上司を嫌いになる前に試したい、人間関係を円滑にするコツ

上司を嫌いになる前に試したい、人間関係を円滑にするコツ
会社に属する上で、上司を嫌いになる前に適度な距離感を保ちながらできる限り良好な人間関係を築くことが大切ですよね。気の合う同僚や仲間がいることも大切ですが、上司との関係をできる限り悪くしないようにすることも非常に大事です。

けれどそれは、上司にひたすら従うような、乱暴な表現をすれば媚を売るようなことではありません。年長者や立場が上の人に対する気配りや適切な態度を意識するということです。ただ、人間同士ですから、どうしても性格的に合わない相手もいるでしょう。

そういう上司との関係を円満に保つのは簡単なことではありません。そこで今回は、上司を嫌いになる前に試したい、人間関係を円滑につるコツをお伝えします。

礼儀正しくすることを常に意識しましょう

上司を嫌いになる前にというより、どのような人間関係であっても円滑にするためには礼儀をきちんと守ることが大前提です。基本中の基本ですね。世の中には色々な人がいますので好き嫌いがあるのは仕方ありませんが、どうにも合わない嫌な相手だからといって礼儀に欠けた態度を取るのは非常識です。

そんなことをしていれば、上司を嫌いになる前に自分が周囲の人々から非難の目を向けられてしまいます。社会の中で人間関係を円滑にしたいのであれば、まずは礼儀正しくすることを意識してください。さらに良好な人間関係を築くために、お詫びや感謝を2回伝えるように心がけましょう。

何かあったその場ですぐ謝罪やお礼をするのは当たり前ですが、例えば帰る前に「今日は申し訳ありませんでした」と改めて謝ったり、朝の挨拶に「昨日はありがとうございました」と一言添えたりするのです。これだけでも、相手からの印象はかなり違ってくるものですよ。

 

自分の役割に徹してきちんと上司をたてましょう

先にお伝えした礼儀正しくすることにも繋がりますが、組織の中での立場や役割をきちんと果たすことも人間関係を円滑にするコツです。自分が上司の立場になったと考え、理想の部下を想像すると良いですね。

いくら人間性が合わなくても上司は上司。部下としての立場はちゃんとわきまえなければいけません。上司を嫌いになる前に、きちんと上司をたててサポートできるように部下である自分の役割をしっかりと務めましょう。

上司が嫌なタイプだから仕事ができない…なんて言い訳はちょっとカッコ悪いと思いませんか?もちろん、人間関係が良好でなければ良い仕事ができないかもしれません。

ただ、組織での仕事はチームワークです。自分の仕事を全うするよう努めることは組織全体のためになりますよ。人間としての好き嫌いと仕事上での立場をより明確に区別するよう意識しましょう。

 

適切な距離感を保つことを心掛けましょう

さて、どれほど上司が苦手でも同じ組織で仕事をする以上、顔を合わせずにいることはできませんね。先ほど、自分の役割をしっかり務めましょうとお伝えしましたが、人間関係を円滑にするためには歓送迎会や忘年会などの仕事以外の“お付き合い”に全く参加しないという訳にもいきません。

ですから、性格が合わない上司を嫌いになる前に、上司との適切な距離感をつかんでそれを保つことを心掛けてください。

いくら嫌だからといっても、あからさまに避けるような態度を取っていれば、相手にも自分の苦手意識が伝わってしまい、ますます関係がぎこちなくなってしまいますよ。良好な人間関係を築くためにはその人とのより良い距離感が大切です。

 

上司の性格を把握して良い点や注意すべき点を見つけましょう

ある人との距離感を測る上で、その人の人柄を知ることはとても大切です。どんな性格なのか知らないと適切な付き合い方もわかりませんよね。何となく気が合わなさそうだと感じても敬遠せず、本当に上司を嫌いになる前にある程度は把握しておきましょう。

接する上で注意するべき点はもちろんですが、良いところも見つけておくことが大切です。性格的に嫌な部分があっても、その組織にとって必要な人材であるということは珍しくありません。別に友達として付き合う訳ではありませんから、冷静な目で判断してください。

性格的な部分で上司を嫌いになる前に、仕事をする上でこういうところが優れているということがわかれば、人間関係も円滑になるはずです。また、自分にとっては合わない相手であっても、他の人にとって同じとも限りません。周囲への態度も見ておくと良いでしょう。

 

味方にならなくても絶対に敵にはならないようにしましょう

先ほどもお伝えしましたが、上司とは別に友達として付き合う訳ではありませんから、必要以上に仲良くする必要はありません。苦手な上司なら尚更、私的な付き合いにまで発展しても困りますよね。ただ、絶対に敵にならないようにしましょう。

陰で愚痴をこぼしたり、他の人の愚痴に明らかな同調を示したりして、上司に反感を抱くグループの一員などにはならないようにしてください。悪い意味での派閥ができてしまうことは、円滑な人間関係を築く妨げになります。

悪くすれば自分が上司を嫌いになる前に、野心を持った人物の派閥争いに巻き込まれる可能背も無いとは言えません。

適切な距離感を保つことが大切であることは先にお伝えしている通りですが、上司との関係性だけでなく組織全体として人間関係を円滑にすることも意識しておきましょう。そうすれば、上司を嫌いになる前に、組織の中で良好な人間関係を築いていくことに気持ちが向きますよ。

 

以上、上司を嫌いになる前に試したい、人間関係を円滑につるコツを5つお伝えしました。人間同士のことですから、好き嫌いがあるのは仕方がありませんよね。100%誰にでも好かれ、全ての人に好印象を与える人間なんていないのですから。

ただ、職場の人間関係は自由な交友関係と違って、嫌な相手だから付き合わなくていいという訳にはいきません。特に上司という立場的に従っていかなければならない相手が苦手なタイプだと辛いですよね。

本当に上司を嫌いになる前に、苦手なりに上手な付き合い方をしていくことができれば、それに越したことはありません。

同じ組織に属している人たちがそれぞれに、気が合わない相手と適度な付き合い方ができれば全体の人間関係も円滑になるはずです。今回お伝えしたコツをぜひ参考にして理想的な職場環境を築いてください。

まとめ

上司を嫌いになる前に試す人間関係を円滑にするには

・ 礼儀正しくすることを常に意識しましょう
・ 自分の役割に徹してきちんと上司をたてましょう
・ 適切な距離感を保つことを心掛けましょう
・ 上司の性格を把握して良い点や注意すべき点を見つけましょう
・ 味方にならなくても絶対に敵にはならないようにしましょう


連記事