初心者に最適な、簡単に始められる多肉植物の育て方

初心者に最適な、簡単に始められる多肉植物の育て方
多肉植物の育て方はとても簡単だという人もいますが、実際に育ててみると意外と難しいですよね。多肉植物はとても種類が多く季節ごとに楽しめるものや、色々なサイズなどバラエティに富んでいる点が魅力です。

多肉植物の育て方はいくつかの基礎を抑えておかないと枯れてしまう可能性もありますので、失敗しないように事前に知識を覚えておきましょう。

とくに初心者の方、多肉植物の育て方は一般的なお花や観葉植物とは違う面がありますので、どんなポイントを注意するべきか正しく理解してから栽培を始めてください。

ガーデニング人気が高まるなか、忙しい生活を送る人達にとって植物は癒しの存在になっています。そこで本日は多肉植物を初心者が楽しく育てられる大切なポイントをお伝えします。

多肉植物とはなにか特徴を覚えておきましょう 

多肉植物の育て方に取り掛かる前に、まずはどんな植物なのか特徴を知りたいですよね。多肉植物と聞くと観葉植物と勘違いしてしまう人もいるかもしれませんが、サボテンのように根っこや葉に水分を溜めて育つ植物のことです。

ほとんどが水分でできているので、とても個性的な品種も多くふっくらした形や手がかからないことから、ガーデニングが初めての人でも簡単に育てることができます。インテリアとしても相性がよく、なかには多肉植物を自分のペットのように愛着を持って育てている人もいます。

多肉植物は自生する地域によって夏型種・冬型種・春秋型種の3タイプがありますので、多肉植物の育て方の全体像を知るためには、それぞれの特徴についても理解しておきましょう。

 

水やりのタイミングに注意しましょう

多肉植物の育て方はとても簡単といわれていますが、ほとんどが水でできているため頻繁に水やりするべきなのか迷いますよね。多肉植物で失敗しやすいポイントの一つに水やりがありますが、注意したいのはあげるタイミングです。

一般的に春と秋に最も成長するため、この季節は水やりのタイミングをさらに意識してください。基本的には土の表面が乾燥したら水やりをします。頻度は多肉植物の休眠期の夏と冬はひと月で1回程度。

これ以上こまめに水をあげてしまうと根腐れして葉がしおれてしまう可能性があります。必ず土の乾燥具合を確認してから水やりをしましょう。
 

 

風通しのよい場所で育てましょう

多肉植物の育て方で注意したいのはどんな場所が適しているのか判断する点ですよね。もともとは乾燥した土地に自生する植物なので日光が大好きなため、適度に日当たりがよい場所を選んでください。屋外で育てる場合は直接雨が当たらない屋根の下やベランダなどがよいでしょう。

夏の強い日差しはなるべく避けて、室内で育てる時は日中は日陰ができるような場所を選ぶか、移動してあげると安心です。

日光はどのタイプの多肉植物にも共通する点なので、初心者はまず管理しやすい窓際などをオススメします。また風通しも大切な育て方のポイントになりますので、場合によっては扇風機で風を送ることも大切です。

 

鉢の大きさに気をつけましょう

多肉植物の育て方は初心者でもインテリアのようにスタートできる点がとても魅力ですよね。素敵なデザインの鉢や容器が色々ありますので、部屋のインテリアと相性を合わせて品種を選べる点も楽しみのひとつです。水はけがとても大切なので鉢は底面に穴が開いたタイプを使いましょう。

そして小さい鉢だと根がなかで絡まってしまい根腐れになる可能性がありますので、大きさのバランスを考えて適度なサイズの鉢を選んでください。つい鉢は見た目で選びがちになりますので、どれぐらい育つ品種なのか、また鉢が小さくなったら植え替えをして育つスペースを与えましょう。

 

トラブル対処のコツを知っておきましょう

多肉植物の育て方でよくある失敗が葉がぶよぶよになり黄色く変色したり、しわしわに枯れてしまうことがありますよね。これは水のやりすぎが考えられますので、タイミングとしては葉のハリ感が不足した頃に水やりをしましょう。

しわしわに枯れてしまうのは日光の当たりすぎも考えられますので、窓際で暑くなる場所は長時間外出するときは移動しておくと安心です。それぞれの品種の育て方に従って注意点を守り楽しんでください。

 

このように多肉植物の育て方は一般的な植物とは違い、手間をかけすぎると逆に弱ってしまう可能性があります。何もせずに放置してしまうのもNGなので、ほどほどのタイミングでケアをしないといけませんよね。

初心者にも簡単な種類としてはアロエや緑の葉がとてもきれいなアガベ、花が咲くアデニウム、ひょろひょろと生えるアボニアなどがあります。またインテリア風にコーディネートするなら、机の上にスタンド状に置いたり、アートのように壁掛けにする、またガラスに入れて育てるなど楽しみ方が色々。

このような多肉植物の育て方は基本的な知識を理解しておけば、自由なアイデアでエンジョイできます。どれも素敵な魅力がある多肉植物、どれから育てるか色々と見比べてみましょう。

まとめ

初心者が簡単にできる多肉植物の育て方とは

・ 多肉植物とはなにか特徴を覚えておきましょう
・ 水やりのタイミングに注意しましょう
・ 風通しのよい場所で育てましょう
・ 鉢の大きさに気をつけましょう
・ トラブル対処のコツを知っておきましょう


連記事
自然 生活
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました