就活面接でいつもうまくいかない人が見直すポイントとは

 就活面接でいつもうまくいかない人が見直すポイントとは

就活面接は就職活動にとって最大のキーポイントですよね。しかし、就活面接って非常に緊張しますし、最近ではわざと意地悪な質問をして受験者を追い込む「圧迫面接」を行う企業も増えてきました。

このように、就活面接を成功させるには相当の準備と努力が必要と言えるかもしれません。さて今回は、就活面接を成功させるために必要なポイントをお伝えします。

突然ですが、あなたが面接官だったらどんな人を採用したいですか。就職させるなら、会社の益になる人に内定をあげたいですよね。

つまり、就活面接を成功させるには、面接官の気持ちに立つことが重要。面接官の気持ちに立つと就活面接でなぜうまくいかないのかが見えてきますよ。では、さっそく就活面接で見直したいポイントを整理してみましょう。

 

就活面接でいつもうまくいかない人が
見直すポイントとは

 

見た目を意識して印象をアップさせよう

あなたは、メラビアンの法則をご存じでしょうか。メラビアンの法則とは、人の第一印象は、話す内容よりも見た目で決まるというもの。

就活面接でどんなに良いことを言っていても、寝癖があったり、スーツやシャツにシワがあるようでは就活面接はうまくいきません。

「清潔・上品さ・控えめ」という3つの要素を意識して、もう一度身だしなみを見直してみましょう。また、立ち振る舞いも就活面接に重要な要素。

姿勢が美しい人は、相手にさわやかな印象を与えますし、歩き方や座り方などの立ち振る舞いがキビキビしていると信頼感が得られます。身だしなみと同じ位立ち振る舞いにも気を配って下さい。

 

自己分析をして企業に必要な人材になろう

経営において「誰をバスに乗せるか」という有名な話があります。これは、バスに乗る人をまず決めてから目的地であるゴールを決めるというものです。

しかし、多くの企業ではすでに目的地は決まっていますよね。ですから、必然的にバスにのる人は決まってしまっているのです。あなたがやるべきなのは、会社が目的地までいける人材になることです。

そのために、自己分析を行い、会社が目的地まで行けるために自分には何が必要なのか見極めることが重要になってきます。

自己分析は、あなたの長所や短所だけでなく、将来像について考えたり企業との適性を判断するのにも重要なツールです。あなたも、自己分析を行って自分を見つめ直してみましょう。

 

謙虚さを忘れないようにしよう

内定を取るには、あなたが企業にとってどれだけメリットがあるのかをアピールしなければなりませんよね。しかし、企業が企業面接で最も重視しているのは、あなたの人柄。ですから、自分自身を売り込む際にも謙虚さが必要です。

企業への課題点や問題点を指摘する場合、上から目線になってしまう人もいますが、謙虚さを忘れてしまった面接では、あなたの印象は悪くなってしまうでしょう。「周囲の方のお陰で」自分が○○できたという謙虚な姿勢で自己アピールをした方が好印象ですよ。

 

企業研究をしよう

就活面接を成功させるには、企業研究が欠かせません。では、具体的にどのように企業研究を行えばよいのでしょうか。これも、面接官の立場になれば見えてきます。

面接官は、実際に各受験者が実際に就職したらどうなるかという視点で企業面接を行うので、具体的に将来その会社で働いているイメージが持てる受験者を選ぶ傾向にあります。

企業研究は、自分がその企業に就職したら、どんな仕事ができるのか将来どうしていきたいのかを具体的に伝えるツールと考えましょう。

情報は企業のホームページや専用サイトなどで仕入れることができます。可能であればOB・OG訪問をして現場の生の声も引き出すと良いでしょう。

 

アドリブ力を鍛えよう

時に事前に準備していない質問に答えなければならない場面は就活面接では良くあること。もし、事前に準備していない質問にしどろもどろになってしまったり、的外れな答えをしてしまうならアドリブ力を鍛えましょう。

アドリブ力でもっとも重要なのは冷静な対応です。準備していない質問をされたら、一度深呼吸をして落ち着いてから話をはじめて下さい。

また、アドリブ力を鍛えるには、予備知識が非常に重要です。普段から新聞やインターネットで最新の情報を取り入れていると良いでしょう。

 

いかがでしたか。

就活面接で見直すポイントは、面接官の立場で物事を考えることでしたね。身だしなみや立ち振る舞いは最低限のマナーです。まずは、見た目を意識するだけでも面接官の印象が異なりますよ。

更に、面接官は自分の会社の益を考えて内定者を選んでいます。今回お伝えしたのは、自己分析や企業研究をして企業の特徴に自分を合わせることや、謙虚さなどの人柄を磨くことでしたが、他にも重要な要素は沢山あります。

企業にあなたが面接官だったら、どんな人を採用したいかということを考えならが面接に臨むと、何を話せば良いのか、どのように話せば良いのかが自然と理解できるようになるでしょう。

このように、就活面接を成功させるには視点を変えることが重要です。あなたもこの機会に就活面接のポイントを見直してみましょう。

 

まとめ

就活面接を成功させるには

・ 見た目を意識して印象をアップさせよう
・ 自己分析をして企業に必要な人材になろう
・ 謙虚さを忘れないようにしよう
・ 企業研究をしよう
・ アドリブ力を鍛えよう


連記事
面接 仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました