友達がいない人に試してほしい、仲間を上手に作るコツ

友達がいない人に試してほしい、仲間を上手に作るコツ
友達がいない人にとって、仲間を作るという行為はわくわくすると同時に、同じくらい不安で恐いことでもありますよね。仲間を作るんだ!と思い立ったても、「性格やノリが合わなかったら…」「バカにされるかもしれない…」など、ネガティブな考えでいっぱいになってしまうでしょう。

それに、「仲間」とは、作ろうと思っても作れるものではありません。お金や物で機嫌をとったり、気を引いたとしても、一時的には一緒にいてくれるかもしれませんが、トラブルやまずいことが起きれば、即座にあなたを見捨ててしまうでしょう。

仲間とは意識しなくても、ごく自然な流れから生まれ、時間をかけて強いきずなを作ることで得られるものなのです。今回は、友達がいない人にこそ試してほしい、仲間を上手に作るコツをお伝えします。

 

友達がいない人に試してほしい、
仲間を上手に作るコツ

 

自分自身を掘り下げてみよう

友達がいない人が仲間を作ろうと思ったら、まずは自分自身のことをよく知っておくことが大切ですよね。

自分の人生でどんな目標を掲げているのか、それに向かって日々どんな勉強や努力を積み重ねているのか、何をするのが好きで、何が嫌いなのか、自分にまつわることをあなた自身が理解しておく必要があるのです。

あなたはどんな人物なのか、突然問われても「私はこんな人間である」と言葉でサッと説明できるくらいになると良いでしょう。

また、自分自身を知ることは、自分が輝ける分野に気づくことができ、自分に見合った仲間を見つけやすくなるのです。友達がいない人は、まず自分自身を掘り下げてみることから始めてみましょう。

 

ひとりきりでも楽しめるようになろう

友達がいない人が仲間を作りたいのなら、たった一人でも何かに没頭したり、趣味に勤しんだりできなければいけません。

仲間を作るのが上手な人は、どんな業界やジャンルでも、仲間がひとりもできなくても、たったひとりで延々と楽しんでいられる人なんですよね。

そういう人は、他人からの評価を一切求めていません。逆に言えば、他人を優劣で評価したりしないため、人が安心して近寄ってくることになり、自然と仲間が増えていくわけです。

友達がいないのであれば、まずは他人の評価を気にせず楽しめることを見つけて、大いに「ひとりきり」を楽しんでみましょう。

 

同じ趣味や価値観を持つ人のいる場所へ行こう

友達がいない人が仲間を作るには、同じ趣味や価値観を持っている人たちが集まっている場所へ足を運んでみましょう。

あなた自身がその場所にいるということそのものが、他の人たちに対して「私はあなた方の仲間です」とアピールしていることになりますよね。

仲間を作ろうとしなくても、自然と会話が始まり、いつの間にか仲間になっていることでしょう。仲間は努力して作るものではなく、テレビのチャンネルを合わせるように、仲間がいる場所にあなたのチャンネルを合わせるだけなのです。

友達がいない状態から仲間を作るには、あなた自身がいかに緊張してないで、楽でいられるかが重要になるでしょう。

 

上下関係を作らず、対等に接しよう

友達がいない人が仲間を作るコツとしては、上下関係を作らず、対等な関係を作ることが大事ですよね。これまでひとりきりでやっていた趣味や仕事で、仲間になってくれる人、仲間になろうとしてくれる人と出会った時には対等な友人として迎えましょう。

その人は、あなたの良き仲間であり、パートナーであり、そして最初のあなたの理解者となってくれるだけでなく、さらに新しい仲間を呼んでくれる呼び水的な存在になってくれるのです。

友達がいないと悩む人は、上下関係や立場にこだわっているかもしれません。最初のひとりが「あなたといると楽しい」と思ってくれるためにも、支配し支配される関係ではなく、互いを尊重し合える関係を作ることを普段から心掛けましょう。

 

価値観の違いを受け入れよう

友達がいない人によく見られる傾向として、他人の考えや価値観を否定し、他人との違いを受け入れられないことがありますよね。

仲間を作りたいのなら、他人との考えを否定するのではなく、自分と他人の意見や価値観は常にイコールではないことを知りましょう。

逆に、価値観や意見がまったく同じである、という人を見つけることのほうが難しいはずです。それに、せっかく仲間になってくれた人を傷つけてしまったり、ケンカしてしまったりなどトラブルに発展するかもしれません。

友達がいない人は、ひとつの価値観にすがすのではなく、より多くの価値観や考え方を受け入れられるように、柔軟な心と頭を持つことを目指しましょう。

 

いかがでしたか。友達がいない人でも、ほんの少しだけ発想や見方を変えるだけで、仲間をつくることが簡単になりますよね。

自分を深く知ること、一人でも楽しめる自立心を養うこと、同じ趣味を持つ人がいる場所へ行くこと、対等に付き合うこと、他人との違いを受け入れること、これらを完璧にこなす必要はなく、少しずつその方向へ舵を切るだけで、仲間はすぐにでもできるはずです。

SNSを使えば、人と簡単に繋がることができる時代ですが、仲間を作る時の基本的な考え方は今も昔も変わっていません。

友達がいない人はSNSをやっていないからではなく、対等に人と向き合うことを避けているばかりか、自分と向き合うことからも逃げていると言えるでしょう。まずは、自分と仲良くなり、自分自身を仲間にするところからスタートすることをおすすめします。

まとめ

ゼロから仲間をつくるには

・ 自分自身を掘り下げてみよう
・ ひとりきりでも楽しめるようになろう
・ 同じ趣味や価値観を持つ人のいる場所へ行こう
・ 上下関係を作らず、対等に接しよう
・ 価値観の違いを受け入れよう


連記事