聞く力が弱い人に奨める、1ヶ月で聞き上手になる方法

 聞く力が弱い人に奨める、1ヶ月で聞き上手になる方法
聞き上手というのは、コミュニケーション能力の高い人の特徴の1つで、コミュニケーション能力が高いと信頼感がありますよね。

普段から周囲の人との会話がかみ合わないことがある方は、自身の聞く力が弱いのかと悩まれると同時に、聞き上手の人を羨ましいと感じることもあるのではないでしょうか。

また、自分は人と話す事が好きで、コミュニケーションを取ることも苦手ではないと思っている方でも、実は聞く力は強くないという事があります。

自分が話をする事が好きなため、人の話の中で自分にも共通点や関わりのあると、すぐに自分の話に変えてしまう事が多いのです。これでは、人の話を聞く力があるということにはなりませんよね。

聞き上手になることは、人からの信頼度も高まりますので、聞く力に自信の無い方はぜひとも養って頂きたいところです。そこで今回は、聞く力が弱い人に奨める、1ヶ月で聞き上手になる方法を5つお伝えします。

 

聞く力が弱い人に奨める、1ヶ月で聞き上
手になる方法

 

相手の表情や目をしっかり見ましょう。

年齢や性別に関わらず、自分の話を真剣に聞いてもらえるということは誰だって嬉しいものですよね。聞き上手の第一歩は、まず、相手の話に対して真剣に耳を傾けること、そしてその「しっかり聞いているよ」という姿勢をきちんと示すことです。

具体的には、話している相手の表情や、目を見ながら話を聞くということなのです。「目は口ほどにものをいう」という言葉もありますね。

ただ、目をずっと合わせることを恥ずかしいと感じる人も中にはいますので、圧迫感を感じさせないように注意してください。

話している相手に目を向けて一生懸命に話を聞くということは何も特別なことではありません。自分の聞く力に自信が無いとしても、すぐに実践できるものですよ。

 

相手の話に適度な相槌を打つようにしましょう。

話をしている相手に目を向けながらしっかり耳を傾ける事と共に、要所で相槌を打つことも「話をしっかり聞いているよ」ということを伝える基本的な姿勢です。

短い言葉であっても、反応が返ってくるというのは話している方も安心しますよね。ただ、その相槌が「ふーん」「あ、そう」というような素っ気無いものでは、話している方も、だんだんと話をする気持ちを削がれてしまいます。

一方で、あまりに大げさな相槌もわざとらしい印象を与えてしまって逆効果ですので、相槌の内容には注意が必要です。話の続きを促すような言葉や、驚きや感嘆を表す言葉などで適度に相槌を返すように心がけましょう。

しっかりと相手と向き合い、大げさになり過ぎない相槌を打ちながら耳を傾けることが聞く力をつけるための基本です。相手の話を聞きながら、自然に適度な相槌が打てるようになれば、聞く力が少しずつ養われていると言えるでしょう。

 

相手の話に対して共感を示しましょう。

徐々に聞く力が身についてくると、親身に話を聞くだけでなく何かしら言葉をかけてあげたくなりますよね。特に、何かしらの悩みがあって話をしている相手に対しては、アドバイスしてあげようと考える方もいるでしょう。

ただ、悩みがあったとしても、解決方法を示して欲しいわけではなく、誰かに聞いてもらうことで気持ちを楽にしたいという思いが強いことがあります。

ですから、まずは相手の話すことに対して共感していることを示しましょう。「そうですよね」「辛かったでしょう」「大変でしたね」と相手の気持ちに寄り添うのです。

そして、もし相手が具体的な意見や言葉を求めているのであれば、自分なりの考えを正直に伝えてあげてください。無理に画期的な解決策や役に立つ助言を示そうとする必要はありません。

大切なのは相手の話にしっかりと共感することで、相手の話を受け止めて共感することができるかどうかが、聞く力をより高めていくためには重要なポイントとなるのです。

 

相手の話の腰は折らないようにしましょう。

先ほど、相手の話に共感を示しましょうとお伝えしましたが、その時に注意しなければならないことがあります。それは、共感するあまりに相手から話を奪って自分の思いを語り始めたり、相手の話の途中で先回りしたりすることです。

要するに、相手の話の腰を折ってしまうことですね。自分も同じ思いであると伝えたい気持ちは悪いことではありませんが、相手が話をしている間は、あくまでも相手が話の主導権を持っておくべきなのです。

そうすれば、相手は気持ちよく話をしてくれるでしょう。自分が話をしたくなってもしっかりと聞き役に徹することができるということが、聞く力の強さにも繋がるはずです。

特に、話すことが好きだと自覚している人は、相手の話に「わかる!わかる!」とすぐ自分の話に持っていってしまわないように、聞き役に徹するということをしっかりと心に留めておいてくださいね。

 

会話に効果的な質問を取り入れてみましょう。

さて、聞き上手な人は話を聞く力が高いことはもちろんですが、相手がスムーズに話を続けたり、より発展させたりしやすい質問を効果的に織り交ぜることが上手なのです。

自然に会話を弾ませるのですね。例えば、「すごいね、それからどうしたの?」と合いの手のように質問を投げかけることで、相手は話を続けやすくなりますよ。

また、質問には、「はい」と「いいえ」で答えられる「クローズドクエスチョン」と、「どうでしたか?」や「何をしましたか?」といった答えが何通りもある「オープンクエスチョン」があるのですが、この2種類の質問を巧みに取り入れることで、会話が単調にならずにより盛り上げることができます。

最終的には、相手の話をしっかりと聞いた上で、相手を気遣うような独自の視点からの質問ができるようになることが理想ですね。聞く力を高めていくということは、結局、相手のことをより理解する力を高めるということに繋がるのです。

 

いかがでしたか。聞く力が弱い人に奨める、1ヶ月で聞き上手になる方法を5つお伝えしました。人の話を、内容を理解してきちんと聞くということに難しさを感じた方がいるかもしれません。

けれど、基本は親身になってしっかり耳を傾けようと意識することです。自分の話を一生懸命聞いてもらえて嫌な気になる人は、おそらくいないでしょう。

話をする事が好きな方は、聞いてもらえる嬉しさや楽しさを理解しているはずですから、今回お伝えした方法を参考に、相手の話を聞く力もしっかりと養ってくださいね。

そして、聞く力が弱いと自覚している方も、人と会話することに消極的になることなく、少しずつでも聞く力を身につけていきましょう。そして、周囲の人たちから「あの人は聞き上手」だと信頼されるようになってください。

まとめ

1ヶ月で聞き上手になるには

・ 相手の表情や目をしっかり見ましょう。
・ 相手の話に適度な相槌を打つようにしましょう。
・ 相手の話に対して共感を示しましょう。
・ 相手の話の腰は折らないようにしましょう。
・ 会話に効果的な質問を取り入れてみましょう。


連記事