コミュ障チェックで自分の状態を確認する5つのポイント

コミュ障チェックで自分の状態を確認する5つのポイント
コミュ障チェックで今自分がどんな状態なのか知っておくことは、社会生活を送る上でとても大切ですよね。コミュ障はコニュニティー障害の略で、最近若い人にもとても増えているといわれていますが、自覚していない人の存在も多い点に注意しないといけません。

自分は大丈夫だと安心していても、コミュ障チェックで意外な結果が出るかもしれません。コミュニケーションは人間関係をうまく維持するための欠かせないツールですが、難しいのは自分と相手の距離をどう保つか。本音で会話をしたいけど相手の気持ちを考えると言えないこともたくさんありますよね。

そんな些細な瞬間がコミュ障の引き金になる場合もあるのです。そこで本日は、コミュ障チェックで自分の状態を確認するポイントをお伝えします。

 

コミュ障チェックで
自分の状態を確認する5つのポイント

 

人との関りを極力避けて生活していないかチェックしましょう

社会生活のなかでコミュニケーションが大切なのはわかっていても、どうしても苦手に感じる時がありますよね。人見知りするタイプや積極的な人など色々な性格がありますので、必ずしもすべての人がコミュニケーション力があるとは限りません。

コミュ障チェックでまず調べたいのは、人との関りをどれほど避けて生活しているかという点。今はスマホやパソコンがあればいつでも人とコミュニケーションが取れる便利な時代ですが、それだけに頼り人に会いたくない、話をしたくない、買い物もネットで済ませる、という距離感を自分でつくっていないかチェックしてみましょう。

 

話をすることに劣等感を感じているかチェックしましょう

いつもグループの中心で話題を盛り上げる人っていますよね。そんなタイプになりたいけど自分は無理、人と話をすると相手の反応が気になり劣等感を感じることがあるって経験はありませんか。コミュ障チェックで知っておくべきことは、自分の会話力に対してどう自己評価しているのかという点です。

話をするのが嫌いなのか、それとも恐怖を感じるのか、コミュ障の場合は口下手であるため、劣等感を感じその場をしらけさせてしまう不安がいつも付きまとっています。その壁を乗り越えられない為、必然的に一人の環境の方が安心してしまうのです。

 

大勢のなかにいるより一人の方が快適かチェックしましょう

コミュ障チェックで確認するべき点は、周囲と自分がどんな関係を築いているかという点です。仕事中は普通に話ができるけど、休憩時間になると途端に話すことがなく大勢のなかにいるのが苦痛に感じるって時がありますよね。

その日の気分によって一人になりたい時があるのは誰にでもあることですが、いつも一人でいたいと習慣的に感じるのはコミュ障の可能性があります。

飲み会が嫌い、特定の人しか話ができない、人と目が合わせられないなど、大勢いる環境がとてもプレッシャーに感じる為一人の方が快適になってしまいます。皆さん一人の時間って一番心が休まるものですが、一人が続くと孤独感へ変わり快適ではなくなってしまいます。

 

相手の気持ちを会話で読み取れないか確認しましょう

コミュ障チェックで調べるのは、会話の中で相手をどう理解できるかという点です。自分だけが一方的に話をするのは会話とは呼べないですよね。コミュ障チェックは、会話のなかで相手の気持ちを読みとれるかどうか、どんなメッセージを送っているか把握することが大切なのです。

会話とは言葉のやりとりだけでなく表情や話し方、身振りなどあらゆる要素をまとめてお互いに理解しないといけません。コミュ障チェックでは、自分がどれほど相手の立場になれるかが判断基準のひとつになります。アイコンタクトをとりしっかり相手の気持ちをつかむことで、お互いにオープンな会話ができるようになります。

 

話をする時に緊張するか考えてみましょう

コミュ障チェックの基本的な部分が話をする時の「緊張感」です。例えば初対面の人と話をする時は誰でも多少緊張しますよね。

コミュ障になると常に会話の場面で緊張し言葉がうまく出てこない、心臓の鼓動が早くなる、冷や汗が出るなど身体にも色々な症状が現れてしまうのです。異常なほど緊張するのは対人恐怖症の可能性もあり、改善するには専門家に相談することも大切です。

 

 

まとめ

コミュ障チェックで確認することは

・ 人との関りを極力避けて生活していないかチェックしましょう
・ 話をすることに劣等感を感じているかチェックしましょう
・ 大勢のなかにいるより一人の方が快適かチェックしましょう
・ 相手の気持ちを会話で読み取れないか確認しましょう
・ 話をする時に緊張するか考えてみましょう


連記事