ひとりぼっちになりたくないなら必読のコミュニケーション術

ひとりぼっちになりたくないなら必読のコミュニケーション術
人生いろんな場面で「ひとりぼっちになりたくない」と思ってしまうことってありますよね。ふとしたきっかけで人恋しさを覚えたり、新しい環境や状況に飛び込んで不安を覚えたり。

「そんなの感じたこともない」という、メンタルの強いうらやましい人もたくさんいますが、繊細でちょっとしたことにも戸惑いを感じてしまう人も同じくらい多いものです。ですが、心で思っているだけでは悶々とした気持ちがたまるだけ。

いつまでたっても、何も解決はしません。一人ぼっちにならないための方法はただ1つ「誰かとコミュニケーションをとること」です。そこで今回は、ひとりぼっちになりたくないと感じているあなたに試していただきたい、コミュニケーション術のポイントについてお伝えします。

深呼吸でもして、リラックスするところから始めましょう

ひとりぼっちになりたくないと思うあまり、常に緊張してはいませんか?警戒心は意識していなくても、結構表に出ています。肩に力が入っていたり、1人になったとたんにどっと疲れが押し寄せたりするようなら要注意。

ひとりぼっちになりたくない気持ちが強くなると、どうしても自意識過剰になります。他人からの視線やどう思われているかが気になりすぎて、落ち着きがなくなったり、視線が泳いだり、挙動不審な言動が多くなったりしてしまうものです。

まずはリラックスを心がけましょう。他人は「良い意味で」それほどあなたを気にかけてはいません。よっぽどのことがなければ、いきなりあなたを避けようとする人はいないはずですよ。人からどう見えるかを気にする前に、自分の気持ちを楽にする方を優先してください。

 

ポジション取りを意識してみましょう

ひとりぼっちになりたくないと思いつつも、どうしてよいかわからない……と悩む人は、たいてい繊細な心を持つ人です。おとなしく控えめな性格ゆえにちょっと消極的な部分があるのではないでしょうか?

ですが、ひとりぼっちになりたくないという気持ちが大きいなら、ここは1つ勇気を出して、皆が集まる場所では「両隣に人がいるポジション」を選んでみましょう。そばに会話の中心になるような人や、積極的に話してくれる人がいればなおベストです。

ひとりぼっちになってしまう人はついつい「隅やはじっこを選ぶ」傾向がありますが、これでは誰とも話をしないまま、もしくは認識すらされないまま終わってしまう可能性が高くなってしまいますよね。

話好きな人のそばにいれば、相手から話しかけてくれるかもしれませんし、自分からあれこれ話さず相槌を打っているだけでも、その場の会話に参加している形をとれますから、ひとりぼっちを回避できますよ。

 

同じように1人でいる人を探してみましょう

ひとりぼっちになりたくないのはあなただけでしょうか。もしかしたら、あなたの他にも、あなたと同じように「ひとりぼっちになりたくないけれど自分から話しかけられない」と悩んでいる人がいるかもしれません。

焦らず周りを見渡して、同じように1人でいる人を探してみるのも一つの手です。本当に1人でも苦にならない・もしくはめんどくさいから1人でいるという人もいますが、70%以上の確率で、話しかけてみると案外話を返してくれるものです。

会話の際は、「はい」「いいえ」で終わってしまう内容ではなく、できるだけ相手の話を引き出せるような話題をぶつけてみるとよいでしょう。

あまりあれこれ聞き出すと、相手はかえって尋問されているような気分に陥ってしまいかねないので、反応を見ながら、会話のキャッチボールができるように持っていけるといいですね。

 

1人でいることをデメリットだと思わないようにしましょう

ちょっと考えてみてください。あなたがひとりぼっちになりたくないと思う根底には、なにがあるのでしょうか。ひとりぼっちになりたくないと必要以上に気にしてしまう人は、周囲からの印象や、自分の自信のなさに振り回されている傾向があります。

本来1人でいることは、不利なことでも何でもないのだと自覚しましょう。群れに入れないと不安がることも、周りがグループを作っている中1人でいるのが気恥しいと感じることもありません。

ただ、情報を得たい・群れに入る必要性があるといった「自分が誰かとつながる必要性がある」時にだけなんとなく誰かとつながればいい。そんな関係性だってアリなんです。

人は群れると、本来自身がもっている決断力や判断力が鈍るもの。誰もが人任せになってしまうゆえに、かえって効率が落ちる時もあります。「1人でいる」ことに自信を持てるようになると、意外と相手の方から話しかけてもらえるものですよ。

 

さて、ひとりぼっちになりたくないという思いにとらわれすぎると、かえってあなた自身の良さが失われてしまいます。「1人でも大丈夫だけど、誰かといるとより便利かな」と開き直れるくらいまで、視点や思考を変えてみましょう。

誰だって、おどおどしている人や自信がなさ過ぎて挙動不審になっている人よりは、堂々としている人の方が話しかけやすいものですよね。そして「ひとりぼっちになりたくない」と思っている人は、結構周りに多いもの。

話してみたら「あれ、あなたも同じ?」なんて拍子抜けすることもしばしばです。自分だけが不安なのだと思うことはありませんよ。話しかけてみて、うまく話が合えば儲けもの。そのくらいの気持ちで楽に構えてみてください。

まとめ

ひとりぼっちにならないためには

・ 深呼吸でもして、リラックスするところから始めましょう
・ ポジション取りを意識してみましょう
・ 同じように1人でいる人を探してみましょう
・ 1人でいることをデメリットだと思わないようにしましょう


連記事