仕事辞めたい理由を分析して最善の行動を決断する方法

仕事辞めたい理由を分析して最善の行動を決断する方法
縁があって入った会社ですが、仕事辞めたいと思ったことってありますよね。そもそも、この記事を読んで下さっているのですから、もしかしたら、どうしても仕事辞めたいという切羽詰った状態なのかもしれまん。

しかし辞めても、仕事が見つかるか、新しい会社でも、同じようになってしまうのではないかなど、不安材料はたくさんあるでしょう。それに、今は仕事辞めたいと思っていても、辞めてから後悔する人も多いのです。

だからこそ、本当にあなたが選ぶ道を、真剣に分析して、辞めるかどうか考えてみませんか。勢いで辞めるのも、ダメとは言いませんが、後悔してほしくないのです。そこで今日は、仕事辞めたい理由を分析して、最善の行動を決断する方法を5つ、お伝えします。

 

仕事辞めたい理由を分析して
最善の行動を決断する方法

 

給与が少ない

基本給等の条件は、しっかりと把握して採用試験を受けているのに、入社してから、実際の支給額が少ないと感じているから、仕事辞めたいという気持ちが出てきたのでしょうか。もしくは、業績の悪化で、ボーナスの支給が激減してしまったのが原因だったとしても、収入面に関しては、転職もしくは副業を始めるしか方法はありません。

副業禁止なら、働きながら、転職先を探すのが一番です。辞めてしまって収入が無くなると、今よりも生活が大変になってしまいます。年齢と共に、良い条件での転職は難しくなってしまう為、出来るだけ早く行動に移した方がいいですね。

確実に、今より年収がアップする所を選ばないと、将来もらえる退職金等を含めると、損をすることもあるので、しっかりと見極めるようにしてください。

 

仕事の内容に不満がある

入社しても、自分がやりたかった業務につけるとは限りませんよね。やりたかったことがある人ほど、仕事の内容に不満を感じてしまい、仕事辞めたいと何度も思うのです。では、どんな仕事内容なら、不満なく働けるかを考えてみてください。

それが、社内で出来る仕事なのかを確認し、無理なら転職を考えるしかありません。異動を志願すれば出来る可能性があるのなら、退職するのは勿体ないですよ。もちろん、異動願いを受理してもらえるかは、あなたの熱意も関係してくる為、やりたいことがきちんと上司に伝わるように話してください。

くれぐれも、今の部署の不満は言わない様にしましょう。印象が悪くなるだけでなく、異動出来なかった時に、あなたが居づらくなってしまうので、気を付けてくださいね。
 

 

人間関係がつらい

仕事だけでなく、人間関係は、たくさんの悩みを生み出してしまうもの。特に会社にいる時間は、1日の中で多くを占めている為、人間関係が良好でないと、非常につらくなってしまいます。

しかし、人間関係が悪い状態の原因があなたの場合、転職しても、同じことで苦しむでしょう。挨拶をしない、自分が悪いのに謝らない等は、あなた自身が改めないとダメですよ。普段の行動を振り返り、あなたが原因の可能性が否めないのなら、まずはそれを改善してください。

それでも、人間関係が良い方向に行かないのなら、異動、もしくは転職活動を始めればよいのです。会社を辞めずに転職活動を開始すると、時間がかかることもありますが、もうすぐ辞められると、気持ちが楽になる為、人間関係が気にならなくなり、意外と楽に働けますよ。

 

労働条件に不満がある

仕事にやりがいがあって、会社の雰囲気が可もなく不可もなくであれば、仕事辞めたいと思わないわけではありません。残業が多い、休みが取れない、ノルマが厳しい等、労働条件がキツイと、今後に不安を感じるものです。実際、残業がサービス残業になってしまっている人もいますよね。

サービス残業なんて、あってはいけないものなので、改善出来ないか、あなたが行動に移してみてはどうですか。それで会社に居づらい雰囲気になってしまっても、正当なことを言っているのですから、労働基準局に訴えればいいだけです。

ただし、出来ないのなら、会社を辞めるか、このまま我慢して働くしかないでしょう。実際、労働条件に不満がある人は、社内にたくさんいるので、仕事辞めたいという理由が、労働条件なら、改善努力という行動を取ってみるのも、ひとつの方法ですよ。

 

働く意欲が無くなる

会社が嫌という訳でもなく、とにかく仕事辞めたいという人も多くいます。働きたくなくて、出社しても仕事に身が入らないとか、何となくこの仕事を続けたくない等、完全に働く意欲が無くなってしまうこともあるでしょう。

ですが、この場合、すぐに会社を辞めるのは危険ですよ。辞めてもすぐに失業保険はもらえないので、最低でも、3~4ヶ月は暮らしていける資金がないと、生活に困ってしまいます。

それに、仕事辞めたいという理由の場合、即、就職活動をしようという気持ちが持てない為、離職期間が長くなって、転職に不利になってしまうこともあるので、それを踏まえて行動しなくてはいけません。

このケースの場合、何らかのストレスが原因の場合が多いので、有給休暇をたっぷり取って、旅行等でリフレッシュすると、仕事辞めたいというのが、治まることもあるので、それから考えてみても遅くはありませんよ。

 

いかがでしたか。仕事辞めたいという理由を分析すれば、あなたの今後の行動がある程度、決まってきます。今は、転職雑誌やサイトがたくさんあるので、簡単に転職出来そうな感じがしますが、実は、今以上の条件というのは、勤務している会社がブラック企業でない限り難しく、あっても採用の基準が高いものが多いので、熟慮してください。

もちろん、あなたの実績によっては、短期間で新たな就職先を見つけることも出来るでしょう。しかし、愚痴を言いながらでも、仕事辞めたいという気持ちを封印すれば良かったと、転職を後悔している人も多いのが実情です。

だから、仕事辞めたいという理由の分析、そして会社を辞めない場合と辞める場合のタイムスケジュールを作り、じっくりとどちらにするか考えてください。そして何年か経って、正しい決断をしたと納得出来る選択をしましょう。

まとめ

会社辞めたい理由とは

・ 給与が少ない
・ 仕事の内容に不満がある
・ 人間関係がつらい
・ 労働条件に不満がある
・ 働く意欲が無くなる


連記事
ストレス仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会