孤独感を適切に受けとめて、新しい一歩を踏み出す方法

孤独感を適切に受けとめて、新しい一歩を踏み出す方法
孤独感とは、人生においてあまり良くないものというイメージがありますよね。恋人と別れたり、大切な友人、かけがえのない家族らと会えなくなってしまったとき、人はどうしようもなく寂しさを感じてしまいます。

そんな寂しさを紛らわそうとすると、過剰な行動に走ってしまったり、逆に無気力になることもあるでしょう。それは、寂しさからくる「孤独感」のせいではなく、「孤独感」を受け止めず、自分が孤独であることから逃げているから、「不安感」や「恐怖感」などネガティブな気持ちを呼び起こしてしまいます。

孤独感とは、きちんと正面から向き合わなければいけないのですが、少し難しく感じるかもしれません。そこで今回は、孤独感を適切に受け止めて、新しい一歩を踏み出す方法をお伝えします。

 

孤独感を適切に受けとめて、
新しい一歩を踏み出す方法

 

「孤独」を深く感じ取ってみよう

孤独感を感じた時というのは、とても寂しく不安になりますよね。孤独を感じるとネガティブな感情が沸き上がったり、自分や他人を傷つけたくなったり、暴飲暴食を繰り返したり、など悪い習慣や行動に走ってしまう人がいます。

このような行動の背景には、一人ぼっちというだけではなく、本来あるべき自分の姿や心と離れ離れになっていることが原因であり、孤独感から目を逸らしている状態と言えるでしょう。

孤独感が襲ってくると感じたら、目を閉じて深呼吸をしたり、お腹に手を当てて体を温めたり、ヒーリングミュージックを聴いたり、など落ち着く環境や状態を作ってみてください。

孤独感は無視されると逆に暴れだす子供のような感情であり、自分自身でもあります。泣いている子供をそっと抱きしめてあげるようなイメージで、自分の孤独感を感じ取ってみましょう。

 

「自分」のことを見つめ直そう

孤独感を感じた時は、自分自身の価値を見失っている時でもありますよね。また、誰からも評価されていない、愛されていないと思い込んでいる状態とも言えるでしょう。

そういう時には、自分自身でもう一度、自分の価値を見出し、取り戻さなくてはいけません。ただし、過大評価するわけでも、過小評価するわけでもなく、フラットな視点で自分を評価してみましょう。

過去に、ある分野で表彰されたことがある、賞を受賞したなど、自分がやってきた仕事や、誰かを助けたこと、誰かに感謝されたこと、失敗したけど価値があったと感じたことでもよいでしょう。

これまでしてきた努力の積み重ねほど、自分を支えてくれるものはありません。そして、頑張ってきた自分自身を好きになることです。自分自身を評価したり、愛情を与えてくれる一番の味方は自分自身だと言えるでしょう。

 

今ある人間関係を大切にしよう

孤独感を感じた時こそ、今あなたを取り巻く人間関係を大切にしましょう。人は、孤独感を感じてしまうと、ヤケになったり、他人に辛く当たったり、人との間にカベを作ってしまいがちですよね。

 

自分が傷ついてしまうと強く感じた時は、自分を守ることも大事なことです。しかし、自分を守ることと周囲の人を傷つけることは、決してイコールではありません。

自分が孤独感を感じている時には、自分も含めて、人に優しく接するように心がけましょう。その優しい気持ちがある限り、周囲の人はあなたを見放すことはないはずです。

孤独感は、人とのつながりが断絶されたと感じている状態なので、自分から周囲の人に対して「つながりたい」という気持ちを持ち続けましょう。

 

自分の時間を丁寧に使おう

孤独感に苛まれ、気持ちも沈んでしまい、誰とも顔を合わせたくないときもありますよね。人と接するのが困難な状態に陥ったら、 一人きりでゆっくり過ごしましょう。

自分から「一人」であることを上手に楽しめるようになると、孤独感に包まれても、気持ちが沈むことはなくなります。読書や、映画や音楽鑑賞、絵画など芸術的なものに触れるなど、一人でできる趣味を持ちましょう。

一人きりでいる時こそ、豊かな感性を磨く絶好の機会なのです。孤独感は決して悪いことばかりをもたらす感情ではなく、一人になってゆっくり考えたり、勉強したり、自分と対話する時間が必要なのだと、自分自身が教えてくれているのかもしれません。

あなたの感性に瑞々しさが宿り、心豊かな人間になったとき、孤独感は消えさっていることでしょう。

 

自分にとって「一番大切なもの」は何かを考えよう

孤独感を感じると、目の前が真っ暗になったように感じ、前に進む気力も起こらなくなりますよね。そんな時は、自分にとって何が「一番大切なもの」あるいは「大切な存在」なのかを考えてみてください。

家族や友人、恋人、仕事、ペット、財産、など色々あると思います。その大切な何かのために、今できることは何かを考えましょう。

どんな些細なことでも構いません。自分には、「大切なもののためにこれができる!」と思えることを行動に移すことで、孤独感のネガティブな感情を乗り越えることができるだけでなく、新しい生き方を見つけるヒントと出会うことができるでしょう。

一番大切なもののために行動を起こすことで、真っ暗だと思っていた道にひとつの明かりを灯すことができるはずです。

 

いかがでしたか。孤独感という最悪に思える状態や感情は、できれば感じたくないものですよね。ですが、夜明けの直前が一番暗くなると言われているように、孤独感がもたらす負の感情は、新しい朝を迎えるための自然な流れなのかもしれません。

また、無意識の自分自身からのSOSだったり、心が新しく生まれ変わるための準備である、とも思えますよね。孤独感は決して、悪者ではなく、うまく付き合うことができれば、過去の自分からは想像もできないくらい、人生が飛躍するきっかけともなりうるでしょう。

自分自身で「孤独感」を感じている、と気付かずに過ごしてしまっていることもあるので、自分の感情が乱れている、気持ちが沈みがちだと思ったら、今回お伝えした方法を試してみてください。

自分の中の「孤独感」をしっかり認識できたら、ゆっくり落ち着いて、自分の中の「孤独感」の声に耳を傾けてみましょう。

まとめ

孤独感を受け止めて前に進むには

・ 「孤独」を深く感じ取ってみよう
・ 「自分」のことを見つめ直そう
・ 今ある人間関係を大切にしよう
・ 自分の時間を丁寧に使おう
・ 自分にとって「一番大切なもの」は何かを考えよう


連記事
タイトルとURLをコピーしました