生きる意味がないと悩む人必見!人生の喜びをみつける秘訣

生きる意味がないと悩む人必見!人生の喜びをみつける秘訣
会社や学校に行っても、あるいは家族と一緒にいても「生きる意味がない」という気持ちになったり、「自分が生きる意味」について悩んでしまいつらくなることってありますよね。

思春期に「生きる意味がない」「自分の存在価値は?」と悩むのは一種の流行り病のようなものですから、せいぜいがんばって悩んでください。

しかし、家族や会社に居場所がある・必要とされているのに「生きる意味がない」という気持ちにとらわれるのは少々心配、これはきっと毎日の生活に楽しみや喜びがないために生きることが辛い・生きるための努力をすることが億劫だという気持ちからくる悩みです。

周囲の評価は関係はありません。この悩みから抜け出すためには、自分で自分の人生に喜びをみつけるしかないのです。ということで、今回は生きる意味がないと悩む方のために人生の喜びをみつける秘訣をお伝えします。

自分のためにお金や時間を使ってみること

家族や会社のために自分を犠牲にしてがんばる人ほど「生きる意味がない」という悩みを抱えます。「誰かのために」ばかりでがんばってきてふと我に返ったとき、空っぽの自分を見つけて愕然、「自分が生きる意味は?」と悩んでしまうのですね。

こんなときは、まずは「誰かのために」をやめて「自分のために」お金や時間を使ってみましょう。これまで家族の世話をしてきたのですから、当分は家族の世話はお休み、自分の趣味や学びのために時間を使ってみてください。「自分のために生きている」という実感こそが、悩みを解決する鍵です。

 

新しい習い事や趣味を始めてみること

人生の喜びを仕事に求めるのもよいですが、趣味や余暇に人生の喜びをみつけるのもおすすめです。特にこれまで会社のため、家族のために仕事をがんばってきたけれどそれでは生きる意味を見つけることができなかったという方は、新しい習い事や趣味を始めてみてください。

仕事以外で打ち込めること、自分がわくわくドキドキすることを探してみるのです。人生の喜びとは充実した時間の中にあります。習い事や趣味でわくわくドキドキしたり、次の習い事や休日が待ち遠しくなれば、いつの間にか「生きる意味がない」なんて悩むこともなくなります。

 

「なんだかおもしろそうだ」の気持ちで始めてみること

人生の喜びをみつけるためには、腰が重くてはだめ!「なんだかおもしろそうだ」という軽い気持ちで始めてみることが大切です。このとき、「これをやる意味は?」「これをやって何を得ることができるのか」なんて野暮なことは考えちゃだめですよ。

冷やかし半分で首を突っ込んでみる、こんなことがきっかけで人生の喜びをみつけたり、生きる意味に出会うことがあります。

首を突っ込んだ結果、「これはどうも、自分には向いていない」と思えば、そのときはさっさと手を引けばよいのです。やらないうちから「意味」だとか「リターン」なんて考えるのは捕らぬ狸の皮算用というものです。

 

毎日、ちょっとしたいいことを見つけてみること

「生きる意味がない」と悩むとき、自分の悩みを解決してくれるのは、「このために自分は生きているのだ」という人生の喜びをみつけることだと思い込んでしまいがちですが、人生の喜びなんてたいそうなものは、そう簡単には見つかりません。

人生の喜びをみつけるよりは、道端に転がっているようなちょっとしたいいことに目をとめてみるようにしましょう。

「上司にほめられた」「新しい洋服を買った」「散歩の途中、頬にあたる風が気持ちよかった」など、ちょっとしたいいことをみつけて、それを喜ぶことで毎日自分の幸せを実感することができますし、「生きていることが楽しい」と感じることができますよ。

 

生きる意味ではなく楽しいことを見つけること

生きる意味はなくても心臓が動いているうちは生きているのです。何の意味や目的がなくても生きるのですから、生きるためには生きる意味なんてものは本当は見つけたり悩む必要はありません。生きている間は生きる意味ではなく、楽しいことを見つけることの方がずっと大切なのです。

このとき、過去の楽しかったことや栄光を懐かしんだり、何年も先の楽しみを見つけようとしてはだめ!今楽しいことを見つけてください。私たちは生きる意味がなくても生きていける一方で生きているのは今だけ、過去も未来も生きることはできないのですから、今楽しくなければ意味がないのです。

生きる意味がないと悩む人は、何らかの目的や目標に向かって生きること、死ぬときに「僕はこれを成し遂げた」と自信を持って言えるような人生を求めています。

しかし、そんな生き方では何事も成し遂げていないうちには人生の喜びも生きる意味も何もないのですから、人生の最後の最後、人生の終着点につくまで人生の充実感も達成感も喜びも持てないことになります。

人生は今楽しむもの、人生の喜びは将来にとっておくのではなく、今掴むことが大切なのです。将来のために今我慢するのでは、いつまで経っても生きる意味も人生の喜びも手にすることができません。

 

以上が生きる意味がないと悩むときに人生の喜びをみつける秘訣でした。生きる意味がないと悩むときは、「誰かのために」をやめて自分のためにお金や時間を使ってみましょう。

新しい習い事や趣味を始めたり、「なんだかおもしろそうだ」であちこちに首を突っ込んでみるとよいですよ。また、人生の喜びを見つけなきゃなんて大きく構えず、毎日のちょっとしたいいことを見つけることも大切です。

最後に、生きるためには生きる意味は必要ありませんし、人生の喜びは未来にとっておくものではありません。

「将来のために今は耐えるとき」ではなく、「今手にしなきゃいつ手に入れる」で、生きる意味を悩むよりも人生の楽しみや喜びを探すことに力を注いでくださいね。「生きる意味がない」と嘆くのではなく毎日を楽しく生きること!毎日楽しむことこそが人生の喜びです。

まとめ

生きる意味がないと悩むときに人生の喜びをみつけるためには

・ 自分のためにお金や時間を使ってみること
・ 新しい習い事や趣味を始めてみること
・ 「なんだかおもしろそうだ」の気持ちで始めてみること
・ 毎日、ちょっとしたいいことを見つけてみること
・ 生きる意味ではなく楽しいことを見つけること


連記事
ストレス人生
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会