離婚して後悔する前に、知っておきたい5つの注意事項

離婚して後悔する前に、知っておきたい5つの注意事項
離婚した後になって離婚を後悔するのは嫌ですよね。離婚するときには「離婚したい。すっきりしたい」という気持ちで頭がいっぱいになって、相手への未練や離婚後の生活設計まで考えが及ばないということが多いです。それゆえ、離婚した後で「こんなはずではなかった」と離婚を後悔してしまうのですね。

また、離婚する前に相手への気持ちにけじめをつけて、さらに離婚後の生活設計まできちんとしておいたのにも関わらず、離婚後に仕事へのモチベーションが下がるなど予想外のことが起きてしまい、結局離婚を後悔する羽目になるということもあります。

もちろん、予想外の事態は避けることができませんが、離婚をするときは離婚後に後悔しないために出来る限りのことはしておきたいもの。ということで、今回は離婚して後悔する前に知っておきたい5つの注意事項をお伝えします。

 

離婚して後悔する前に、
知っておきたい5つの注意事項

 

離婚の理由を明確すること

離婚を後悔しないためには、離婚の理由を明確にしておくこと、さらに「こうこう、こういう理由で離婚するのだ」と自分で納得しておくことが大切です。

離婚の理由を明確にしておけば、離婚後に「どうして離婚をしてしまったのだろう」と考えることはありませんし、離婚を後悔しそうになっても「でも、こういう理由があったんだから離婚やむなし」と自分を納得させることができます。

反対に、なんとなく勢いだけで離婚してしまったときは「離婚なんかするんじゃなかった」と後悔する可能性が大!離婚をするときは後々の自分を納得させるための合理的な理由をつけて離婚するようにしてください。

 

相手への未練を完全に断ち切ること

きちんと離婚するだけの合理的な理由があって離婚した後で後悔するのは、相手への未練が残っているときです。失恋したときと同じで、あれやこれやと理由をつけたところで相手への未練を断ち切ることは困難です。

離婚するときは、相手への未練を完全に断ち切ってから離婚届に署名するようにしてください。少しでも相手に対する好意が残っているうちは、離婚しない方がよいです。

とはいえ、相手への未練が残っているかどうか、離婚前にはなかなか自分で判断できませんよね。現在の自分の相手に対する気持ちを確かめたいときには、胸に手を当て自分にといかけてみてください。

「相手の幸せを願っているか」と。もし離婚後、相手に幸せになってほしいという気持ちがあるときには相手に対する好意がまだあなたの中にあるということ、未練が残っています。離婚後の相手の行く末になんか興味ないというときは大丈夫、あなたにとって配偶者はもう法律上だけの関係、さっさと離婚してしまいましょう。

 

離婚後の生活設計を立てること

これから離婚をする方、離婚後の自分や自分と子供の生活設計をきちんと立てることができますか。離婚後の生活や経済面で少しでも不安のあるときは、離婚は保留しましょう。

お金の問題に限っては「なんとかなるさ」は何ともなりません。きちんと生活費のあてや仕事を見つけてから、離婚届に判を押してくださいね。離婚してから「生活に困った。こんなことなら離婚しなければよかった」と後悔しても、すでに後の祭りです。

 

親権や養育費についての取り決めはきちんとしておくこと

子供がいるときには、子供の親権や養育費については、離婚する前に夫婦できちんと話し合って取り決めをしておきましょう。取り決めは書面にしておいてください。

このとき、大切なのは、どちらかが約束を破ったときにどうするかまできちんと決めておくことです。離婚後の後悔で特に多いのが、「別れた夫が養育費を払ってくれない」「元妻が子供に会わせてくれない」という子供に関することです。

たとえば「養育費の支払いは月に1回の面接の際に行う」というように決めておくと、養育費を払ってくれない・子供に会えないことで離婚を後悔するという羽目にならずに済みます。

離婚で配偶者に対する愛情は冷めても、子供への愛情は離婚前と離婚後では変わりません。離婚後に子供のことで「離婚するんじゃなかった」と後悔しないでよいように、離婚の際は子供に関することはきちんと話し合っておきましょう。弁護士を交えて話し合うと安心ですよ。

 

バツイチは世間体が悪いと覚悟しておくこと

昔ほど、離婚が珍しくなくなったとはいえ、まだまだ離婚やバツイチ、バツ2に対する世間の目は厳しいです。特に、離婚後に就職や転職をする、アパートを借りる、再婚相手を探すとき、離婚の過去があなたに重くのしかかるかもしれません。

離婚するとき、世間体を考えて離婚を思いとどまるというの時代錯誤の考え方かもしれませんが、離婚は予想以上に世間体が悪いということは離婚する前に知っておいてください。いざ離婚してから、世間の風当たりの強さにびっくりすることのないように!気を付けましょう。

 

いかがでしたか。以上が離婚して後悔する前に知っておきたい5つの注意事項でした。離婚した後、「どうして離婚したのだろう」と考え込んだり、「離婚していなかったら今頃どんな生活をしていたのだろう」と選ばなかった未来を想像してみることは誰しもあります。

このとき、離婚を後悔するかしないかは、離婚前後のあなたの行い次第!離婚の理由を明確にし相手への未練を断ち切るといった気持ち面のことはもちろん、離婚後の生活設計や養育費のこと、世間の冷たい風をどうしのいでいくかといった実際に生活していくうえで必要な覚悟や準備をきちんとしておくことで、離婚を後悔しなくて済みますよ。

離婚前は離婚したいという気持ちだけで頭がいっぱいになってしまいがちですが、離婚届を提出する前に一度は立ち止まって、自分の気持ちや離婚後の生活を冷静に考えてみましょう。

まとめ

離婚を後悔しないためには

・ 離婚の理由を明確すること
・ 相手への未練を完全に断ち切ること
・ 離婚後の生活設計を立てること
・ 親権や養育費についての取り決めはきちんとしておくこと
・ バツイチは世間体が悪いと覚悟しておくこと


連記事
別れ 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました