イライラの原因って何かを読み解く、毎日使えるプチ心理学

イライラの原因って何かを読み解く、毎日使えるプチ心理学
イライラの原因って何かと言われたら、その時のシチュエーション、心境、その人の性格など様々なことが要因ですよね。まったくイライラしないという人は存在しませんが、人によって度合いは変わります。

イライラの原因って何かはっきりわからなくても、この感情はとてもネガティブでできればなくしたいものです。毎日平和な生活が送れればどれほど快適になるでしょうか。

でも自然とわいてくる感情はなにかしらの原因があるためで、イライラの原因って何かを知ることは自分にとってもメリットになります。

ストレスだらけの今の時代、うまく感情の抑制をしないと損することもあります。そこで今回は、イライラの原因って何かを読み解くプチ心理学についてお伝えします。

 

イライラの原因って何かを読み解く、毎
日使えるプチ心理学

 

几帳面すぎる人は適度な手抜きを覚えましょう

イライラの原因って何か色々な場面がありますので、特定するのは難しいですよね。でも共通するのはイライラしやすい人はとても几帳面で、自分が思ったように物事が進まないと不快な感情を抱いてしまう点です。

自分の物差しですべてを判断してしまうので、人付き合いも失敗する場面がよくあります。几帳面すぎるタイプはとても真面目な良い面もありますが、人に自分の価値観を押し付けることを避けてちょっとだけ肩の力を抜いて見ましょう。

イライラの原因って何だかわからない時無性に不安になりますが、几帳面な人は適度な手抜きを覚えて少しリラックスするとよいでしょう。

 

心配性は自信をつけてイライラを改善しましょう

イライラの原因って何か考えると、心配症も要因のひとつになりますよね。「どうしよう」「失敗するかも」そんな心配ばかりすると本当に物事は悪い方向へ進んでしまう場合もあります。

イライラの原因って何か追及してみると、それは実際に起こる出来事が原因でなく自分の考え方に問題がある場合がとても多いのです。

仕事のストレス、人間関係など周囲からの評価ばかりを心配しているとつい神経が過敏になり些細なことでもイラっとしてしまいます。得意や好きなことをもっと磨き、自分は周囲よりも劣っていないと安心してください。

 

ネガティブな思考のクセをなおしましょう

イライラの原因って何か読み解いていくと、自分の思考パターンが感情に影響を与えていると気が付きますよね。認知の仕方によって表にでる感情が変わり、すべては最初のネガティブな思考のクセが原因なのです。

例えば飲み会でみんなが楽しそうに話をしているのに、自分だけひとりぼっち。こんな場面に自分が嫌われるのでないか、誰も存在に気が付いてくれない、というマイナスの思考をすると必然的に表情も暗くなり周囲に対して冷たい態度になります。

イライラの原因って何か、きっとこんな自分の思考のクセが感情を揺さぶる要因になっているのです。早速今日からプラス思考で何事も認知するように心がけてみましょう。

 

冷静に判断する力をつけましょう

イライラの原因って自分が思っていることと現実のギャップがあると負の感情を抱きやすくなりますよね。努力したのにミスばかり続く時、本当はもっと評価されるはずなになぜ?と現実を冷静に受け止められない自分が存在します。

それは感情が混ざってしまうためで、客観的な判断ができなくなっているからなのです。こんな時は感情抜きで状況を判断するスキルを習得し、自分の価値観や嗜好をプラスしないように努力してください。

たまたま嫌なことがある時って、すでに負の感情が沸いているためどんなに良い出来事があってもプラスに解釈ができなくなっています。感情と思考を分けられればいつでも冷静な判断ができるようになります。

 

生活習慣を見直してイライラしない性格になりましょう

イライラの原因って何か、あらゆる点が引き金になりますが意外と忘れがちなのが毎日の生活習慣です。例えば寝不足だと自律神経が不安定になりいつも交感神経が高ぶった状態。また食生活で栄養バランスがしっかりとれていないとホルモンの分泌が悪くなるなど、身体的にもイライラ要因が増えてしまいます。

感情を抑制するためには自分に言い聞かせるだけでなく、このような生活習慣にも気を付けてください。規則正しく健康生活を送れば自然とプラス思考になっていくはずです。

 

いかがでしたか。イライラの原因って何かを読み解くには、自分の思考方法をまず客観的に見直すとよいでしょう。イライラする負の感情は決して自分にメリットをもたらすものではありませんよね。

イライラして人に文句を言ったり態度に表してもそれは一時的に自分が満足するだけのもの。しかし感情を露わにすると必ず後で自分にとって損となって返ってきます。イライラの原因って何か判断するには、まず楽しく人生を過ごす為に負の感情を上手にコントロールしましょう。

そのためにはマイナスからプラスを見出す点がとても重要になりますので、今までの思考のクセを直しつつ、ストレスがたまった時は思い切り発散してください。質の良い睡眠や運動なども負の感情を抑制するためにプラスするとさらに効果的です。

まとめ

イライラの原因を読み解くプチ心理学とは

・ 几帳面すぎる人は適度な手抜きを覚えましょう
・ 心配性は自信をつけてイライラを改善しましょう
・ ネガティブな思考のクセをなおしましょう
・ 冷静に判断する力をつけましょう
・ 生活習慣を見直してイライラしない性格になりましょう


連記事