共働きの家事をうまく分担して夫婦円満に暮らす5つの方法

共働きの家事をうまく分担して夫婦円満に暮らす5つの方法
共働きは家事の分担をバランスよく決めないと、奥さんばかりに負担がかかり不満の原因になりますよね。最近は専業主婦の数は減り、共働きの家庭が多くなっています。

家計のためや、女性のキャリアアップなど働く理由は色々です。しかし共働きの家事は、女性だけに任せてしまうとついついうっぷんもたまり、ある日怒りが爆発してしまうこともあります。

主婦が家庭を仕事を両立するためには、誰よりも旦那さんの理解がないといけません。お互いに協力しあい幸せな家庭を築くためには、まず日常的な仕事から分担することが必要です。

では共働きの家事はどうやって決めたらよいのでしょうか。二人とも仕事で疲れている時は、ついつい相手に頼りたくなるのは仕方がありません。では早速ですが共働きの家事を分担し、夫婦円満に暮らす5つの方法をお伝えします。

 

共働きの家事をうまく分担して
夫婦円満に暮らす5つの方法

 

それぞれの役割を決めておきましょう 

共稼ぎの主婦にとって、家事の手伝いをしてくれない旦那さんはイライラの原因になりますよね。共働きの家事を分担するためには、曖昧な口約束でなくきちんとそれぞれの作業や役割を明確にしておきましょう。

必要であれば共働きの家事をリスト化しておくのも方法のひとつです。旦那さんが残業が多い仕事をする場合や、奥さんがパートで時間に余裕がある場合など、それぞれの仕事とのバランスを考慮してください。

仕事で疲れた旦那さんに洗濯や食事の支度をしてもらうのはちょっと可愛そうですよね。まずは二人で時間をかけて、家事の分担リストを作ってみましょう。

 

休みの日は一緒に家事を行いましょう 

共働きの家事は奥さんにどうしても負担がかかりやすくなりますよね。家事は女の仕事だと古い考えを持っている男性もいまだ少なくありません。

そこで共働きの家事をうまく分担するためには、どちらが多くやったかやらないかよりも、家事自体を楽しくできるように工夫してみましょう。

例えば週末二人とも休みの日は、食事を一緒に作る、買い物を一緒に行くなど、夫婦で過ごす貴重な時間に家事をプラスすると絆も深くなります。

家事はつまらないと思う思考を変え、週末まで待てる作業は平日にやらず、時間があるときに一気に二人でこなしてみましょう。
 

 

家事を効率的にするアイテムを使いましょう 

洗濯や掃除、買い物、育児など家事といっても一日中何かしらやることはありますよね。そんな忙しい主婦生活にさらに仕事が加わると、家事を完璧にこなすのは大変なのです。

そこで共働きの家事をうまく分担するためには、少しでも家事の負担を全体的に減らすことがコツです。例えば食器洗浄機、乾燥機、宅配食材サービスを利用するなど、時短の家事を意識してみましょう。

手間のかかる家事のストレスが減るならば、多少の投資も価値があります。二人で貯金をして、便利な家電をプレゼントしあうのも素敵です。少しでも仕事の疲れを回復するためには、利用価値の高いツールを家事にプラスすることも考えてみましょう。

 

お互いに感謝の気持ちを表しましょう 

共働きの家事の分担は、旦那さんの理解と協力がないとできませんよね。主婦だから家事は当たり前、旦那に手伝わせるのは当たり前、という気持ちから相手に感謝するプラス思考に変えましょう。

共働きはお互いにストレスや負担になり、少しでも楽したいと思う時もあります。日頃から協力しあう関係を維持するためには、二人で感謝しあう日を設けましょう。

何曜日はまったく家事をしない日、または二人で外食をする日などを決めて、お互いに日頃の努力をねぎらう機会を作ってください。

いつも頑張ってばかりでは、気を緩めるチャンスがなくなってしまいます。メリハリのあるライフスタイルが夫婦ともに仕事のモチベーションにもつながります。

 

家族のために思いやりの気持ちで家事を率先しましょう 

共働きの家事の分担は公平にしないと、どちらも不満たまってしまいますよね。きっと相手がやってくれるだろうという甘えが、思いやりのなさに誤解されてしまいます。

きっちりリスト化して分担すると余計なプレッシャーになる場合もあります。一番の理想は相手を思いやり、率先して自分でできることをする気持ちなのです。

相手がいつも家事をやってくれると悪いから、というお礼や感謝気持ちを大切に、気を使いながら自ら家事をこなしていくとよいでしょう。

 

いかがでしたか。共働きの夫婦が増えている時代は、家事の役割分担は夫婦関係をスムーズにする為の大切なポイントですよね。

旦那さんの収入のサポートをしてくれる奥さんには、旦那さんから家事のサポートし、お互いに助け合う気持ちを大切にしましょう。

料理や洗濯、掃除など家でのんびりする暇はありませんが、一人で行うよりも二人でやった方が早く家事も片付きます。日常のなかで時間に余裕を作ることは、共働きの夫婦にとって大切なコミュニケーションとして生かせるのです。

時間をうまく活用し、共働きの家事を楽しみながら分担してみましょう。相手にもっと協力してほしい時は、まず自分から率先して家族のために頑張る姿をアピールしてください。

まとめ

共働きの家事をうまく分担して夫婦円満に暮らすには

・ それぞれの役割を決めておきましょう
・ 休みの日は一緒に家事を行いましょう
・ 家事を効率的にするアイテムを使いましょう
・ お互いに感謝の気持ちを表しましょう
・ 家族のために思いやりの気持ちで家事を率先しましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました