嫉妬しない方法を知ってストレスを激減させるコツ

嫉妬しない方法を知ってストレスを激減させるコツ
嫉妬は人間関係を壊してしまうだけでなく自分自身も辛いもの、嫉妬しない方法で友達や同僚に嫉妬せずに済めば今よりずっと気楽に生きていくことができますよね。他人をうらやましがったり妬んだりするときはとても嫌な気持ちになります。

妬みのあまり相手にいじわるをしてしまった日の夜は自己嫌悪やストレスで眠れなかったという経験をお持ちの方も多いでしょう。

こんな日はいっそ、森や山の中にこもって一人で生きていきたいなんて気持ちにもなりますが、山ごもりの決意をするのもなかなか難しいでしょうから、どうにか自分の嫉妬と折り合いをつけてできるだけ嫉妬しないことでストレスを激減させる方法を探りましょう。

ということで、今回は嫉妬しない方法を知ってストレスを激減させるコツをお伝えします。

嫉妬することや嫉妬する自分を「醜い」と思わないこと

友達や同僚に嫉妬する、その後で辛い気持ちになったり自己嫌悪に陥るのは、友達に嫉妬したことや嫉妬のあまり友達にいじわるをしてしまった自分自身を「醜い」だとか「人でなし」「汚い人間だ」と思ってしまうから!

友達がうらやましいからストレスなのではなく、友達をうらやましく思う自分自身に気付くことがストレスなのです。嫉妬したり、嫉妬のあまりいじわるをするのは、ごく自然なことで悪いことではありません。

また、嫉妬心が強いことは醜くもみっともなくもありません。嫉妬しない方法の一つ目は嫉妬する自分を「醜い」と思わないことです。嫉妬という感情はごく自然なもので誰もが持っている感情だということを知っておくことで、嫉妬した後で自己嫌悪に陥らずに済みますよ。

それに「嫉妬」は言い換えれば、相手が自分よりも優れていることを認めているということ、負けを認めないよりもずっと潔い感情なのです。

 

よそはよそ、うちはうち!他人と比較しないこと

嫉妬は他者との比較から生まれます。他者と自分を比較しないこと、これが一番の嫉妬しない方法です。とはいっても、会社や学校に行けばついつい身近な人と自分を比較してあれこれ悩んでしまいますよね。

こんなときは、一つの点だけで他者と自分を比べるのではなく、色々な面から比べてみるとよいです。「彼女は顔は私よりも整っているけど、スタイルは私の方がいいわ」というように、顔だけを比べると自分より美人な子に嫉妬してしまいますが、スタイルなど他の面も一緒に比較することで、「彼女と自分、どっちも一長一短あるわね」という結論に落ち着きやすいです。

 

嫉妬する相手からは離れること

顔もスタイルも全部負け、私が彼女に勝っているところは一つもないというとき、あるいは彼女と一緒にいると嫉妬して仕方ないというときに嫉妬しない方法は、自分自身がその人から離れることです。相手が親友だろうと姉妹だろうと、あなたにとって嫉妬で一緒にいるのも辛いという相手とは距離を取りましょう。

会わないのはもちろん、その人に関する情報はいいことも悪いことも全てシャットアウトしてくださいね。

「結婚した」だとか「また昇進した」などのニュースはまたあなたの嫉妬心に火をつけるだけですし、「玉の輿だったのに離婚した」なんて悪いニュースを知ったときには思わずガッツポーズをしてしまいますが、その後で相手の不幸を喜んだことに対して自己嫌悪に陥るでしょう。よいニュースも悪いニュースも知らないのが一番です。

 

夢や目標など自分の人生を生きることに一生懸命になること

嫉妬するのは他者を見ているから!脇見をするから嫉妬してしまうのです。自分の人生、自分が進むべき道だけを見つめていれば、他人なんて目に入りません。

「同僚が昇進した」「友達に彼氏ができた」「お隣の奥さんはいつもきれいにしていてうらやましい」など、いつも誰かに嫉妬してしまう方、脇見運転が過ぎますよ。

脇見ばかりせず、顔を前に向けて自分の夢や目標を叶えることに一生懸命になってみてください。一心不乱に自分の人生を生きること、これも嫉妬しない方法の一つです。

 

一人の時間や場所を作ること

誰かと一緒にいると、たとえそれが好きな相手でも、自分と相手を比べてしまいますよね。こんなときには一人きりになるのが効果的な嫉妬しない方法!一人の時間や場所を作ってみましょう。同僚に嫉妬するときにはプライベートの時間を充実させて、同僚のことを考えない時間を作ってみましょう。

趣味の仲間に嫉妬することもありますよね。趣味は仲間がいても楽しいですが、仲間がいなくても楽しめるのが趣味というものです。

仲間とつるむのが辛くなったときには、仲間やサークルから離れて自分一人の趣味の時間を楽しんでみましょう。一人の時間や場所を作り、そこで自分が思うように楽しむことで嫉妬の感情を忘れることができます。

 

以上が嫉妬しない方法を知ってストレスを激減させるコツでした。嫉妬しない方法では、自分と他者を比較しないのが一番!他者と比べて「あーだこーだ」と不平不満を言うのではなく、自分自身の夢や目標を叶えたり自分の人生を充実させることに一生懸命になってみましょう。

それでも嫉妬でストレスを覚えるときには、嫉妬する相手から離れることも嫉妬しない方法です。嫉妬する相手については「見ざる聞かざる言わざる」が一番!関心を持たないと決めたら、肩の荷がすっと下りて気持ちが楽になりますよ。

一人の時間や場所を作ることも嫉妬しない方法です。また、嫉妬しない方法も大切ですが嫉妬の感情を「よくないものだ」と決めつけないこと、嫉妬して当たり前だと思うことも嫉妬でストレスを覚えないコツです。誰しも嫉妬のどす黒い感情を胸に秘めながら生きているのです。嫉妬しても自分だけじゃないと思えば楽になります。

まとめ

嫉妬しない方法でストレスを激減させるためには

・ 嫉妬することや嫉妬する自分を「醜い」と思わないこと
・ よそはよそ、うちはうち!他人と比較しないこと
・ 嫉妬する相手からは離れること
・ 夢や目標など自分の人生を生きることに一生懸命になること
・ 一人の時間や場所を作ること


連記事
タイトルとURLをコピーしました