自分の価値を見つめ直して、新しい仕事を始める5つの方法

自分の価値を見つめ直して、新しい仕事を始める5つの方法
社会の中で生きていると、自分の価値について考えてしまうことってありますよね。仕事をし始めた頃は、新しい経験も多くてただ一生懸命に頑張るだけで月日が経過していた、という感じでしょう。

けれど、数年が経過してある程度の地位や立場になると、自分がそれに相応しいのか、そして、そもそも自分の価値とはどのようなものかと悩むことが増えてくるものです。その悩みが深刻なものになってしまうと、精神的に追い詰められて仕事をすること自体が出来なくなる恐れもあります。

仕事はその人の人生に深く関わるものですから、疑問や苦悩を抱えながら無理に続けるくらいなら、再スタートになったとしても自分に合った新しい仕事を始める方が良いはずです。そこで今回は、自分の価値を見つめ直して、新しい仕事を始める方法をお伝えします。

これまでの自分の生き方を細かく振り返ってみましょう

自分の価値を見つめ直すためには、自分がどんな風に生きて来たのかを振り返ることが必要です。平凡だと思っていた人生でも、結構山あり谷ありだったりしますよね。

そして、ただ振り返るだけでなく好きなこと・嫌いなことは何か、達成できた・できなかった目標、現在も進行形で描いている夢など、細かく分析するのです。“自分史”の年表を作ってみるのも良いですね。

自分の価値を見つめ直すということは、自分が周囲の人々や社会の中でどのような存在なのかということを、改めて認識することです。

また、これまでの人生を自己分析することによって、自分らしい生き方とはどのようなものかということも、よりハッキリと見えてくるはずです。より自分らしく、より自分の力を発揮できる仕事を新たに始めるために、自分自身のことをよく知っておきましょう。

 

これまでに達成できたことは何かを把握しましょう

自分の価値について考える時に、まず大切なのはこれまで何を成してきたのかということです。端的に言えば、どんなことを達成したのかということですね。

仕事の上での成功はもちろんですが、例えば、フルマラソンに挑戦して完走したということでも良いですし、3ヶ月で5kgのダイエットに成功した、というようなことでも構いません。大切なことは決めたことをやり遂げたという事実と。

それを達成するためにどんな計画を立て、その計画を実際にどのように進めたのかという過程です。この中に、自分の価値とはどういうものかという、ヒントがたくさんあります。そして、こうした成功体験は自信に繋がります。どんな些細なことでも良いので、できる限り挙げてください。

 

これまでの失敗とその対処方について分析しましょう

先ほどお伝えした成功体験を把握することと同じくらいに、自分の価値を見つめ直すためには失敗したことについてもしっかりと分析しなければなりません。辛いことかもしれませんが、今後への教訓になりますよね。

失敗についても、どのように失敗をしたのかという過程はしっかりと振り返ることが大切ですが、それに加えて、その失敗に対してどのように対処したのかということがより重要です。

失敗や目標が達成できなかったという結果はもちろん残念なことですし、深刻な状況を招く可能性もあるので無いに越したことはありません。

けれど、その失敗や未達成になってしまった状況を挽回したり、損害を最小限に抑えたりする過程は、普通に目標を達成していれば得られなかったものです。自分の価値を見つめ直すために、目を背けずしっかりと向き合いましょう。

 

自分を売り込むための“武器”を準備しましょう

さて、自分の価値を見つめ直すために、これまでの人生を振り返って成功と失敗について分析することで、ハッキリしてくることがあります。それは自分にとっての得意、不得意です。美点と弱点、でも良いかもしれませんね。

そうした自分の得手・不得手が明確になることで、自分が自信を持てること、注意するべきことを自覚することができます。そしてそれは、新しい仕事を始める上で自分をプロデュースするための武器であり道具となるのです。

新しい仕事を始めるにあたり、情熱や意気込みはもちろん大切ですが、自分の価値を示す“売り”となる何かはやはり必要になります。

ここまでお伝えしてきた、自分自身の生き方を振り返るという過程は、自分が絶対的な自信を持てるというものを見つけるためにとても大切なことなのです。自分らしい武器を手に入れましょう。

 

自分の直感や感覚を大切にして新しい仕事を始めましょう

自分のために新しい仕事を始めようと決心をしても、考えなければならないのは家族のことです。特に、自分が家族を養う立場であれば気持ちが揺らいでしまいますよね。家庭を築いたからには、家族をきちんと養っていくことはもちろん大切です。

けれど、そのためにどのような仕事をするのか、どのような働き方をするのかということについては、自分の直感や感覚を信じてください。自分の価値を見つめ直して、新しい仕事を始めたいと決めたからには、気持ちの中にどうしても譲れないものがあるのでしょう。

それを抑え込んでしまったら、一から新しい仕事を始める意味はありませんし、後悔することにもなるでしょう。決して我がままを通すという意味ではなく、自分の働き方については周囲の意見よりも自分の意思を貫いてくださいね。

 

以上、自分の価値を見つめ直して、新しい仕事を始める方法をお伝えしました。新しい仕事が転職によるものなのか、起業するのか、フリーランスなのか、それぞれの選択があると思います。

いずれにしても、これまで以上のやりがいと自分らしさを求めて新しい仕事を始めるのですから、簡単なことではないでしょう。

もちろん、経済的な部分での厳しさもありますが、いざとなれば金融機関からの援助など工面する手段もあります。結局、決め手になるのは新しい仕事を始めるための勇気や決意など、気持ちの持ち方なのです。

ですから今回は、“自分の価値を見つめ直す”ということを重点において、新しい仕事を始めるにあたっての心構えの持ち方や、準備の仕方という側面から5つの方法をお伝えしました。ぜひ参考にしながら、自分の価値を社会の中で最大限に活かすことのできる仕事を始めてください。

まとめ

自分の価値を見つめ直して新しい仕事を始めるにば

・ これまでの自分の生き方を細かく振り返ってみましょう
・ これまでに達成できたことは何かを把握しましょう
・ これまでの失敗とその対処方について分析しましょう
・ 自分を売り込むための“武器”を準備しましょう
・ 自分の直感や感覚を大切にして新しい仕事を始めましょう


連記事
考え方仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会