることで、人の心を察しようとする意識の幅が広がっていくからです。相手の気持ちや心を察するためには、より多くの考え方や視点を知ることはとても大切なことであり、必要なことでもありますよ。

ただ、実際に大勢の人と直接話をすることが難しい場合もあるでしょう。そんな時は、実体験に基づいたノンフィクションの体験記やエッセイを読むこともおすすめです。

書籍はもちろんですが、インターネットで探せば膨大な量の日記も公開されていますね。実生活で接することができないような立場の人の話も、文章化されていれば気軽に読むことができますよ。

 

いかがでしたか。相手の気持ちが苦手な人必見!心を察する5つの方法をお伝えしました。相手の気持ちや心を察する方法を知っておくことで、人間関係をより円滑にすることや、良好に維持することができますね。

また、人と接することがあまり得意ではないという人にとっては、最適な距離感を保ちながら人間関係を築くことに役立つはずです。

社会の中で生きていくにあたり、相手の気持ちや心を察して気配りができることで、損をすることはありません。むしろ、気を利かせることができることは、その人の評価を高めることに繋がります。

今回お伝えした方法で相手の気持ちを察する力を身につけて、気が利く人間になって、自分にとって快適な人間関係を築いていってください。

まとめ

相手の心を察するためには

・ 普段から相手のことを観察しましょう。
・ 意識して相手の表情をしっかり見ましょう。
・ 相手の立場に立って考えてみましょう。
・ 一度、自分の感情と向き合ってみましょう。
・ 幅広い世代や立場の人たちと話をしましょう。


連記事