職場の人間関係を自然に改善できる5つの挨拶とその方法

職場の人間関係を自然に改善できる5つの挨拶とその方法
職場に限らず人間関係を良好にするためには、礼儀を大切にすることがとても重要ですよね。挨拶はその礼儀の1つ。基本中の基本とも言えるでしょう。もちろん、きちんとした挨拶をすること以外にも丁寧な言葉遣いや相手の話を聞く姿勢など、礼儀として大切なことは色々とあります。

ひと言声を掛けるだけの挨拶に対して、そこまで重要だと考えない方がいらっしゃるかもしれません。特に、職場の人間関係に悩んでいる方にとっては、挨拶だけで雰囲気が良くなるのなら苦労はしないと思われるでしょう。

けれど、そのたった一言の挨拶が、少し気を配ったり言い方を工夫したりするだけで、職場の人間関係を改善するために欠かせないものになるのです。そこで今回は、職場の人間関係を自然に改善できる挨拶についてお伝えします。

相手より先に挨拶することを心掛けましょう。

まず、職場の人間関係をより良くする挨拶のコツとしては、相手を見つけたら相手より先に自分から挨拶をすることです。逆の立場でも挨拶してもらえるって嬉しいですよね。

もちろん、相手が上司など自分より立場や年齢が上の人でも、逆に後輩や年齢が若い人達に対しても、その相手に相応しい態度を取ることは大前提です。ただ、目上の人には話しかけにくい、苦手な人がいるという場合もありますよね。

けれど、冒頭でもお伝えしましたが、良好な人間関係を築いていくために挨拶は基本中の基本です。職場の人間関係を改善しようとするのであれば、そういった話しづらい相手にこそ、勇気をもって積極的に挨拶するようにしていきましょう。

 

挨拶する相手の方をきちんと向きましょう。

先に挨拶することができなくて相手の方から挨拶をされた場合にも、ポイントがあります。それは挨拶を返す相手の方にきちんと向くことです。相手から声を掛けられているのに、相手の顔も見ずにいるのはイメージが良くないですよね。

職場の人間関係を改善しようとしているのに、印象を悪くしてしまっては意味がありません。先ほども触れましたが、苦手な人がいる場合でも声を掛けられたらきちんと相手の方を向いて挨拶を返してください。

また、相手がどんな人かに関係なく、相手の顔を見ながら話をするのが恥ずかしいという方がいらっしゃるかもしれませんが、挨拶は一言で済みますので話す相手の方をちゃんと向きましょう。それが、礼儀正しい挨拶の仕方です。

 

状況によっては挨拶と共にお辞儀や会釈をしましょう。

挨拶をする際に相手の方をきちんと向くことが非常に大切だとお伝えしましたが、時間やタイミングなどが良ければ軽くお辞儀や会釈をするとより丁寧です。礼儀正しい挨拶はお互いに気持ちが良いですよね。

ただ、職場の人間関係を考えた場合、あまりに深々としたお辞儀をすると逆に不自然になったり、軽い会釈だけだと失礼になったりするので、注意しましょう。お辞儀や会釈は声を出せない環境でも挨拶ができるので、そういった静かな環境で自然に活用できるようにしておきましょう。

 

明るく自然な笑顔を意識しましょう。

さて、職場の人間関係はもちろん、接客など初対面の人と接する仕事や新しく参加するサークルでの集まりなどで挨拶する場合でも、笑顔を意識することはとても大切です。そこに居る人たちが明るくないと、その場所に活気は生まれませんね。だからと言って、無理な作り笑顔でいる必要はありません。

ただ、職場の人間関係を改善しようとするのであれば、職場の雰囲気も穏やかで明るいものにするよう工夫はするべきでしょう。短い挨拶一つでも、表情の違いで印象もずいぶん違ってきます。変にテンションを上げるようなことはせず、自然な笑顔でにこやかに挨拶するように心がけてください。

 

挨拶と共に相手の名前や一言を添えましょう。

ここまで職場の人間関係を改善できる挨拶の方法としてお伝えしてきましたが、しっかり適した挨拶はできていると感じた方もいるでしょう。きちんと相手に向かってにこやかに挨拶をする、できる方には難しいことではありませんよね。

そんな方はより効果的な工夫として、挨拶に相手の名前や短い一言を添えることを意識してください。名前であれば、「おはようございます、○○部長」「〇〇さん、また明日」という感じです。また、例えば前日風邪気味だった後輩に「おはよう、〇〇くん。具合はどう?」と気遣う一言を添えます。

こうした何気ない言葉でも一言を添えたり名前を呼んだりすることで、挨拶を受けた側の印象は変わるものです。気持ちの良い挨拶はできていると自負する方も、一歩進んだ挨拶ができるよう普段から意識しておくと良いですよ。

 

以上、職場の人間関係を自然に改善できる挨拶とその方法をお伝えしました。職場の人間関係を改善したいと考えているということは、少なくとも現在の状態は好ましい雰囲気ではないということでしょう。

ただ、いくら職場の人間関係を改善したいと思っても、仕事の現場である以上は業務に差し支えるような劇的な変化は好ましくないはないですよね。その点、挨拶はごく当たり前に、自然に行っていることです。

ですが、新しい人間関係を築くための大切な第一歩でもあります。礼儀正しく親しみやすい挨拶ができるかどうかで、印象もがらりと変わってくるからです。今回お伝えした方法を参考に、職場の人間関係を改善するために、まずは挨拶を工夫することから始めてみてください。

まとめ

職場の人間関係を改善する挨拶

・ 相手より先に挨拶することを心掛けましょう。
・ 挨拶する相手の方をきちんと向きましょう。
・ 状況によっては挨拶と共にお辞儀や会釈をしましょう。
・ 明るく自然な笑顔を意識しましょう。
・ 挨拶と共に相手の名前や一言を添えましょう。


連記事