嫉妬深い性格をなおして恋愛関係を長続きさせる秘訣

嫉妬深い性格をなおして恋愛関係を長続きさせる秘訣
嫉妬深いと、恋人が異性の友人と話しているだけでもヤキモチを焼いてしまいますよね。でも、嫉妬深い性格は、自分を否定したり、相手に対して攻撃的な態度を取ったり、恋人を束縛したりしがち。

これが原因で、望まぬ別れにつながってしまうこともあるので、嫉妬深い性格をなおしたいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

でも、嫉妬深い性格は、長年繰り返してきた心のクセのようなもの。正しいなおし方を知らずに、見当違いな方法で嫉妬深い性格を改善しようとすると、かえってネガティブな感情がエスカレートすることがあるんです。

これでは、恋人だけでなく、あなた自身もつらいですよね。そこで今回は、恋愛を長続きさせるためにも知っておきたい、嫉妬深い性格をなおす方法をお伝えします。

 

嫉妬深い性格をなおして
恋愛関係を長続きさせる秘訣

 

嫉妬深い自分を否定せずに受け入れましょう

自分自身で、嫉妬深いことを自覚していると、些細なことで嫉妬心が芽生えたときに、自分を情けないと思ってしまう人も多いですよね。

でも、自分自身のことではありますが、嫉妬という感情は、自分でうまくコントロールできない感情なので、恋人が異性の話をしてきたり、異性と話す姿を見たりするだけで、イライラしたり、不安に駆られたりするのは自然なこと。

必要以上に自分を責める必要はありません。嫉妬深い性格をなおすためには、まず自分を否定せず受け入れることが大切です。

自分に自信がなくなると、安心を求めるあまり、些細なことでも嫉妬するようになるため、「こんなに嫉妬するほど、恋人のことを愛しているんだ」と捉えるようしましょう。こうすることで、あなた自身の恋人に対する愛情に自信が持てるようになるので、必要以上に自分を責めることが減ってきますよ。

 

自己分析をして嫉妬深くなる理由を探りましょう

嫉妬深い自分自身を受け入れたら、本格的に嫉妬深い性格をなおしていきましょう。そのためには、「どうして嫉妬してしまうのか」その理由を知っておくことが必要不可欠。

自分自身に、「どうして嫉妬するのか」「なぜそこまで執着してしまうのか」、束縛してしまう場合には、「なぜ束縛するのか」を問いかけ、自分なりの答えを導き出しましょう。この答えを決して否定しないのがうまくいくコツです。

自分なりの答えに辿り着いたら、「恋人にどう思われたいか」を考えていきます。嫉妬心を抜きにして、そもそもあなたは、恋人にどう思われたいのでしょうか?そのためには、あなたがどう変化する必要がありますか?恋人にとって、どんな自分であることが理想ですか?

理想の恋人である自分と、現実の自分の差を知ることは、とても厳しいことですが、だからこそ、自分を変えるきっかけになるので、この機会にじっくり自分自身と向き合ってみましょう。
 

 

すべてを共有する必要がないことを理解しましょう

嫉妬深い人の多くは、付き合っていると、相手のことをすべて知りたい、自分のこともすべて知って欲しい、お互いにすべてを共有することが当たり前だと思いがちですが、実は、この考え方が嫉妬深さに拍車をかけてしまうんです。

あなたにはあなたの世界があるように、相手にも家族や交友関係、自分だけの時間など、相手の世界があります。この部分は、本来自由な部分。たとえ結婚していたとしても、それぞれの世界では自由なんです。これは、言い換えれば、お互いの時間をすべて共有する必要はないということ。

恋人には、恋人の自由な時間や交友関係があることをしっかりと理解していれば、心が乱れないような考え方ができるようになってくるので、嫉妬深い性格も少しずつ改善していけます。まずは「恋人だから共有して当たり前」だと思う考え方を改めましょう。

 

不安な部分は、隠さずに相手に話しましょう

嫉妬の多くは、不安から生まれるものなので、この不安を取り除けば必要以上の嫉妬心は芽生えません。でも、嫉妬深い人の多くは、芽生えた不安をそのままにしてしまいがち。

これでは、嫉妬深さが増してしまうのも無理はありませんよね。不安なことが起こったときには、自分一人で抱えずに、恋人に聞くようにしましょう。このときのポイントは、重くならないこと。

「さっきの人って誰なの?」というように、気軽に質問するのが、うまく答えを聞き出すコツです。もちろん、相手を信頼することも大切なので、恋人から聞き出した答えを決して疑わないでくださいね。

 

夢中になれることを見つけましょう

付き合っている恋人に夢中になることは決していけないことではありませんが、必要以上に夢中になってしまうと、それが執着となり、嫉妬心に拍車がかかってしまうもの。

嫉妬深い性格をなおすためには、恋人と一緒に過ごさない時間に夢中になれることを探すことも大切です。友人と楽しく過ごす、新しい趣味を見つける、習い事を始めるなど、これをしている間は、恋人のことを考えなくても楽しい時間を過ごせるというものなら何でもOK!

恋人ではないものに夢中になっていると、気分転換になるので、心に余裕が出てきます。恋人に執着する時間が減るので、嫉妬深い性格も徐々に改善していきますよ。

 

いかがでしたか。頭では分かっていても、嫉妬心をコントロールするのは難しいですよね。嫉妬深い性格をなんとかなおそうと意識すればするほど、ストレスを感じて、つらい思いを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。

でも、嫉妬深い性格を無理になおそうとするのは、逆効果。かえって嫉妬深さが増してしまうため、正しい方法で、順を追ってなおしていきましょう。

自分が嫉妬深いことを自覚していると、そんな自分を否定しがちですが、まずは否定せずに自分自身を受け入れ、どうして嫉妬するのかを自己分析することが大切です。

また、恋人だけに夢中になっていることが嫉妬心に拍車をかけるので、恋人以外の部分で夢中になれることを見つけたいですね。恋人との関係を長続きさせるためにも、ここにご紹介したことをぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

嫉妬深い性格をなおすためには

・ 嫉妬深い自分を否定せずに受け入れましょう
・ 自己分析をして嫉妬深くなる理由を探りましょう
・ すべてを共有する必要がないことを理解しましょう
・ 不安な部分は、隠さずに相手に話しましょう
・ 夢中になれることを見つけましょう


連記事
心理 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました