会話術を学んでデートを盛り上げる5つの方法

会話術を学んでデートを盛り上げる5つの方法
会話術をいくつか身につけておくだけで、はじめてのデートでも余裕を持って臨むことができますよね。普段から異性とふたりきりで行動する経験が少ないと、何を喋っていいいかわからず、沈黙してしまう時間が多くなってしまったり、相手がつまらない時間だと感じているのではないかと思ってしまうものです。

また、デート中も相手がついていけないような話をしてしまったり、自分のことばかり話してしまったり、聞いてはいけないようなことを聞いてしまったり、など誰しもそんな苦い体験した人も多いはず。

そういう時こそ会話術を駆使してみましょう。会話術と言うと難しく感じるかもしれませんが、ポイントを押さえることができれば、それほど難しいことではありません。そこで今回は、会話術を学んで、デートを盛り上げる方法をお伝えします。

 

会話術を学んで
デートを盛り上げる5つの方法

 

髪型やオシャレしてるポイントを褒めよう

会話術の基本は、外からの情報を受け取り、それを発信することにあります。デート相手の外見、服装、髪型などを褒めることは会話術の基本中の基本ですよね。

女性は、爪や靴、髪など体の先端にオシャレをする傾向があるので、その辺りを注意して観察して、きちんと褒めてあげましょう。

「今日はあなたとデートが出来て嬉しい」という気持ちが伝えることが目的です。いくらあなたが「可愛いなあ」と思っているだけでは伝わらないので、素直に言葉にして表現してあげることを忘れないで下さい。

「素敵だね」「可愛い」などの感想に加えて、質問をくっつけて上げると会話が盛り上がりやすくなります。この最初の会話は、その日のすべてを左右する重要なポイントですから、全力で褒めていきましょう。

 

女性の感情に共感しよう

会話術において、「相手に共感すること」は、どんな状況でも共通したスキルですよね。特に女性との会話では、とても重要なポイントになり、むしろ共感出来ない人はいくら会話術を駆使しても盛り上げることは不可能でしょう。

女性の話を聞いているときには、その女性がどんな感情を抱いているのかを理解することが重要なポイントになります。男性は、解決策を提案したり、その話題の問題点を指摘してしまいがちですが、女性は基本的に解決策を求めているわけではありません。

女性の感情に対して共感してあげるだけで、「この人と話をすると楽しい」と思ってもらえます。話をよく聞いても、女性の感情がよくわからなければ、「それで、どう思ったの?」って素直に聞いてみることで、どんな感情を抱いたかのヒントを貰えるでしょう。

 

話題に興味津々な聞き役になろう

会話術は、「言葉」だけを駆使するスキルではありません。言葉だけ「イエス!」でも、見た目的に「ノー!」という状態だと、すぐに女性にバレてしまいますよね。

表情、しぐさ、体の向き、姿勢など全身で、相手と相手の話す内容に興味を持っていると表現することが大切です。相手が笑っているなら、一緒に笑顔になり、悲しい話なら一緒に悲しんであげましょう。

先ほどの「共感する」のが受け取る会話術なら、聞き役になることは、相手に対して「表現する」「発信する」会話術と言えます。それに、一生懸命自分の話を聞いてくれる人がいたら、誰でも楽しくなるもの。

できれば、ただ黙って聞くのではなく、話がわからなくなったら質問したり、たとえワンパターンになっても相槌を打ちましょう。ただし、反論したり、否定したりするのはNGです。あくまで相手が気持ちよく、楽しく話せるように演出していきましょう。

 

失敗談を聞いてもらおう

会話術のスキルと言えど、常に聞き役だけやっていればいいわけではありませんよね。会話はキャッチボールによく例えられますが、相手との会話の量も同じくらいであることがベストでしょう。

そこで、どんな話題で話せばいいのか、判断が難しいところ。ひとつ挙げるとすれば、自分の失敗談で笑いを取るのも会話術のひとつです。

デートのときは、女性も緊張していることもあるので、自分の失敗談で余計な緊張をほぐしてあげましょう。ただ、話題の内容に関しては、デートにふさわしい内容の話題にしておくことが大切です。

不謹慎な内容だったり、他人を貶めるような話題にすると、相手も嫌な思いをさせてしまい、盛り上がるどころか嫌われてしまいかねません。会話術のスキルは、あくまで相手を楽しませたり、気持よくなってもらうことが前提であることを忘れないでください。

 

視界にあるものを話題にしよう

会話術のスキルは、前日に話題を仕込み、計画的に進めるものではありませんよね。すべらない話のような持ちネタ的な話はいくつか持っておいても問題ありませんが、その状況にあったものをポンポン話せる人はなかなかいないでしょう。

デート中に視界に入ってきたモノ、出来事などをそのまま話題にするのが会話術としては自然な流れです。天気、自然、動物、お店の売り物などを話題にしてみましょう。

ですが、周囲をキョロキョロしすぎてもいけません。女性の靴がヒールがあったり、重い荷物を持っていたりすれば、女性が疲れていることも考えられます。話題探しに夢中になり過ぎないように注意しながらも、デート相手のことを一番に考えてあげましょう。

 

いかがでしたか。会話術でデートを盛り上げるには、いろんな情報を「受け取ること」「共感すること」「自分の気持ちを発信すること」が大切ですよね。

ですが、会話術は単なるスキルなので、相手への好意、思いやりがなければ、ただの口先だけの人になってしまうでしょう。

「この人と一緒にいるのが楽しい!」とあなた自身が感じているかどうかで、情報の受け取り方や、発信される言葉も大きく変わってきます。

会話術のスキルがデートを盛り上げてくれるわけではなく、会話術のスキルを使ってあなたがデートを盛り上げるのだという気持ちが大切になるでしょう。

その気持ちさえしっかり持っていれば、会話術のスキルは、あなたのデートを思いがけないくらい楽しい思い出に変えてくれるはずです。

まとめ

デートを盛り上げる会話術とは

・ 髪型やオシャレしてるポイントを褒めよう
・ 女性の感情に共感しよう
・ 話題に興味津々な聞き役になろう
・ 失敗談を聞いてもらおう
・ 視界にあるものを話題にしよう


連記事
タイトルとURLをコピーしました