人付き合いが苦手な人でも最低限守るべきマナーとは

人付き合いが苦手な人でも最低限守るべきマナーとは
人付き合いが上手な人のなかにも、本当は苦手だけど無理してる人もきっといますよね。人付き合いが得意かどうか周囲が正確に判断するのは難しい点です。しかし皆さん自分に対してどのような接し方をしてくるか、他人に対しての評価はとても厳しいのではないでしょうか。

人付き合いが苦手だからといって、ほかの人に不快な思いをさせるのは良いことではありません。相手の立場になってみないとわからないものって世の中に色々ありますが、人付き合いはつい自分勝手になりがちで、自分が受ける感情ばかりを意識しがちです。

集団のなかに行くのが嫌、自分から話かけられない、初対面の人と仲良くなれないなど、皆さん様々な人間関係に関する悩みがあるでしょう。そこで本日はたとえ人付き合いが苦手でも、マナーとして知っておくべき人間関係の基礎についてお伝えします。

あいさつは自分からしましょう

人付き合いが苦手だから、というのは一般社会では言い訳にならない場面がありますよね。例えばあいさつで、「おはようございます」「ありがとうございます」といった基本の言葉は人間関係を築くうえで絶対に欠かせないマナー。

恥ずかしくて自分から言えない人も多く存在しますが、いつも相手からあいさつされるばかりでは一方通行の人間関係になってしまいます。

元気よく挨拶ができる人は、周囲に好感を与えますし相手を尊敬する態度として受け止めてもらえるのです。例えば人と肩がぶつかった時に、「すみません」とすぐに言えるようにあいさつや声掛けの練習をしましょう。

 

誘われっぱなしは避けましょう

人付き合いが苦手でも友達が一人もいないわけではありませんよね。類は友を呼ぶなんて言われますが、大人しい人には静かな友達、元気な人には行動的な友達ができやすいものです。このように人間関係は自分の良い点悪い点も理解した上で交際関係が広がります。

いつまでも大切にしたい関係は相手からアプローチされるだけでなく、自分からも相手に近づかないといけないのです。

たとえば友達から食事を誘われたとき、次回はお返しに自分から相手を誘いましょう。声をかけてくれるのはとてもありがたいことですし、そのままにせず必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

 

相手に合わせた話し方を心がけましょう

人付き合いが苦手だとマナーを勉強するチャンスが少ないですよね。いきなり目上の人に話かけられどんな対応をしていいかわからない時。人付き合いが上手なら、きっと話し方もすんなりその場に合わせて変えられるでしょう。

色々な人との接し方に慣れていないと、話し方のマナーがなく相手に不快な思いをさせる場合もあるのです。人付き合いが得意でない人は苦手を少しづつ克服していきましょう。

友達、家族、上司、知らない人など、あらゆる場面で色々な人と接したり周囲の話し方を参考にしてください。とくに目上の人に対しては基礎的なマナーがないと失礼になってしまいます。

 

自然な振る舞いで接しましょう

人付き合いが得意でも苦手でも、必ず覚えておきたいのは常に自分らしく自然に振る舞う点ですよね。相手にどう思われるか、嫌われたらどうしようという不安が、無意識のうちに自分を周囲から遠ざける原因になっています。

よく共通点がある人とは信頼関係を築きやすいといわれますが、人間の心理として共通するものがあると自然と相手を好きになる傾向があります。そのため無理をして相手に合わせて苦手な話題で盛り上がったり、お酒を飲めないのに飲み会に行くなど、合わせすぎは精神的な負担になってしまいます。

自然に振る舞うためには自分のやりたいこと、好きなことを周囲にアピールしてみましょう。そうすると同じ価値観を持つ人が徐々に集まってきます。

 

人に優しさを持って接しましょう

人付き合いが苦手な人は周囲と距離を置こうとして、逆にまわりの人にマイナスイメージを植え付けてしまう場合がありますよね。話しかけられないようにする、いつも怒った顔をしているという態度では人に与える印象だけでなく、自分の精神面にもマイナスになっています。

人付き合いが苦手な人に、ある日突然自分から積極的にグループ活動に参加してみようというのはちょっとハードルが高すぎます。でも些細な優しさを持って人に接することは今日からでもスタートできる小さな改革です。

 

やはり人付き合いが上手な人を見ると羨ましくなりますよね。どんな人とも楽しく積極的に自分から近づいていける人には、いつでも人が集まってきます。

人付き合いの広さは決して周囲に自慢することではありませんし、自分が快適に感じる人や信頼関係がある人達と過ごせるのが一番の理想です。大切にしたい、また大切にしてもらたいと感じる人に対しては、最低限のあいさつや思いやりなど自分がされたら嬉しい態度で接してみましょう。

一方通行になりやすい人間関係は長続きしないものです。誘ってくれる人には必ず誘い返して感謝、そして人付き合いが苦手なことを理解してもらい上手に自分の魅力を発揮できるとよいでしょう。そのためには最低限のマナーを守る勇気を忘れてはいけません。

まとめ

人付き合いが苦手な人の最低限のマナーは

・ あいさつは自分からしましょう
・ 誘われっぱなしは避けましょう
・ 相手に合わせた話し方を心がけましょう
・ 自然な振る舞いで接しましょう
・ 人に優しさを持って接しましょう


連記事